« 備えよ常に | Main | 山口郵便局(地域区分郵便局)見学会 »

September 07, 2017

郵送によるお届け済通知サービスの廃止

2017090601

 去る9月5日にゆうパックのサービス改善と運賃改定等のお知らせが報道発表されました。運賃の値上げはこれまでも話題になっていたことなので、労働環境の改善にはやむを得ないことと思います。一方、郵趣的見地からは、インターネットによる荷物の配達完了の確認が可能となっていることから、表題の”郵送によるお届け済通知サービスの廃止”が指摘されます。皆さんよくご存知の通り、小包ラベルに最初からセットされているもので、通知要の欄に丸を付けてさえおけば通信事務で通知はがきが届きます。その小包ラベルの始まりは以下の通りです。

・1984(昭59)0514
 普通小包郵便物ラベル2種を全国の43郵便局で使用試行開始。
・1984(昭59)1115
 普通小包郵便物ラベル使用試行を全郵便局に拡大開始。
・1985(昭60)0701
 普通小包ラベル使用の本実施。
・1985(昭60)0901
 小包ラベルの使用を書留にも拡大実施。

 通知はがきサービスは、最初の19840514の段階から行われていました。来年2018(平30)0301が実施日(最終日は0228)ということなので34年、19850701の本実施からでも33年もの長い歴史の幕が閉じられることになります。これまで陽の当たることがなかった対象ながら、こつこつ集めて続けていた人々がいます。歴史が終わることで逆に研究のまとめが成されることに期待したいと思います。

 図は1985年当時の本格実施時の通知はがきです(未使用)。別掲の小包ラベルに内臓されていたものです。この当時、”ゆうパック”なる愛称は既にありましたが(注)、当時は一般的ではなかったのでラベルには”郵便小包”とのみ表記されています。また、今は使われなくなったマスコットキャラクターのナンバー君、その胴体部が郵便小包になっているバージョンも懐かしいですね。

2017090602

(注)1983(昭58)1110から全国発売開始された小包包装段ボール箱の愛称が”ゆうパック”であり、当時は郵便小包全体を意味するものではありませんでした。

|

« 備えよ常に | Main | 山口郵便局(地域区分郵便局)見学会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 郵送によるお届け済通知サービスの廃止:

« 備えよ常に | Main | 山口郵便局(地域区分郵便局)見学会 »