« ラインストーン風加工 | Main | BLOODHOUND SSC »

November 09, 2017

余寒見舞いって何?

2017110801

 福岡の小島純二さんに教えていただきました。56年間生きてて一度も聞いたことも見たこともないモノです。さっそくググりましたらわんさか出てきました。松の内が明ける1月8日から立春(2月4日頃)までに届くように送るのが寒中見舞い。さらにその後、立春(2月4日頃)を過ぎてから2月末までに送るのが余寒見舞いだとか。何これ?????。
 2月になれば寒い日はもうそんなにはない当地山口県以南ではたしかに馴染みのない習慣です。雪の多い地方独特のものかと類推。facebook上でお尋ねしてみましたら新潟県では昔から当たり前のようにある、しかし、宮城県にはない・・・とかなり地域偏差があるように思われました。とはいえ、恵方巻やお盆玉など、一地域の習慣がビジネス要因もあって拡大誘導されることはもはや珍しいことではなくなりました。余寒見舞いもこの際しっかり”郵趣品化”しようと思います。
 5月に父が亡くなったので私個人は喪中です。年賀状は欠礼し(もともと賀詞交換を辞退させていただいていますが)、喪中はがきだけ11月中に差し立てます。これに余寒見舞いはがきを加えようと考えたわけです。
 年賀はがきの余寒見舞い流用は失礼にあたると書いてあるホームページもありました。お年玉抽選会が終わった後に、ハズレ番号で送るのはいかがなものかというのがその理由です。果たしてそうでしょうか?。昔と違って今はほとんど当たらなくなりましたし、そこまで気にする方がせこくないですか?。むしろ12/15~1/7の年賀取扱期間以外の10円加貼時期の使用例として最適だと考えます。


|

« ラインストーン風加工 | Main | BLOODHOUND SSC »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 余寒見舞いって何?:

« ラインストーン風加工 | Main | BLOODHOUND SSC »