« 保険料納付済等期間の短縮 | Main | [拡散希望]自ら律することのできる良き郵趣家たれ »

October 11, 2017

2017年度第4回 郵政博物館 特別切手コレクション展 日本の記念特殊切手コレクション展

 かくも長い題名の入った小型印が押された記念カバーを横山裕三さんからご恵送いただきました。お気遣いいただきありがとうございます。ここまで長い題名は日本新記録では?
 さらに記念・特殊切手研究会 結成10周年記念のオリジナルシールを全面貼りしていただきました。目打穴まできちんと穿孔されています。フレーム切手全盛の今、あえてこのような古式ゆかしいシールを作られるとはなかなか意味深いです。
 シール全面が見えるようにさっそくオープンカバーにしました。画像をクリックすると大きな画像が開きます。どうぞご覧ください。

2017101103


|

« 保険料納付済等期間の短縮 | Main | [拡散希望]自ら律することのできる良き郵趣家たれ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2017年度第4回 郵政博物館 特別切手コレクション展 日本の記念特殊切手コレクション展:

« 保険料納付済等期間の短縮 | Main | [拡散希望]自ら律することのできる良き郵趣家たれ »