« 今年のかもめ~るのテーマは”クジラ” | Main | 改元まであと1年 »

April 29, 2018

メール便も収集対象です

2018042901

 2015(平27)年3月31日で廃止されたクロネコメール便ですが、その後はビジネスユーザーを対象にしたクロネコDM便が登場しました。私は日本郵便もその他の運送各社のメール便も区別せず集めています。その際、美術展の案内はがき(フライヤー)はたいへん重宝します。

 画家の斎藤吾朗先生から託された各種郵送物を現在進行形で整理しているところです。とりわけ美術展の案内はがきは、アドレス以外は個人情報はほぼ皆無です。しかも会期と場所が明記してあるので、いつどこで使われたかもはっきりわかります。さらに絵柄面は作家さんの作品がプリントされていることが多いので見た目にも美しい。さらにさらに、時には作家さんの直筆文もあったりするので郵便史を超えて美術史にも及ぶ高い資料性が認められます。私も単なる趣味の域を超えた使命感を持って取り組んでいます。

 各社メール便を丹念に見ていますと、集荷こそ運送会社ですが実際の配送は日本郵便という事例が少なくないことに気づきます。日本郵便関係者の方なら既知の事ですけれど郵趣家は案外知らないと思います。コスト的に合わない荷物は日本郵便にお願いするという、運送会社さんならではの巧みな戦略があります。そうです、同じ運輸企業ということでけっこう仲良いんですよ(笑)。そのことが日本郵便さんの経営を圧迫しているのではないかという指摘もありますが、そこは当事者どうしで話し合ってください。消費者には関係のない話です。

 ただし、郵趣家としては当然ながらたいへん興味があります。西濃運輸さん、佐川急便さんが集荷し、日本郵便さんに配達を託した実逓カバーをご覧いただきます。画廊や美術館差出の展覧会案内なので発地も日付もわかるという利点がここでも発揮されています。日本郵便と同業他社とのコンビネーション、これをいわゆる郵趣の範囲から除外するのは面白くないと私はそのように考えています。

2018042902

参照:さようならクロネコメール便


|

« 今年のかもめ~るのテーマは”クジラ” | Main | 改元まであと1年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メール便も収集対象です:

« 今年のかもめ~るのテーマは”クジラ” | Main | 改元まであと1年 »