« August 2017 | Main

September 2017

September 17, 2017

台風18号の影響/クール宅急便

2017091701

 配達日がちょうど台風18号の通過と重なったことからその影響がありました。ヤマト運輸さんのネットによる受け取り申し込みシステムには非常に大きな欠陥があります。本件もその一例です。

(1)第1回目の持戻(10:59)
 時間指定をしていなければいつも夕方に配達になるので指定していませんでした。その時間帯は防府市の切手の例会に出席していました。ところが珍しく午前中に配達に来たようで持戻になりました。台風のために早めに来たのでしょう。

(2)第2回目の持戻(15:20)
 帰宅して待っていたものの暴風雨の真っ最中でチャイムがよく聞こえませんでした。ひょっとして配達か?と思って外に出たらちょうどトラックが走り去っていくところでした。残念!。

(3)第3回目にしてようやく受け取り(19:03)
 配達員さん、ずいぶん不機嫌でした。さすがに3回も来たらうんざりでしょう。

 ヤマト運輸さんの場合、面倒臭いリクエストを受け付けたくないからか、メモ程度の連絡欄すらないのです。郵便局のゆうパックにはそれがあるので1回の配達で済んでいます。連絡欄さえあればヤマト運輸さんも3回も配達しに来なくても済んだのです。

2017091702

 当地は田舎だということをお忘れですな。農家屋敷の作りなので勝手口には広い土間があります。勝手口は通常施錠していません。土間の奥に上り口があってそこが本当の出入口です。施錠はそこにするのが田舎のデフォルトです。
 大きな荷物はその土間に置いておくのが田舎の常識です。屋内ですから雨風も防げます。家の作り自体が宅配ボックスになっているのです。郵便局のゆうパックの場合は連絡欄があるので「不在時は勝手口の中に入れておいてください」と事前に連絡ができるわけです。
 小さな手間を惜しんで逆に大きな手間をかけて損をしています。常々ゆうパックが優れていると思うのはこうした”ちょっとした創意工夫”です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2017

Shall we Lotte No.37

2017091601

 ご縁があってロッテの季刊広報誌Shall we Lotteをご恵送いただいています。年4回楽しく拝見しているのは郵便学者の内藤陽介さんの連載記事が楽しみだからです。そして、さらにそれだけの理由でもありません。ガーナのCMキャラクターを務める土屋太鳳さん、広瀬すずさん、松井愛莉さん推しだからなのはもちろんのこと、郵送ではなくヤマト運輸で運ばれているからです。時代の変化を物証として残していくために、郵便以外も収集対象にしています。
 内藤さんの記事の裏面に宛名ラベルを切り出してヒンジで仮止めします。その脇に配達された日付を書き込んだ上で郵趣ダイアリーにファイリングします。パソコンの郵趣ダイアリーデータベースにもインプットすればこれで資料化完了です。

 家に届く各種DMなどもたいてい残しています。封筒のままだと大きすぎることもあるでしょう。内容物の表紙だけを切り出します。これに宛名ラベルを仮止めし配達日付のメモ書きを加えれば様になります。例としてその写真合成図を作ってみました。
 日本郵便さんも今はもう官ではなくなりましたけれど、日本郵便だけしか収集対象にしないというのは官尊民卑の思想だと思うのです。どうでしょうか。

2017091602

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あなたにとっての郵趣とは?

2017091501

 来年の2月28日(水)でゆうパックの配達通知はがきが廃止になるというので、これからの最後の6ヶ月間はしっかり記録を残しておこうと思います。検索結果(追跡記録)をプリントアウトし、その裏面に控えの送票、戻ってきた配達通知はがきをヒンジ止めします。これにパンチ穴を開けて郵趣ダイアリーにファイリングします。
 これが今すぐ何の役に立つかはまったくわかりませんけれど、役に立つかどうかわからないから集めるのです。極端な話、収集と記録のトレーニングに終わってもかまいません。

 郵趣家は切手と同じかそれ以上に消印も大好きです。局名(使われた場所)と日付(年月日)が大事だと言いながら、しかし、切手以外に対しては意外なほどに無頓着です。郵便局のチラシやポスターなどをご恵送いただくのはたいへんありがたいのですが、10人中10人までがいつどこで手に入れたものかの書き込みがありません。裏側の端っこにでも局名と入手日をメモ書きしておくだけで資料性が磐石なものとなります。
 その行為は多分に面倒臭いものですから、上記のようにゆうパック送票の記録が習慣づけのトレーニングになるならぜひお薦めしたい。

 私にとっての郵趣は”記録”であり”歴史”です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2017

国際切手展BANDONG2017

2017091504 山本誠之さん、伊藤純英さんが国際切手展BANDONG2017会場から差し出してくださったカバーが昨14日に配達されました。会期5日目(最終日)のEnvironment Care Day(環境保全の日)、8月7日の差し立て日付印でした。インドネシアから5週間もかかっているというのはイレギュラーのように思います。さらにfacebookの投稿を見ましたら全国的にこの日に配達されたようです。これは何かあるように思われますので記録を残しておきます。
 なお、同様のカバー類を受け取られた方は、念のため裏面に配達日を鉛筆書きしれておかれますようお薦めします。

2017091501

 20170121発行の年賀小型シート全面貼りは山本誠之さんから。表面下部に”06675/24000”とシリアルナンバーが印字されているのが地味ながらみどころ。総発行枚数24,000枚のうち6,675番目という意味。(到着後私自身の手でオープンカバーにしました)

2017091502

 限定1,500シートのみのEnvironment Care Day小型シート貼り公式カバーは伊藤純英さんから。伊藤さんからは事前に公式プログラムもいただいていましたので助かりました。その抜粋ページも掲げておきましょう。

2017091503


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2017

ワールド・スタンプ・ナウ第148回

2017091401 公益財団法人日本郵趣協会の月刊誌「郵趣」10月号が無事に校了しました。私の担当記事からのチラ見せですが、今回は編集部さんイチオシから1点ご覧いただきます。

 日本では完全にフレーム切手に切り替わり、全く発行されなくなった写真付き切手ことPスタンプですが、外国ではまだまだ現役で発行され続けています。その代表としてオーストラリアが発行したグリーティング/ヘップバーンが取り上げられています。赤いバラ図案が切手、ヘップバーンの肖像写真がタブという構成です。たいへん上品な仕上がりです。

 なお、このフォーマットでの発行は2回目になります。昨2016年にはマリリン・モンローが取り上げられました。映画切手コレクターの方ならすでにお持ちでしょう。・・・ということは来年以降も第3回、4回と映画スターのPスタンプが発行されるのではないか?という期待です。オーストラリア郵政は今後について何もアナウンスしていませんけれど、やはり期待してしまいますね。要注目です。

2017091402

 ちょっと前までは木製切手の1枚だけでもトピックとして取り扱っていました。事実、たいへん珍しい出来事でした。ところが10月号は木製切手だけで2件、刺繍切手も1件と怒涛のような変り種切手ラッシュです。ワールド・スタンプ・ナウ本編ではそれらすべてを取り上げました。これほどの大ネタ、さすがにチラ見せするのももったいないので(笑)、ぜひ郵趣10月号をご購読ください。

 今年最後の12月号で連載もついに150回に到達予定です。100回目がついこの間のような気がしますけれど、実際は4年以上の歳月が過ぎた計算になります。その間に母が脳幹出血で寝たきりになり、母の看病をしていた父の方が先に亡くなるなどさまざまな出来事がありました。まずは150回を無事にクリアし、もし継続が許されるなら200回を目指したいと思います。

公益財団法人日本郵趣協会


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2017

確定申告減通知はがき

2017090901

 留守中の9月9日(土)に届いていました。確定申告をするとこのフォーマットで通知が届くのですが、今はその時期ではありません。プライバシー保護シールを剥がしたら源泉所得及復興税の確定申告減とのこと。なんだこりゃ?。
 ググりましたらこれも父の関係だとわかりました。便利な時代になったものです。父が5月19日に亡くなったので、払い過ぎ分を相続人である私の口座に振り込んだことを知らせるものでした。これも生涯に何通も来るものではないので、行政郵便物コレクションにしっかり加えたいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2017

山口郵便局(地域区分郵便局)見学会

2017090701

 公益財団法人日本郵趣協会認定支部の防府支部と周南支部の合同で見学会を申請しておりましたところ、お許しが出まして2017年(平29)9月7日(木)の14:00-15:00に伺ってきました。日本郵便関係者以外では我々が初めてだということでした。

[概 要]
 竣工は2016年(平28)12月12日(月)。パンフレット表紙から転載の上写真はその頃のもので、法面もまだ植栽が芽吹いていません。なお、著作権の関係があるため、本編の図版はこれのみです。
 開局は2017年(平29)1月30日(月)。開局時は約250人、今は270人が働いています。交代制なので常時局舎内にいるのは100人ほど。郵便を扱う工場なので従業員は全員ヘルメットに安全靴着用です。
 もともと山口県には郵便番号74地域の地域区分局の徳山、75地域の下関の2局がありました。そのふたつを統合したのがこの山口郵便局。実際に効率化になっているかどうかはただいま実績を集計中だそうです。

[消 印]
 記念押印は一切お許しいただけませんでしたが消印の種類はお教えいただきました。和文印(金属印・シャチハタ印)、和文ローラー印、欧文印、和文機械印(N6)そして抹消印(消印モレ消印)もあるそうです。和文印、和文ローラー印が各3本程度。ただし、欧文ローラー印の配備はありません。
 特に欧文印はD欄に郵便区番号の759が入っている。入っていないのは従来からある山口中央郵便局の欧文印。つまり静岡郵便局・静岡中央郵便局のそれとは識別パターンが逆。
 その時々、持ち場によって区分と押印をパラレルに行なっているため、IJPとN6の厳密な使い分けは特にないそうです。どちらが押されるかはたまたま、偶然の結果だということです。

[年賀郵便対策]
 山口県内に配備されていた区分機7台が1階の片隅に移設されていました。これは年賀郵便の大量処理のためで、現状は設置したのみで調整はこれからだそうです。
 ただし、どの局から持ってきたのかについては、この場ではすぐにはわからないとのことでした。かつて和欧文機械印を使っていた防府局や徳山局などの中古機だそうです。
 今のところ区分機としてのみ使用予定。52円切手を貼った私製はがきの年賀状には消印が必要ですが、どのようにするかは未定だそうです。
 もし、山口郵便局では消印をしないということになると、各集配局が昔ながらに年賀印を手押しする可能性が出てきました。機械年賀印をしようにも機械自体が撤去されていますので手押しするしかないからです。

 郵趣的に注目すべき要点は以上の通りです。
 これ以上の詳細は個別にご説明しますのでfacebookメンバーの方はメッセージを送ってください。未加入の方はfacebookのアカウントを取っていただき、私の名前”椙山哲太郎”で検索のうえメッセージを送ってください。詳しくはその後にお知らせいたします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2017

郵送によるお届け済通知サービスの廃止

2017090601

 去る9月5日にゆうパックのサービス改善と運賃改定等のお知らせが報道発表されました。運賃の値上げはこれまでも話題になっていたことなので、労働環境の改善にはやむを得ないことと思います。一方、郵趣的見地からは、インターネットによる荷物の配達完了の確認が可能となっていることから、表題の”郵送によるお届け済通知サービスの廃止”が指摘されます。皆さんよくご存知の通り、小包ラベルに最初からセットされているもので、通知要の欄に丸を付けてさえおけば通信事務で通知はがきが届きます。その小包ラベルの始まりは以下の通りです。

・1984(昭59)0514
 普通小包郵便物ラベル2種を全国の43郵便局で使用試行開始。
・1984(昭59)1115
 普通小包郵便物ラベル使用試行を全郵便局に拡大開始。
・1985(昭60)0701
 普通小包ラベル使用の本実施。
・1985(昭60)0901
 小包ラベルの使用を書留にも拡大実施。

 通知はがきサービスは、最初の19840514の段階から行われていました。来年2018(平30)0301が実施日(最終日は0228)ということなので34年、19850701の本実施からでも33年もの長い歴史の幕が閉じられることになります。これまで陽の当たることがなかった対象ながら、こつこつ集めて続けていた人々がいます。歴史が終わることで逆に研究のまとめが成されることに期待したいと思います。

 図は1985年当時の本格実施時の通知はがきです(未使用)。別掲の小包ラベルに内臓されていたものです。この当時、”ゆうパック”なる愛称は既にありましたが(注)、当時は一般的ではなかったのでラベルには”郵便小包”とのみ表記されています。また、今は使われなくなったマスコットキャラクターのナンバー君、その胴体部が郵便小包になっているバージョンも懐かしいですね。

2017090602

(注)1983(昭58)1110から全国発売開始された小包包装段ボール箱の愛称が”ゆうパック”であり、当時は郵便小包全体を意味するものではありませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2017

備えよ常に

2017090601

 来たる9月9日(土)、東京目白の切手の博物館で開催される押印講習会に参加します。押印に関する技能を基本からきちんと学び直そうというキャラに似合わぬ殊勝なことを考えてのことです。翌日は郵政博物館を見学して新幹線で戻ります・・・の予定です。

 しかし、ネットニュースで噂されているように9月9日に米朝開戦となれば、状況によっては中止もやむなしです。その時は手配済みのこれらチケット類、その明細書等々一式がお宝になる可能性もあります。いつ何時そのような事態になっても記念押印・引受消印ができるように封筒、はがき用紙、切手、糊等を常に携帯しておきます。

 備えよ常に

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2017

石原裕次郎記念館閉館

2017090401

2017090402 おなじみ札幌市の湯浅英樹さんからご恵送いただきました。いつもありがとうございます。
 ファンの高齢化による入館者の減少、経年劣化による建物自体の老朽化などのために小樽の石原裕次郎記念館が2017年8月31日をもって閉館となりました。最寄りのウイングベイ小樽内郵便局風景印にてラストデー・カードを作られました。石原裕次郎切手を使われた点ももちろん素晴らしいですね。

 また翌9月1日発行のエコーはがきもご恵送くださいました。実に6年11ヶ月ぶりのことだそうです。整理番号は2007年10月に郵政民営化で「1」に戻ったので、本件は「北海道-4」になるそうです。併せて掲載紹介させていただきました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2017

押印は特殊技能などではありません

 日本には指先の感覚や音だけを頼りにミクロン単位の工業製品を作る職人さんがたくさんいます。それに比べたら風景印の記念押印だのは比較になりません。ゴムの印顆にインクをつけて転写するだけの軽作業・単純作業です。こんなことすら苦手だなんてどれだけ不器用なんだよって話でしかありません。

2017090201

 私が押印実務を手がけた最初は東京国際切手展PHILATOKYO’81の時でした。きっかり二十歳の時です。国際展会場に東京中央郵便局が臨時出張所を出して切手販売と押印サービスをするという。そのアルバイト要員にと先輩郵趣家さんから声をかけていただいたのです。交代制で毎日数百通の押印を延べ一週間ぐらいやったでしょうか。初っぱなのこの経験が良かったですね。短期間に大量の数をこなしたことでいきなりマスターしました。
 その後、JAPEXやスタンプショウなどでも実行委員として押印実務を続けていましたので、押印に対する苦手意識はまったくありません。百発百中が当たり前です。また、そういう心構えでないと失敗します。

2017090202 冒頭に記しましたように”ゴムの印顆にインクをつけて転写するだけ”なので、失敗した際の原因把握がいちばん大事です。それに対して有効な対策をとれば同じ失敗は繰り返さずに済みます。印のセンターがずれていないか、まんじゅう(インクパット)のインクが減っていないか等々、きちんと理解しましょう。いちばんいけないのは、そんな観察眼も意識も持たないで漫然と作業をしてしまうことです。きつい言葉で申し訳ないのですが、つまり、押印が下手な人はそういった思考ができない”頭の悪い人”です。

 来たる9月9日(土)に東京目白の切手の博物館で行われる押印講習会に参加します。自分では完璧にマスターしているつもりでも初心をおろそかにしてはいけません。謙虚な気持ちで実務技能と座学による押印規程の勉強をしてきます。

20170902003
 ここだけの話、印顆が棒型だからといって、こんな風に持っている局員さんは押印下手な確率が高いです。数枚押してもらって、やっぱり下手だなと思ったら臆せず別の人に交代するよう要求してください。その時はまずい空気が流れるかもしれませんが、押印規程が定められている以上、記念押印・引受消印は”郵趣家へのサービス”、”余計な仕事”などではなくれっきとした通常業務です。公印たるもの不鮮明では許されません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2017

地方版絵入り年賀はがき廃止

 昨日報道発表された平成30年用お年玉付き年賀はがきのインフォメーションの中で、地方版絵入り年賀はがきの廃止が明らかになりました。1983年(昭58)以来続いてきた歴史が33年で終わることになりました。時の流れであがなえないことなのでしょうが、その大筋は記録に残しておきましょう。

2017090102 そもそも絵入り年賀はがきが始まった理由は何でしょうか。それももう忘れ去られているのではないかと危惧しています。それは1981年(昭56)に起きた騒動が原因です。それは印刷業者が年賀はがきを大量に買い占め、裏面に印刷を加えて100円前後で売り捌くという事件がありました。郵政省(当時)にも苦情が持ち込まれたため、翌1982年(昭57)に郵便料金40円+寄附金3円+印刷代2円の計45円の絵入り年賀はがき全国版3種が発売されました。
 印刷業者からは民業圧迫だという声も上がりましたが郵政省はこれを黙殺。価格的にも勝負をかけて買占めの動きを完全に粉砕しました。

 全国版の評判が予想以上に好評だったことから1983年(昭58)からは都道府県別の地方版も発行されました。以来33年間ですから単純計算で47都道府県×33回=1,551種にもなります。

20170901001

 冒頭の民間印刷会社の買い占め事件では「熊手」と「獅子舞」の絵が加刷されていたと記録に残されています。当時、私自身もすでに上京していたのですが、実物を見た覚えもなければもちろん入手もしていません。1982年(昭57)年用お年玉付き年賀はがきを保存されていらっしゃる首都圏の方、いま一度裏面を見返されることをオススメします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2017 | Main