« ワールド・スタンプ・ナウ 第150回 | Main | それマナー違反です »

November 16, 2017

日本郵便社内には椋梨藤太がいる

2017111601

 日本郵便株式会社の社員でないとこの年賀はがきを販売してはいただけないそうです。200万枚も印刷しておきながら、こんな素晴らしいデザインなのに、私たち一般人も東京オリンピックを応援したいのに、社員さんから個人的に分けていただくことすら禁止だそうです。それは転売に該当するとのことで、”日本郵便の信用失墜になる”からだそうです。

 ちょっとなに言ってるかわかんないんだけど。
 一般販売しない方がよっぽど信用失墜です。

 部外譲渡禁止にすると希少価値をさらに高めてしまう結果になります。どうせコレクターはありとあらゆる手を使って手に入れるに決まってます。
 社員限定でこんなかっこいいのを販売しておきながら、私たち一般人には、およそ普通の社会人ならとても使えないようなキテ●ーちゃん、リラッ●マ、ディ●ニーなどといったチャラいもんを高い値段で売りつけるなんて、日本郵便社内では”優越的地位の濫用”が許されていると理解して良いのですね。
 しかも、くじ番号をぜんぶ控えているので、万一転売が発覚した場合は社員が特定されるそうです。その上で厳しい処分が課せられるとのこと。これも信用失墜を防止するためだそうです。
 オフィシャルパートナー契約の関係で一般販売できません・・・とでも言えばまだしも筋が通っているものを、わざわざ処罰をするぞ!と脅さなければ社員は従わないと考えているのです。つまり日本郵便社員の皆さんは信用されていないってことです。

 一般販売すれば数百万枚を売り上げそうな優良商材の販売機会を奪い、自社社員を信用せず、わざわざ無駄な経費をかけて疑いの目で監視し、処罰する・・・・そんな無意味なことをするより一般販売した方がはるかに良いんじゃないでしょうか?。

 ただし、社員さんが社員以外あてに年賀状として送るぶんには禁止されてはいないようです。そりゃそうです、200万枚もの数を社員間限定で送り合っているだけなら、それこそ誰のための年賀はがき、年賀郵便制度なのかわかりません。明瞭なコンプライアンス違反になってしまいます。
 なので、一般人の私としましては、日本郵便社員の皆様から図版(合成写真)のスタイルで年賀状をいただけたらたいへん幸せます。図版のアドレスはリアルですのでこの表記でちゃんと届きます。
 なお、気がひける方はシャチハタネーム印はなくてもけっこうです。どうぞよろしくお願いいたします。
(局名一行印または主務者印、シャチハタネーム印はいずれもネットで拾って写真合成しました)

 大事なことなのでもう一度書きます。
 幕末長州藩における椋梨藤太のような巨魁が今の日本郵便社内にいる。

[追 記]
 現場の元郵便局員さんからこのようなご意見がすでに寄せられましたので特にご紹介しておきます。

 ”既に郵趣家には社員限定の特別な葉書が販売されていることはネット等で広く周知されており垂涎の葉書でありますが、一方で社員が、郵便局にとって各種商品を快く買ってもらっている常連客でもある郵趣家から譲渡してほしいという切実な願いを、社内規定を理由に現場で断わらせているという状況にあることはご存知でしょうか。
 年繁期の社員の士気を低下させ、文字通り郵便局に対する信頼の失墜行為であることを大変危惧しております。”

 もうお一方からもお便りいただきました。

 ”郵便局員は自分の販売ノルマ達成をしなければならないので、こんなのを買ってる余裕はありません。200万枚も作ったらしいですが半分売れるかどうか?。大量の売れ残りを出して大赤字になりかねません。なんで一般販売をしないのか、ほとほとうんざりです。”


|

« ワールド・スタンプ・ナウ 第150回 | Main | それマナー違反です »

Comments

私は某局関係職員なのですが、◯枚買わされました。転売禁止だとは知ってはいましたが、◯枚知人に販売して◯枚オークションに出品し、落札されました。(数字も隠しておかないと足がつくかもしれませんので、伏せておきます)
本日、オークション出品が発覚してしまいました。明日、本社(支社?)から事情を聴取されます。私の場合、重大なコンプライアンス違反になるんでしょうね。転売がいかん事は分かってますが、ハガキ販売の指標はキツ過ぎますね...

Posted by: 通りすがりの自爆社員 | December 18, 2017 06:47 PM

タクミさん

>見方によっては、「オリンピックが上で、パラリンピックが下」。
>健常者が上で障害者が下とも見えてしまいます。

確かに!。
日韓国交正常化50年の時にムクゲの下にサクラをレイアウトした前科がありますからまたやらかしたと思われてもやむをえませんね。

http://topofswan.tea-nifty.com/hyper_philatelist_annex/2015/04/50-15fc.html

Posted by: すぎやま | November 18, 2017 01:57 AM

再びすみません。
年賀はがきを見て思ったことがあります。
今回の大会エンブレムの使用で、
縦型使用ってあるのでしょうか?
今まで何度となく、
スポンサー契約した会社とエンブレムを拝見しましたが、
縦型って見たことがありません。
はがきでは縦型がスッキリしますが、
これって見方によっては、
「オリンピックが上で、パラリンピックが下」
健常者が上で障害者が下とも見えてしまいます。

郵便局ですから
その辺はしっかりとクリアーしていると
思っていますが、
もしかしたら「大変な間違いだったり…」
本当に数多くのスポンサーエンブレムを見て来ましたが、
縦型使用は郵便局が初めてだと思います。

Posted by: タクミ キヨシ | November 17, 2017 10:56 PM

どうもご無沙汰しております。
東京2020オリンピックの年賀はがきですが、
昨日(16日)に終了したヤフオクに出品されていて、
最後までどうしようかと迷っていたやつでした。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s554625647
詳しくは書かれていませんでしたが、
500枚出品されていたので
100枚位なら何とかなるかなと考えていたら
お一人の方が500枚購入してしまい、
価格も100枚5200円が6300円になってしまいました。
これからも続々と出品されると思いますので、
動向を見守って行きたいと思っています。
メルカリとかの方が早く入手出来るかもしれませんね。
なぜ販売しないのか?
組織委員会に登録されている商品との間に
販売する権利問題でも発生したのかもしれませんね。
いま郵便局でオリンピックの商品をいろいろと
販売していますが、本当はそのコーナーの一部で
販売したかったのではないかと思ってしまいます。
たから数が多いのでは?
それよりも来週22日に販売する
「嵐」の年賀はがきセットがすごいことになりそうですね。
裏面印刷済みはがきの最高記録になるのでは?
と思っているのですが…。
これも一部のファンが正式発表前に情報流して
慌てて正式発表したという経緯があります。
情報時代なんですね。

Posted by: タクミ キヨシ | November 17, 2017 09:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本郵便社内には椋梨藤太がいる:

« ワールド・スタンプ・ナウ 第150回 | Main | それマナー違反です »