« Shall we Lotte No.37 | Main | 10月9日は出雲駅伝 »

September 17, 2017

台風18号の影響/クール宅急便

2017091701

 配達日がちょうど台風18号の通過と重なったことからその影響がありました。ヤマト運輸さんのネットによる受け取り申し込みシステムには非常に大きな欠陥があります。本件もその一例です。

(1)第1回目の持戻(10:59)
 時間指定をしていなければいつも夕方に配達になるので指定していませんでした。その時間帯は防府市の切手の例会に出席していました。ところが珍しく午前中に配達に来たようで持戻になりました。台風のために早めに来たのでしょう。

(2)第2回目の持戻(15:20)
 帰宅して待っていたものの暴風雨の真っ最中でチャイムがよく聞こえませんでした。ひょっとして配達か?と思って外に出たらちょうどトラックが走り去っていくところでした。残念!。

(3)第3回目にしてようやく受け取り(19:03)
 配達員さん、ずいぶん不機嫌でした。さすがに3回も来たらうんざりでしょう。

 ヤマト運輸さんの場合、面倒臭いリクエストを受け付けたくないからか、メモ程度の連絡欄すらないのです。郵便局のゆうパックにはそれがあるので1回の配達で済んでいます。連絡欄さえあればヤマト運輸さんも3回も配達しに来なくても済んだのです。

2017091702

 当地は田舎だということをお忘れですな。農家屋敷の作りなので勝手口には広い土間があります。勝手口は通常施錠していません。土間の奥に上り口があってそこが本当の出入口です。施錠はそこにするのが田舎のデフォルトです。
 大きな荷物はその土間に置いておくのが田舎の常識です。屋内ですから雨風も防げます。家の作り自体が宅配ボックスになっているのです。郵便局のゆうパックの場合は連絡欄があるので「不在時は勝手口の中に入れておいてください」と事前に連絡ができるわけです。
 小さな手間を惜しんで逆に大きな手間をかけて損をしています。常々ゆうパックが優れていると思うのはこうした”ちょっとした創意工夫”です。


|

« Shall we Lotte No.37 | Main | 10月9日は出雲駅伝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 台風18号の影響/クール宅急便:

« Shall we Lotte No.37 | Main | 10月9日は出雲駅伝 »