« テロ準備罪法成立 | Main | 「ゆうペーン研究会(表紙主体)」発足のお知らせ »

June 16, 2017

ワールド・スタンプ・ナウ 第145回

 公益財団法人日本郵趣協会の会報・月刊「郵趣」誌7月号が校了しました。早いもので連載145回を迎えました。原稿執筆時はちょうど父の死去と通夜・葬儀が重なり、思い出深い回となりました。
 これまではfacebookでのみ一部先行予告を出していましたが、会員拡大も視野に入れてHYPER Philatelistブログでも行いたいと思います。著作権の制約があるため全部はお見せできませんが、日本切手にはない外国切手の魅力を知っていただき、一人でも収集の道に進まれる方が現れ、そして郵趣協会に入会していただけることを願っています。[公益財団法人日本郵趣協会はこちらです]

 7月号のみどころは、何と言ってもウルトラ怪獣かと見まごうばかりのボディ・ペインティングと仮装文化を持ったセルクナム族の切手です。発行直後から世界中の郵趣シーンでも話題になったようです。チリ最南端の寒冷地にありながら毛皮以外に確たる衣服の文化を持たずに生活していました。文化人類学を学んだ方ならきっとご存知のはず。残念ながら彼らもまたスペインによって絶滅させられてしまいました。せめて切手の上だけでも往時を偲んでくださいますように。

2017061601

|

« テロ準備罪法成立 | Main | 「ゆうペーン研究会(表紙主体)」発足のお知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ワールド・スタンプ・ナウ 第145回:

« テロ準備罪法成立 | Main | 「ゆうペーン研究会(表紙主体)」発足のお知らせ »