« April 2018 | Main | June 2018 »

May 2018

May 28, 2018

はがきの魅力

2018052803

 郵趣6月号が届きました。毎度のことながら公益財団法人日本郵趣協会の名誉会員、魚木五夫大先生の連載記事「魚木式郵趣」は唸らされます。収集歴が半世紀にも達していない自分のような若輩者では、大先生の経験値の深さにはとても及びません。

 今回は「はがきの魅力」と題した一文で、要ははがきは、”郵便で送られたすべての情報が確認できる。つまり郵便物が、いつ、誰から、誰に対して、どのような目的と内容で、送られたのかを知ることができる。(本文ママ)”という完全性について具体例をお示しくださっています。普通の郵趣家は切手と消印にしか目を向けませんが、郵趣の持つ学術的な意味を極めるにはそれ以外のすべての情報を理解する必要があります。はがきは、その点で最も優れたものであることがよくわかります。

 鹿児島県串木野市(現いちき串木野市)の島平(しまびら)から船に乗って甑島(こしきじま)に渡ったことが記されています。里村(さとむら)、藺牟田(いむた)、手打(てうち)と、島の地区名表記から移動経路が見て取れます。串木野では、はがきの出された大正13年当時にはすでに今に続くマグロはえ縄漁が興っていますけれど、この時の調査はそれではなく珊瑚漁と珊瑚船の港湾設備視察だったようです。
 とはいえ、7月の東シナ海ですのでがっつり時化ていたようです。今でも同海が穏やかなのは5月のゴールデンウィークくらいまでのことで、以後は温帯性低気圧、台風の影響で荒れるのは常識。串木野港が整備される前の時代、島平港から出立したのであれば小さな漁船をチャーターでもされたのでしょう。本物の漁師さんでなければ船酔いで渡海もままならなかったことと思います。そもそもが7月なんて時期が悪すぎました。

 魚木大先生は、貼られている震災切手の東京印刷1銭5厘の希少性について論をまとめておられます。ですが、私は串木野と甑島のことについて便乗して書いてみました。なぜなら私自身が30代の頃に串木野市島平に住んでいたからです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

防府市長選挙が終わりました

2018052801 2年前に防府市を離れて山口市の実家に戻りましたので、おとなしく市長選挙を眺めていました。昨日27日(日)が投票日で即日開票の結果、松浦正人前市長が推した村田太候補は落選。市政の刷新を訴えた池田豊候補が当選しました。ともに市職員出身で傍目には争点がわかりにくかった面もありましたけれど、市民の選択は納得できるものでしたね。

 新年早々、前市長が配布したカレンダーに後継指名された村田さんの名前があったことで、公職選挙法に抵触するのではないかと報じたマスコミもありました。毎年恒例のことで特段の違法性はない、それはその通りなんでしょうが、そういうことじゃないんだよなあ〜・・・という小さな違和感から資料を集め始めました。
 郵趣家ですから郵便に関するものがあれば抜かりません。後援会のお宅に配られた料金受取人払郵便はがきを含む文書一式です。ここでも後継指名のくだりが記されています。

 選挙も終わりましたので、あとは両陣営の選挙はがきを入手すれば仕上がりです。後世に伝える郵便資料としたいと思いますので、お持ちの方がいらっしゃいましたらぜひご寄贈ください。よろしくお願いいたします。

2018052802

左)後継者支持呼びかけのカレンダー問題をとりあげたネットニュースのプリント。右)後援者のお宅に配られた活動報告書「青眼」62号。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2018

展望台への郵便ポストの設置とオリジナル フレーム切手、ポストカードの販売

 宅見潔さんからご教示いただきました。スカイツリー6周年に合わせて2018年5月22日(火)、展望デッキ フロア345に「スカイツリーポスト」が設置されました。日本の建物内にある郵便ポストでは最も高い場所にあるとのこと。記念スタンプ(注:郵便印ではありません)を押して投函することもできるそうです。オリジナルのフレーム切手、ポストカードも販売されていますので詳しくはこちらをご覧ください。

2018052601


| | Comments (0) | TrackBack (0)

メールアートの本

2018052501 軽井沢ニューアートミュージアムさまが今年2018年4月14日に発行された一冊です。タイトルは”Book for Mail Art"で日本語では副題の通り”メールアートの本”です。

 私たち郵趣家や郵便愛好家は趣味、楽しみとしてさまざまな郵便を送り合います。ですが、視点を変えれば現代アートとしての側面も兼ね備えています。私自身がデザイナー(工業デザイナー)なので、そのことはうすうす気付いてはいたものの、頭の中で体系だてて理解していたわけではありませんでした。

 本書は日本で最初のメールアートの文献です。メールアートの始まりから発達過程、SNSを使った新たな展開、そして用語の解説など、基本となるべきことがらが一冊に濃縮されています。

 これまでは郵趣的な発想から一度使った封筒を再差出したり、遊びとして切手以外のシールやマスキングテープを使ったり、あるいは消しゴムはんこを押したりといった行為が、行為それ自体をアートとして捉え直すことが可能であることがたいへんによくわかりました。

 著作権の制約がありますので表紙のみの図版紹介に留めますけれど、絵手紙、笑い文字、切手工作、スタンプ押しなど、郵便を使ったあらゆるアプローチに関わっておられる方は必読と思います。強力にお勧めします。

◆こちらで購入することができます
 Karuizawa New Art Museum - メールアートの本

※”インスタレーション”など若干の現代アート用語が出てきます。初めての方はちょっと驚かれるでしょうがそんなに難解なものではありません、すぐに慣れます。それでもお悩みの方は私に聞いてください。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 24, 2018

スタンプショウ=ヒロシマ2018のご案内

2018042401

 JPS正会員報第407号が届きましたので表題のスタンプショウ=ヒロシマ2018のインフォメーションをいたします。どうぞふるってご参加ください。

 長年親しんだKKRひろしまが閉館となったため、初めてオリエンタルホテル広島にて記念パーティーを開催します。私ももちろん参加します。酔っ払いオークションは新会場に変わっても引き続き開催されるとのこと。こちらもぜひご参加ください。
 なお、パーティー申し込みは豊田陽則が受付をいたしますが、宿泊は各自でホテルに直接お申し込みください。ですので、宿泊のみ他のホテル・旅館にされてもかまいません。かくいう私も定宿があるので、宿泊のみ別施設です。

 では会場でお目にかかりましょう!。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2018

メールアートの世界(上)

2018052301

 メールアートという芸術領域があることは20年以上も前から知っていました。しかし、現代抽象美術好きの自分自身でさえ、ただの趣味の「郵趣」とアートとの違いが判然としません。むしろその境界そのものがないのではないかと思います。ですが、それでは一般の人にはあまりにも理解しにくいです。極端に難解すぎると芸術として認知されません。

 郵便物として送られること自体がアートなのか、それなら宅配便もアートなのか?。
 絵手紙、絵封筒もアートというのはわかりやすい。逆に安易にアート扱いして良いものなのか?。
 記念押印は時間を固定する。それを積み重ねることの芸術性とは何か。

 そろそろ理論が必要な時期に至ったように思います。念のため、メールアートの本は注文しました。
(通信文化新報5月21日配信号より)

軽井沢ニューアートミュージアム オフィシャルショップ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2018

2018年製造のレターパックを確認

2018052103

 facebookで、2017年製造のレターパック、スマートレターばかりだね・・・なんて話をしていた矢先、今月から2018年製品が配給され始めたらしいことが報告されました。

2018052104 プラスは5月1日にはすでに博多郵便局で(2018・MKI)が販売されていたとのことです。ライトもだいたい同じような状況のようで、私の地元の山口・鋳銭司郵便局でも5月18日には(2018・INS)を販売していました。20枚ごとに十字に掛けられている封緘の検印は日通商事株式会社さんの4月6日となっていました。

 プラスの方は大きな変化はないようです。一方のプラスは厚さ注記の「3cmまで」の文字が赤色になったのが大きな変化です。私自身も窓口に差し出しに行ったら3cmを超えていてプラスに変えた経験があります。トラブルと言うほどではありませんが、よく引っかかるそうなのでその対策でしょう。

 スマートレターの2018年製造品は未見です。どなたか入手されましたらお知らせください。

<参考:製造会社の略記号一覧>
KP 共同印刷株式会社
MBS 丸菱紙工株式会社
MKI 明光産業株式会社
NOZ 野崎印刷紙業株式会社
NSIまたはINS 日通商事株式会社
TPS 凸版印刷株式会社


| | Comments (0) | TrackBack (0)

広島郵便局の和文機械印を確認

2018052101

 自宅の古いエアコンを広島の業者さんに処分してもらいました。その家電リサイクル券を郵送してくださった封筒を見ましたら、地域区分郵便局の広島郵便局の和文機械印が押されているではありませんか!。データは30.5.16 18-24。

 昨年4月10日に開局したものの諸事情で今年になってもいまだ施設が稼働せず・・・と聞いていたので驚きました。収友からの情報によると丸型印もローラー印も使用を確認したとのこと。さらに、昨日のJPS防府支部例会で配布された会報「ほうふNo.342」(2018 May 14)によると、和文機械印の確認最初期は5月2日の12-18だそうです。

 なお、現在の広島中央郵便局管内で取り集められた郵便物は同局で消印され、広島局消印にはならないとのことです。自宅に届いたカバーの差出は広島市安佐南区沼田町の会社さんです。作為性のない全くの自然な使用例です。広島在住の郵趣家の皆さまの参考になれば幸いです。

2018052102


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2018

切手から見た奥の細道の世界

2018052001

 阪口安弘さんからご恵送いただいたポストカードです。表題の展覧会の副題に「奥の細道切手原画展」とも。さっそくググりましたら郵政博物館より特別に貸し出された原画を2期に分けて展示されているとのこと。日本初の書を主題にした特殊切手「奥の細道シリーズ」切手です。会期は4月21日から7月16日までと比較的に長期ですのでぜひご参観ください。

奈良市杉岡華邨書道美術館

 なお、阪口さんが押印に使われた奈良下御門(ならしもみかど)郵便局は、会場の奈良市杉岡華邨書道美術館の最寄り&最適郵便局になります。奥の細道切手をご用意の上、記念押印や記念カード&カバー作成にぜひどうぞ。

2018052002


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2018

かんぽの宿キャラクター「ゆのぽん」

20180517003

 日本郵便、ゆうちょ銀行に比べていまいち郵趣家の興味をそそらない地味なかんぽ生命。しかし、ついにステキなトピックがありました。かんぽの宿のキャラクター「ゆのぽん」です。
 「かんぽの宿からにっぽんを歩こう」プロジェクトのCM動画に合わせて制定されたようです。最も早い登場は2018年(平成30年)4月20日付発行の日本郵政グループ誌「郵政」2018MAY号のようです。興味のある方は初年である今年中に使用されたパンフレット、チラシ、関連グッズの収集をお勧めします。キャラクター、マスコット類は、リアルタイムの収集こと”現行収集”が最も重要になるテーマのひとつですから。

◆参照:かんぽの宿ホームページ/CM動画のご紹介


| | Comments (0) | TrackBack (0)

西友ザ・モール周南店 閉店

 閉店当日の5月15日に行ってきました。実際に撮影した写真をカシェに、下松局の風景印で記念カードを作りました。

2018051701

 ザ・モール周南の一角を構成している「スターピアくだまつ」は年に数回の郵趣イベントで必ず行っています。こちらもただいま改修工事中です。地元商業ゾーンの「星プラザ」のみ営業継続です。改修工事が終わり、ゆめタウン下松として再び賑わいが戻ってくる3ヶ月後が楽しみです。

2018051702


| | Comments (0) | TrackBack (0)

新様式のゆうパック送票(着払用)を確認しました

2018051501

 下松郵便局に行きましたら偶然見つけました。他の都会部ではとっくに出現しているだろうと思いながらFacebookにアップロードしましたが、なぜか”あったよコメント”がいっこも付きませんでした。ということで念のためブログにも上げておきます。あと残るはセキュリティーゆうパック送票の確認ですね。

◆参照:新様式のゆうパック送票


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2018

ワールド・スタンプ・ナウ 第156回

2018051301

 公益財団法人日本郵趣協会の会報・月刊「郵趣」誌6月号が無事に校了しましたので恒例のチラ見せです。ただの変形切手・変り種切手の多さだけではなく、積極的にグラフィティー・アート(ストリート・アート)を取り入れるといった前衛性で独自の存在感を示すベルギーがメインです。それはぜひ本誌をご購読のうえでご覧ください。

 今回、チラ見せできるのは安倍晋三ご夫妻とオノ・ヨーコさんデザインというジャポニカ切手です。山口県民以外はほとんどご存知ないでしょうが、ニュースにならないだけで昭恵夫人はしょっちゅう帰って来ておられます。古民家再生事業や女性起業などを支援しておられます。無責任なマスコミは、そうした地道で意義あるご活躍のことは一切無視ですよね。元画像はニュース配信会社・画像管理会社からの購入だと思いますが、初めて昭恵夫人の肖像切手が発行されたことを一山口県民として歓迎します。

 オノ・ヨーコさんが手がけた切手のデザインは、実は本件が最初です。しかし、すでに認知症を患っておられることも公表されています。健康上の制約があることを考慮しますと、ヨーコさんはアイデアスケッチのドローイングを示されたのみで、それを別のデザイナーさんが具体的なイメージに仕上げられた。最後にご自身が直筆サインを入れた、あるいはパソコン上でサインを挿入合成することを許可された・・・といったプロセスではなかったかと想像しています。たいへん失礼ながら、これが最初で最後になろうかと思われます。

(注:画像はネット掲載にあたり組版を一部変えています)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2018

翠麗の現金書留便作りました

2018051202

 喪中はがきを受け取った際のお返しとして利用される”お線香たより「翠麗」(すいれい)”をご存知ですか?。郵便局の窓口脇に置かれているのを見たことがあるはずです。とはいえ、私もまた昨年、父が亡くなるまではまったく気にもとめていませんでした。当事者となって初めて気が付いたというのが本当のところです。

 翠麗は日本郵便さんと日本香堂さんとのコラボ商品です。お線香とお悔やみカード、包み箱それに郵送箱がセットになってひとつ1,080円(税込)。これに定形外郵便料金250円分の切手を貼って差し出します。このたび、あらためてその歴史をまとめましたところ、郵趣的にもたいへん興味深い対象であることがわかりました。

2018051203・発売開始は2013(平15)年10月1日。
 これが最初の第1次になります。
・縦寸法を5cm長くした改良版を2014(平16)年10月14日に発行。
 これが第2次になります。現行製品です。お線香と一緒に御霊前袋・御仏前袋を同封したいという、言われてみればごもっともな要望を受けての改良でした。

 本件をまたしてもfacebook上で各位にご教示を願いましたところ、たいへん有意義なことがらが判明しました。
 第2次発売とともに第1次は発売中止。一定期間、3割引で職員限定で販売されたのち、残りはすべて回収された。お尋ねした現役局員さんどなたもが年に2〜3回は扱った、しかも、御霊前袋・御仏前袋を同封しての”現金書留封筒を使わない現金書留便”として扱ったご経験があるとのことでした。なにより局員さんご自身が利用していますよ、とのこと。いやあ、すっかり盲点でした。整理すると以下の3点が収集ポイントになると思います。

(1)第1次は未使用・使用済を問わず明らかに稀少。
(2)現金封筒を使わない現金書留便の最適な使用例のひとつ。
(3)定形外250円、現金書留680円、いずれの料金も適正1枚貼りになる切手がない。

 最難関は第1次製品の入手だと思います。わずか1年間プラスαしか販売期間がなかったのですから、現存している絶対数が少ないと思われます。
 そして来週末に亡父の一周忌法要を控えていることから、自分あてに(2)を作りました。ふつうの定形外250円料金の非郵趣家使用例はすでに入手しているので、どうせ作るなら現金書留でしょう。そして予想していたことながらいろいろありました。

2018051204 「香典を一緒に送りたい」と申し出ましたら窓口職員さん「現金は送れません」と。これが第一関門でした。しかし、横で見ていた局長さんらしき方がすぐに訂正してくださいました(お見事です!)。現金書留封筒でなくても現金を送ることはできるのです。
 現金書留用のバーコードラベルを貼り、開封口のところに割印を求められました。事前に教わっていたのは白いシールがあり、それを封締め貼りした上で割印(もしくはサイン)のはず。これが第二関門でした。念押ししましたがやはりシールはないし、現金書留封筒用の封緘紙もとっくに廃止されたんですよとのこと。揉めるために差し出しているわけではないので、ここは仰せに従ってサインをしました。その上から透明の荷造りテープを貼られました。
 また「現金書留」のハンコはないので手書き表記になりました。現金書留封筒を使うのがデフォルトなのですからなくて当たり前ですね。
 最後、黙って見ていましたら、適正1枚貼りになる切手が存在しませんので窓口料金証紙(メータースタンプ)を貼られました。これが最も自然な取り扱いだと思います。切手貼りにこだわる積極的で合理的な根拠は見い出せません。

 今朝、自宅に配達されました。箱のままでは保存に差し支えるため冒頭図のようにフロントのみに切り抜きました。ただし、封緘の方法に疑義が残るため、その部分はあえて残し、収納時は折り畳んでおくことにしました。興味のある方はぜひチャレンジなさってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

出た!ユニバーサル・ゴールデンライフ(笑)

2018051201

 パインスタンプのオヤジがまた変な電話をかけてきました。「広告が入った料金後納表示封筒・はがきのコレクションが大型バインダーに3冊あるけど要る?」とのこと。広告が入っているとなんとなく楽しそうだから捨てずにファイリングされてきたものだとのこと。ご苦労様です(皮肉ではありません)。
 切手が貼ってないので郵趣家でも捨ててしまうようなシロモノです。こんなものを欲しがるのはスギヤマぐらいだろう、ということでしょう。はい、大正解!(笑)。それが昨晩届きました。

 するといきなりお宝発見です。主としてコイン関係で詐欺事件を起こして倒産したユニバーサル・ゴールデンライフです。文面からおそらく2003年(平15)頃のものだろうと思います。
 封筒に書かれている煽り文句は、本物の郵趣家からすれば恥ずかしくなるような大嘘です。竜文切手4種を持ったぐらいで「もはや貴方は日本の切手コレクターの第一人者であることに間違いありません。」だそうな。まさしく噴飯ものです。そんな単純な世界じゃありませんよ。
 この当時の事務所は東京都調布市布田とあります。私も住んでいたことのある思い出深い調布に居たとはなんとも迷惑な話です。調布オフィスがあったのは3〜4年で、会員との金銭トラブルのため、もうひとつのオフィスがあった登戸に移り、そこで2011年3月1日に倒産(破産決定)となっています。
 なお、この封筒は実逓使用された形跡がありません。宛名ラベルを剥がした跡もありません。何か別の郵送物の中に封入されて送られたものでありましょうか?。あるいは、東京都内の一部コイン商の店頭にDMとして置いてあったとの証言もありますのでその類かもしれません。
 この伊藤淳也社長こそが、かつて沖縄切手投機を仕掛け、日本の郵趣史に大きな汚点を残した切手投資センター社長と同一人物です。若い時代に経験した詐欺商法は年月を経ても忘れることができず同じことを繰り返すと言います。とうの昔に還暦も過ぎているでしょうに、真っ当な仕事もせず、詐欺師として一生を終わるであろうとは同情の余地はありません。詳細は過去記事にありますのでご参照ください。

参照記事:切手投機反対キャンペーンシール<守礼門>

(追記)
 本件をfacebookに先行掲載しましたところ、JPS調布支部(調布郵趣会)の毛利康武支部長がこんなエピソードを明かしてくれました。

 『当時、調布駅南口の東急ストアの斜め前にあるマンション兼商業ビルに入居してました。市民ホールの”たづくり”で「切手よりコインの方が儲かる」と何度も講演していたため、多摩地区にもかなりの被害者が存在するようです。
 一回「調布コイン会」と称する方から「調布郵趣会と懇意にさせていただきたい」と電話があり、調布郵趣会の名簿を要求された事があります。「切手なんか儲からないよ。コインの方が儲かるから一緒にやりませんか」と無礼な事を言われたので、私は「儲けようと思って切手収集やってません」ともちろんお断り。
 数年前に会員間の金銭トラブルが発生し解散したようです。』

 こうしてある日突然役に立つ日が来るのです。スタンプレスだからと軽視せず、面倒臭がらずに到着日を裏書きメモする習慣を身に付けましょう。たったそれだけのことで資料的価値が大きく変わります。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 08, 2018

お恥ずかしいM美術大学

 リーフ説明をどうぞお読みください。料金別納表示位置は実務上の要請から決められていることなのに、こんなことにまでいちいち歯向かって一体何の意味があるのでしょうか。こういう”人として面倒臭い”ことをしでかすから美術系は社会常識のない変人という偏見を持たれるのです・・・実際、否定できませんが・・・。未熟な若者ならまだしも、れっきとした大学・大学院がこんなことしたらいけません。

20180508001

 後学の資料とするため未使用も複数枚確保してきました。実際に郵送しようとした人は郵便窓口で200パーセント迷惑がられたはずです。自分の責任でもないのに、さぞかし肩身の狭い思いをされたことと思います。心中お察しいたします。

20180508002


| | Comments (0) | TrackBack (0)

小さすぎる切手フェスタの小型印

2018050701 お江戸の収友たちが主催している切手フェスタも今回で3回目になりました。連休明けに小型印付きポストカードが届いたのですが、ぱっと見た瞬間にピンときました。催事に参加された方々も多かったと思いますが、皆さんお気付きですか?。
 小型印の直径は規定では32ミリです。ところがこれは31ミリしかありません。わずか1ミリですが印象がかなり違います。

 過去には旧東海郵趣政局(現東海支社)で、昭和44年度に同じ8月1日に使用された小型印2種がさらに小さな小型印を使用しています。左の清水局が28.2ミリ、右の沼津局が28ミリちょうど。今の所、この2点が私が確認した中で小さすぎる小型印の最小レコードです。

 現在はパソコンで版下作業も行われているでしょうから、寸法間違いというのは昭和の時代より発生しにくいものと思います。押印された方はどうぞ大事になさってください。

2018050702


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2018

改元まであと1年

 お馴染み、宅見潔さんからご恵送いただきました。いつもありがとうございます。産経新聞さんの号外を利用して厚紙用紙プリントの記念カード(定形外郵便)というアイデア郵趣品です。

2018050301


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2018 | Main | June 2018 »