« September 2017 | Main | November 2017 »

October 2017

October 31, 2017

テーマは「意味不明」

2017103101

 なんの変哲も無い456連番記念カバーです。ですが、これを拾った理由はそれではありません。なぜかカシェに桜島大根が印刷されているからです。何かの語呂合わせになっているわけでもなさそうです。端午の節句に桜島大根をお供えする、みたいな習慣もないし、そもそも収穫時期が合いません。意味が全くわかりません。
 製作者本人しかわからない郵趣品が非常に多いです。ご寄贈いただいた不要品もすべて目を通しているのですが、貼付切手や消印のチョイスの意味がさっぱりわからないものが少なくありません。このカバーなんかまだマシな方です。
 自戒も込めて書くのですが、コレクターは自分がわかれば他の人もわかるはず、あるいはわかる人だけがわかればいいと考えがちです。しかし、やはりそれは間違いですね。せめてカバーの中に製作意図を記したメモを一枚入れておくようにしましょう。意味がわからないことで容易に捨てられてしまうことを防がなくてはいけません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2017

郵便局のネットショップ開店初日に注文してみた

2017102303

 これまでの「切手SHOP」が終了し、10月17日(火)から切手以外の各種グッズ類も取り扱う「郵便局のネットショップ」にリニューアルされました。日本国内ではいろいろ意見があるようですが、世界各国の郵政オンラインショップでは切手以外の各種グッズが買えるのが当たり前。私は大歓迎です。それでリニューアルオープン初日にご祝儀でスマートレター20冊パックを注文しました。

 気がついたところでは送票に黒で塗りつぶした箇所がありました(赤矢印部分)。陽にかざすと「注文番号YPYK600066」と読めます。注文控書を見返しましても注文番号というのはどこにもありません。類似のものとしてはオーダーIDや商品番号があるだけです。つまり、通販事務処理用の内部管理番号のようです。それを検品が済んだ意味を兼ねて人の手で逐一塗りつぶしているようでもあります。もしその推論が当たっていれば、近い将来何らかの改変がなされるかもしれません。物好きさんはぜひ開店最初期のうちに注文されて送票をGETされてはいかがでしょうか?
(到着印が押されるので最寄りの郵便局での留置をお勧めします)

・17日(火) 注文
・19日(木) 土浦郵便局から発送
・20日(金) 山口郵便局→防府郵便局→鋳銭司郵便局
      (同日に鋳銭司局に到着した旨の電子メールあり)
・23日(月) 鋳銭司局に出向いて受け取り

2017102304

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2017

偽モノ新幹線のスペックが低すぎて笑える

2017102002

2017102003 小型印使用の報道発表を見た時、郵頼も受け付けてくれないわ郵便局の窓口でも押印してもらえないわで、こりゃあレアな小型印になってしまうだろうなと危惧していました。今日がその使用開始初日です。で、収友が送ってくれた実車写真を見て吹いてしまいました。貴重な小型印がどうこうの懸念が吹き飛んでしまいました。

 笑かしよんのか?(注)

 いいですねえ、この”取って付けた感”、”やっちゃった感”、”予算がないんです感”。これじゃ子どもすら騙せませんよ。支那のパクリもん・パチもん遊園地でもここまではないと思います。まさかこんなにショボいとは思わなかったので撮影した収友の名は伏せておきます。
 なぜか昔のガメラ映画に出ていた”明らかに日本人とわかる南洋の土人”を連想してしまったよ。この写真を使って小型印を押印したマキシマムカードが作れたらベストですね。

注:誉めています。

2017102004

[20171023追記]
 山口真一さんが現地に行かれ、実逓便を投函してくださいました。使用開始初日印の実印影です。山口さん、ありがとうございました!。

2017102302


| | Comments (0) | TrackBack (0)

選挙はがき届きました

2017102001

 比例区の選挙はがきは有料なので62円切手を貼った私製はがきも公職選挙法に沿ったものです。選挙印の日付は差し出した日ではなく公示日と定められているので10月10日になっています。その結果、11日に発行された身近な動物シリーズ第4集を使えば、発行前日の消印が合法的に存在することを実際に証明した1枚になりました。なお、今回の差し出し期限は18日だったそうです。
 なお、有料の場合は他にも私製はがき+料金別納印、官製はがきを使ったものなども考えられます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2017

白地図「防空識別圏が示された航空図/北朝鮮工作船追跡事件」

 昨日、出かけようとしたところに収友の中川進さんが来宅。所属されているハイキングクラブの会報を手渡されました。「記事も書いてるから」とその会報を開いて見せられたのが表題の記事。1999(H11).3.23に発生した能登半島沖不審船事件の顛末のことです。なんでこんな物騒な話をハイキングクラブの会報に載せたかというと、中川さんは陸上自衛隊のOBだから・・・とは言えいいのでしょうか?(笑)

 すでにwikiなどにも書かれている内容と重複しているのでどこに出してもいいですよ、とのことでした。しかし、工作船追跡のためにロシア政府からロシア側海域を通過する許可を得ていたこと、と同時にロシア側による北朝鮮工作船追跡も開始されていたこと、もしロシア領海に侵入していたらロシアが撃沈するつもりだったことなど、なかなか読み応えがありました。反日左翼のお花畑ちゃんたちにも読ませたいものです。

 その後、2001(H13).12.22には九州南西海域工作船事件が発生し、とうとうその時は実質的に交戦状態になり、不審船は自爆沈没することになってしまったことは皆さんご存知の通りです。

 表紙裏表紙・図版を除けば実質3ページほどの読み物です。秋の夜長にどうぞじっくりお読みください。

2017101701

2017101702

2017101703

2017101704


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2017

私製加刷(2)

2017101601

 スタンプショウはかた2017で2種の私製加刷をGETしました。上図は国際切手展PHILATOKYO’81の記念シート(切手ではありません)に全日本切手展’89の加刷をしたものです。加刷・発行は当時の全日本郵趣連盟さんでしょう。これに切手趣味週間切手を貼って記念押印しています。組合カタログには加刷版もリストアップされているので参照ください。
 PHILATOKYO’81は初めて押印係のアルバイトをした記念すべきイベントです。国際展会場内の東京中央郵便局臨時出張所にいましたので思い出深いです。
 しかし、開催資金を得るために1,000円でしたかずいぶん高い値段で販売しておいて、その名前もスーベニアシートと呼んでいたため、外国からのお客さんに、これは切手ではないことを説明するのに大変難儀しました。スーベニアシートって日本語では小型シートの意味ですから。図のように切手を加貼しないと記念押印できないことを拙い英語で説明しても「WHAT?」な顔され続けました。よく怒られなかったものです。
 しかも大量に余ったためにかくも安易な加刷が何回も作られました。後に1991年の国際展準備の際、売上金の使途や不良在庫の実態が不明瞭であると相当揉めました。カタログ評価は安いけれど実際はそんなに目にする機会はないとのことなので、これも何かのご縁でしょうから完集を目指します。それでもこんなメンドくさいものは二度と作って欲しくないですね。

 もうひとつは電子郵便専用封筒への東京中央郵便局による私製加刷です。以前にも大阪中央の例(ここ)をご紹介しましたので、これが2局目になります。旧電子郵便500円切手の初日カバーを兼ねています。・・・と思いましたら全然違いました(笑)。収友が速攻で教えてくれました。
 本物の電子郵便専用封筒そっくりに真似て封筒丸ごとを独自にあつらえられた記念封筒だそうです。東京中央郵便局が独自に作成して配ったもので、そうなると公式模造のジャンルになります。似過ぎで怒られなかったのでしょうか?。かえってびっくりです!。

2017101602


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2017

誤送は検索結果に現れない?

2017101501

 アオヤマスタンプさんから誤送のゆうパック送票をいただきました。郵趣サービス社さんが杉並南局からアルバムバインダーを発送したものです。誤字脱字もなく単純な配送ミスのようで、広島県呉市に送られるべきところ、千葉県の松戸南局に誤送されていました。
 ゆうパックに限らず、さらに日本郵便さんに限らず、ネットで検索(追跡)できる場合は必ずその結果もプリントアウトして送票とともに保存しています。
 添付された誤送紙には【誤送入力済】とあるものの、今しがた検索結果(追跡結果)を見たところ、誤送の記録はまったく残っていませんでした。今年4月10日に開局した地域区分郵便局の広島郵便局を経由したともありません。
 無事に配達はされたので結果オーライとは思いますが・・・何か釈然としません。

2017101502


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2017

ワールド・スタンプ・ナウ第149回

2017101302

 公益財団法人日本郵趣協会の月刊誌「郵趣」11月号が無事に校了しました。恒例の私の担当記事からのチラ見せです。
 ディズニーアニメの個性あふれる魅力的な悪役を切手の主役に抜擢したアメリカ郵政の目利きは唸らされました。いいところを突いて来ます。さらに日本よりもはるかに先んじて裏糊式からシール式に仕様変更した経験から台紙裏面もおろそかにしていません。当該切手に関わる何事かが記されています。ぜひフルシートを入手してご覧になってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

[拡散希望]自ら律することのできる良き郵趣家たれ

 これまでも何度か警告をしています。郵趣家は特権階級ではありません。礼儀正しく振る舞うように努めてください。不用意な言動がすなわち郵趣家全体の印象を悪くします。
 特に記念押印・引受消印の際は、奇をてらったような貼り合わせや押印要求をしないようにしてください。今はネットが発達していますので、郵便局の窓口で揉めている様子がツイッターなどを介して瞬時に伝わります。

重要・注意喚起を!
重要・注意喚起を!(その2)

 さっそくタレコミがありました。まさに今日の東京中央郵便局での目撃情報です。
 今年から個人には前売りするなと通達が出ている4面年賀はがきを、どこからか入手した郵趣家のおじさんが販売初日押印をゴリ押ししていたそうです。当然、11月1日にならないうちは効力を発しませんから無効です。

 こういう違法行為は同じ郵趣家として大迷惑です。

2017101301

 繰り返しになりますが、今はネットが発達しているので、こうしたいざこざも目撃された時点でおしまいです。すぐに話が伝わってしまいますし、現にこうして山口県の私のところまでもう伝わりました。クレーマーとして有名な方らしく、個人名まで聞いていますが、今回は書かないでおきます。ネットの怖さを甘く見てはいけません。全郵趣家がこんな横柄な人種かと誤解されてしまいます。猛省を促します。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2017

2017年度第4回 郵政博物館 特別切手コレクション展 日本の記念特殊切手コレクション展

 かくも長い題名の入った小型印が押された記念カバーを横山裕三さんからご恵送いただきました。お気遣いいただきありがとうございます。ここまで長い題名は日本新記録では?
 さらに記念・特殊切手研究会 結成10周年記念のオリジナルシールを全面貼りしていただきました。目打穴まできちんと穿孔されています。フレーム切手全盛の今、あえてこのような古式ゆかしいシールを作られるとはなかなか意味深いです。
 シール全面が見えるようにさっそくオープンカバーにしました。画像をクリックすると大きな画像が開きます。どうぞご覧ください。

2017101103


| | Comments (0) | TrackBack (0)

保険料納付済等期間の短縮

2017101102 無年金問題解決の方策のひとつとして保険料納付済等期間が25年から10年に短縮されました。

 真面目に払い続けてとっくに満額受給資格を得ている自分は、個人的には無年金者などほっとけばいいと思うのですが・・・それはさておき、図のような通知郵便が今年2~7月の間に該当者に郵送されています。行政郵便物としてはこれもまた重要なアイテムです。個人情報が含まれているので信書に該当することから日本郵便以外の送付手段はありえません。それだけに入手したいものです。中身までとは言いません。せめてガワの黄色封筒だけでも入手したいものです。
 無年金者だとバレるのが恥ずかしいからと、これも呼びかけても提供者が現れるのは期待できそうにないですね。困ったなあ、身内にも該当者はいませんし・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2017

戊辰戦争、会津の遺体放置は嘘だった

2017101001

 去る10月2日(月)に歴史的な真実解明が報じられました。戊辰戦争の際、長州藩が会津藩士の遺体の埋葬を許さず半年間放置するよう命じていたという伝聞が真っ赤な嘘であったことがわかりました。埋葬の様子を記した史料がまさに福島県で発見されたのです。

 ああやっぱりと思ったのが第一印象でした。長州藩士は京都で散々なぶり殺しにされましたが、それと同じことをして喜ぶような残虐性は山口県民にはありません。農民兵が主力であった奇兵隊も規律正しく、転戦先で略奪をしたなどという話もありません。長州藩は莫大な軍資金を持っていたのでその必要もなかったからです。
 また、遺体放置の事実があった、やったという伝聞も聞いたことがありませんでした。そもそも、会津戦争に長州藩はほとんど参加していません。一体誰が何の目的でこのような嘘を広めたのでしょうか。まったくけしからん話です。

 たまたま昨日山口県に仕事で来られた大沢秀雄さんからお土産に会津若松城のフォルムカードをいただきました。9月15日付で同城を描く風景印3局などが押印されている力作です。奥様と旅行された折に作られたものです。
 長州に会津のお土産とは面妖な(笑)とも思いましたが、そのわずか半月後には上記の作り話が嘘と判明したわけで、思わぬメモリアル品になりました。

 郵趣ダイアリーを参照しましたら、10月2日は日本郵便が民営化して10年目(実際は1日)。全国の14の郵便局で初めてキオスク端末が設置運用開始された日でもありました。あるいはまた晴海通常郵便集中局、東京北部小包局が設置されてから50年目の記念日でもあります(ただし両局とも現存せず)。
 記念すべきこの日に、会津の遺体放置が嘘作り話であったことが判明したとセットで記憶しておきましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2017

大政奉還150年

2017100501

 来週の10月14日(土)は大政奉還150年にあたります。倒幕派、佐幕派ともそれぞれに感慨深いものがあることでしょう。
 ただし、土曜日なので記念押印するにしても開いている郵便局は限られます。
 山口県では萩、山口中央、防府、下関、長府などの各郵便局での記念押印が想定されます。山口市の菜香亭には岩倉具視直筆の額もありますし(しかも撮影可)、その写真をカシェにして記念カードでもあつらえましょうか?。
 さらに京都や大阪ではどんなアイデアが考えられるでしょうか。

◆参照:大政奉還150周年記念プロジェクト


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2017 | Main | November 2017 »