« ”再生紙書簡”表示入り現行フジ62円ミニレター | Main | 風景印の積極PR施策 »

March 21, 2018

3月の雪

2018032101

 37年前の3月23日、奇しくもこの日は私の25回目の誕生日でした。ちょうど東京浅草でスタンプショウが開催されていた時に季節外れの大雪に見舞われ、これも機縁と思って記念押印したものです。スタンプショウ会場で販売されていた広重の浮世絵「浅草観音雷門」の絵はがきにスタンプショウの小型印です。ハレーすい星が描かれているのも懐かしい記憶です。

 今日3月21日は東京・神奈川でもわずかながらも降雪があったとか。明朝も雪が残っているまたは降るようなら、スマホやタブレットで写真撮影し、セブンイレブンさんのはがきプリントであなたオリジナルのマキシマムカードを作りませんか?。雪国でなければ3月以降の、そのシーズン最後の雪は郵趣の手法で記録を残しておくと将来何かの役に立つかもしれませんよ。

 雪国の方は逆に根雪が溶けた日とかいかがでしょう?。自然科学の現象も”なんでも郵趣品化運動”を発動しては?というお話でした。


|

« ”再生紙書簡”表示入り現行フジ62円ミニレター | Main | 風景印の積極PR施策 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 3月の雪:

« ”再生紙書簡”表示入り現行フジ62円ミニレター | Main | 風景印の積極PR施策 »