« 郵便使用可能封筒 広告代理店さん追加確認 | Main | お礼はなんと一日乗車券 »

February 08, 2018

配達通知はがきはどうなる?

2018020701

 ほんの数日前にfacebookで話題にしたばかりの2018年度・郵便局のふるさと頒布会、まるで見られていたかのようにカタログが届きました。コストパフォーマンスが良く、なおかつ地元郵便局さん支援にもなるので毎年入っています。さっそく隅々まで目を通しましたが・・・やはり載っていませんでした、配達通知はがきの廃止についての説明です。

 今月いっぱいでゆうパックの配達通知はがきが廃止されることはすでにプレスリリースされています。送り先が自分あてであれば、月中旬を過ぎても品物が届かなかったら郵便事故かもと察することもできます。しかし、私のようにお中元・お歳暮などのギフトに利用している場合は知るすべが一切ありません。なぜなら自分が発送人ではないため、ゆうパックのお問い合わせ番号がわからないからです。お問い合わせ番号がわからなければ日本郵便ホームページで検索(追跡)することもできません。

 そして頒布会に入っておられる方は、新年度だけの問題ではないことにお気付きのことと思います。そうです、2017年度の頒布会は今年6月まで続くのです。今月までは配達通知はがき制度が生きていますけれど、来月3月から6月までの4回が残っています。
 しかるべき筋に聞きましたら、ゆうパックの配達通知はがき制度は一律廃止であってふるさと頒布会も例外ではないそうです。私の内容確認書を見ましたら4月をギフトに使っており、山口外郎を鹿児島県に送る手筈になっています。

 制度改正に対するリカバリーを一体どうするのか、明日、フリーダイヤルで直接聞いてみようと思います。

→(20180208追記)
 フリーダイヤルに電話して確認しました。やはり一律廃止だそうです。カタログ末尾に記載されているお問い合わせ先に直電して発送・配達状況を確認してくださいとのこと。
 応対してくださった担当者の方も”ネットで検索してくださればわかります”とうっかり口を滑らせていました。だからね、自分が発送者じゃないからそのお問い合わせ番号自体がわかんないんだってば。どうもよくわかっていないみたいです。制度廃止後の3月から実際に電話して確認しようと思います。

※図は今年1月の頒布品パッケージカットと配達通知はがき(なんでも残しています)

2018020702

|

« 郵便使用可能封筒 広告代理店さん追加確認 | Main | お礼はなんと一日乗車券 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 配達通知はがきはどうなる?:

« 郵便使用可能封筒 広告代理店さん追加確認 | Main | お礼はなんと一日乗車券 »