« 「ゆうペーン研究会(表紙主体)」発足のお知らせ | Main | 皇紀2677年7月7日 »

June 22, 2017

定形外の規格外使用例作りに最適

2017062201

 今月から新たに導入された定形外郵便の「規格外」料金。これの制度導入月使用例(初期使用例)作りに最適なものはないか探してきました、ダイソーさんで。で、見つけたのがこれ、ふわっと軽いねんど100円です。

 重さはわずか85g。パッケージサイズは150H×100W×35D(mm)と厚さで規格外に相当します。これの裏側に文具店で購入した宛名ラベルを貼りました。この状態のままで発送しようというものです。到着後は中身の紙粘土を取り出し、パッケージは平らになるように切り開いて展開し、折り込み部分などは適宜カットすればアルバムリーフに収まります。原型を残したい向きには折り込みを開けば平たく折り畳むこともできます。
 せっかく作ってもリーフに収まらないでっかいサイズだと使い勝手がよろしくありません。リーフに収まり、なおかつ何を送ったのかわかること、この2点がポイントです。

2017062202 郵便料金は220円です。普通に100+120円切手で220円でも良いと思いますが、こんな貼り合わせも良いのではないかと思います。
 ごく普通の定形外だから140円だと思ってまず140円切手を貼った。ところが差し出した時に規格外だと言われて差額の80円分を30+50円切手で加貼した。切手3枚なら貼れそうです。
 あるいはまた80円分のみメータースタンプにするのもいいかもしれません。ただし、メータースタンプの印字が将来消えてしまう危険性はありますので要注意です。

 皆さんも案配の良いパッケージと重さを兼ね備えた品を百均で探してみられてはいかがでしょうか。お互いに送り合いをしませんか?。

[追記]
 昨日、山口大学内簡易郵便局から自分宛に差し出しました。珍しく激混みで押印をお願いできるような状態ではなかったためそのまま託しました。すると山口郵便局(地域区分郵便局)のローラー印が押されて今朝配達されました。これが正規の取り扱いですので良しとします。
 パッケージを展開し、折り込み部分をカットしたらちょうどリーフに収まりました。箱の厚みが35ミリあるので規格外になること、そして内容物が軽い紙粘土であることもわかりますのでちょうど良い感じです。

20170623

|

« 「ゆうペーン研究会(表紙主体)」発足のお知らせ | Main | 皇紀2677年7月7日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 定形外の規格外使用例作りに最適:

« 「ゆうペーン研究会(表紙主体)」発足のお知らせ | Main | 皇紀2677年7月7日 »