« 日本も法改正して永久保証切手を発行しよう | Main | 第24回参議院選挙/初の「18歳国政選挙」(2) »

June 02, 2017

ポスト型はがきの表に余白が欲しい

2017060201 図をご覧になっただけで私の意図がお分かりの方も多いことでしょう。フォルムカードの一種であるポスト型はがきは、本格的郵趣家ほど人気がありません。それは絵柄面に切手を貼って消印を押すスペースがないからです。図は試しに画像加工・合成したものですが、絵柄面に余白があれば、片面にすべての要素が集約されるので整理する時はもちろんのこと、展示の際も非常に効果的です。現状では表裏をいちいちひっくり返さなければいけません。

 個々の局名が入っているので郵便局巡りを趣味とする郵趣家、郵便愛好家には最適のグッズです。にもかかわらず売れないのは、通信面への切手貼付&消印では、肝心の局名表示の絵柄面が死んでしまうからです。この点を作っている側は軽視しているようですが、これで華やかなフォルムカードと同じ185円ではとても買う気にはなれません。典型的なプロダクト・アウトです。

 白いシールを貼ったらどうかとか、さまざまな意見もあったのですが、郵趣品は長期保存をするものなので、セルフ糊が劣化して剥がれたり黄化・固化してはがき自体を汚損する危険性を無視できません。最初から絵柄面に風景印などが押印可能な余白を設けくださるのがベストな解決策です。それさえあれば、私も行く先々の郵便局で確実に購入・押印しますよ。
 切手貼付と風景印押印だけでなく、局名一行印を押す人もいることでしょうし、観光地ではこの余白に観光スタンプを押す人も出てきますよ。私なら局長さんの直筆サインをお願いすることもあるでしょう。ユーザーが一手間加える余裕があることで自分だけのオリジナル品が作れるのです。そこを熟慮していただきたいです。

|

« 日本も法改正して永久保証切手を発行しよう | Main | 第24回参議院選挙/初の「18歳国政選挙」(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ポスト型はがきの表に余白が欲しい:

« 日本も法改正して永久保証切手を発行しよう | Main | 第24回参議院選挙/初の「18歳国政選挙」(2) »