« マステの郵便使用はいつから? | Main | ハウステンボス内風景印ポスト »

February 15, 2018

翌々日発行はもういいんじゃない?

2018021501

 今日2月15日の正午から平昌冬季五輪メダリストのオリジナルフレーム切手の発売が始まりました。リオ五輪の時と同じく翌々日の発行です・・・が、一回やったからもういいんじゃないでしょうか?。

 ほんの1,000シートほどの少数をちょろちょろ発行していたら、経費喰いするばかりで利益が薄いのでは?。買う方も食傷気味だし、ぶっちゃけ、もう飽きました。世界最初に翌日発行を敢行したオーストラリア郵政なんかももうとっくにやめてます。

 今回から金メダリスト以外でも発行対象になったのはたいへん良いと思います。ですが、ニュージーランド郵政のように、ドーピング検査も無事にクリアして賞が確定した段階で、メダリスト全員の連刷シートを一種のみ発行でよろしいのではないでしょうか。

 ちなみに私は平昌に関しては自主的には一枚も買う気は無いです。フレーム切手は所詮、正刷切手ではありませんし。なにより、お金が続きません。勘弁して欲しいです(笑)


|

« マステの郵便使用はいつから? | Main | ハウステンボス内風景印ポスト »

Comments

五輪メダリストフレーム切手発売局の札幌中央郵便局に寄ったところ、販売数は通常は500シート、メダリストが北海道出身だとプラス500シートの1000シート(今のところ高木美帆選手(2種)、高梨沙羅選手の3種)とのこと。でも「中央郵便局」でも函館、旭川、釧路の3中央郵便局は販売ありませんね。個人競技なら郵便窓口販売数は5500シート(メダリストが東京都出身(原大智選手))、6000シート(メダリストが北海道、宮城県(羽生結弦選手)、埼玉県、神奈川県、新潟県(平野歩夢選手)、愛知県(宇野昌磨選手)、大阪府、広島県、福岡県出身のとき)、6500シート(メダリストが前述10都道府県意外の出身のとき)のいずれかとなります。

Posted by: yua | February 17, 2018 at 08:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/66396167

Listed below are links to weblogs that reference 翌々日発行はもういいんじゃない?:

« マステの郵便使用はいつから? | Main | ハウステンボス内風景印ポスト »