« April 2017 | Main | June 2017 »

May 2017

May 31, 2017

日本も法改正して永久保証切手を発行しよう

2017053101

 明日6月1日からはがき料金が52円から62円へと10円値上げされます。そのためだけに新しく62円切手やはがきが去る5月15日に一斉に発行されました。忙しかったのでしょうか、往復はがきでは「郵便往復はがき」と表記すべきところ「往復」の2文字が抜けていたというケアレスミスまで発生してしまいました。
 さらに明日から52円普通切手の販売は中止です。売れ残りの回収と煮潰してのリサイクル費用だけでいったい何千万円になるのでしょうか。

 そこでアメリカ、カナダ、イギリス、フィンランド、シンガポールをはじめ、数多くの国や地域が採用している”永久保証切手"を発行できるように日本も法改正をと思います。それだと新切手の発行も旧切手の回収も必要ないからです。
 その一例として、今年アメリカが発行したはがき料金用の永久保証切手をご覧に入れます。印面には現行料金の34cという料額はなく単にPOSTCARDとのみ表記されています。これははがきを1枚差し出す料金ではなく権利があることを示しています。仮に郵便料金が値上がりしても差額分の切手を加貼する必要はありません。なぜなら”権利”を買ったからです。

 例えばの話、日本で52円料金時代に永久保証切手を1枚あたり52円で販売したとします。これが明日から値上がりしてもこのまま使えるので、買いだめしていたお客さんは10円トクするわけです。もちろん、料金値下げがあったら逆に損しますけれど、あくまでもはがきを差し出す権利を買っただけですから払い戻しはありません。

 慣れていないから難しそうに思えますが、本来、郵便切手は有価証券とはいえ郵便物を差し出す以外の用途はないので、むしろ金額より権利を示した方が合理的です。そうでなくては世界中にこれほどまでに永久保証切手が広がるわけがありません。

 アメリカでは永久保証切手のことをフォーエバー・スタンプ(Forever Stamps)と呼び、2007年から実用化されています。今ではアメリカの記念切手はすべて永久保証切手に切り替わりました。
 アメリカから最近届いた郵便があればよくご覧ください。古い切手以外は切手に額面数字が入っていません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2017

62円額面のフレーム切手

2017051604 昨日5月15日(月)から受付開始されました。注文すると6月1日から順次発送だそうです。はがき62円料金初日には間に合わないでしょうが、出現最初期使用例を作る意味はあるでしょう。だめもとで発注してみましょうか。
・・・・ということで20面シート1シートのみ発注しました。モデルは幼少時の俺です。かわいいじゃろ?(笑)

 なお、20面シートで2,000円(送料込)ちょっとしかしませんから各自で作ってくださいね。誰でも作れるものなので最初期使用例はどなたにも発送はしませんのであしからず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安芸灘とびしま海道×Ingress

2017051601

2017051602 周南市の湯野郵便局長・山本仁さんからご恵送いただきました。ありがとうございました!。
 とは言うもののスーパーファミコンで時代が止まっている56歳の私スギヤマはゲームのことはさっぱりわかりません。山本局長に教えていただいたり、定期購読している通信文化新報(電子版)の記事を頼りに以下まとめました。

 広島県南部に位置する芸予諸島とそこに架かる橋をつなぐ「安芸灘とびしま海道」。そこに郵便局の組織力を生かしてIngress(スマホを使った現実世界をフィールドにした陣取りゲーム)を活用した「安芸灘とびしま海道×Ingress」が開催されました。それに実際に参加された山本さんが送ってくださった記念カバーです。ゴールデンウィーク中の4月29日から5月7日に開催されました。消印は広島・御手洗郵便局の5月8日付風景印です。
 今回のイベントは下蒲刈島から御手洗ルートを想定。下蒲刈島を出発して大崎下島から戻る陸路の往復ルートで12個のミッションを作成。各郵便局関係者が地域内の飲食店にイベントの趣旨を説明して理解してもらい、各ミッションにIngress割引(50〜100円)等のサービス提供を交渉。各協賛店舗にミッション用のカードとスタンプを置いたほか、ミッションをクリアしてスタンプを集めてカードを送るための絵封筒(記事冒頭のカバー)も郵便局のATMに設置。
 山本さんによると、協力店舗内に私設ポスト(小さな丸型)を2つ設置して片方は個人宛、もう片方はゲームの運営会社宛。開催期間が終了したら下蒲刈局の風景印で消印して発送。切手は各自負担という内容だったそうです。
 このイベントには企画段階から堺洋之伊丹桜ヶ丘郵便局長さん(兵庫県)、黒山敦也川西久代郵便局長さん(同)も加わっておられたとのこと。熱心な取り組みに頭が下がります。

 なお、協賛店舗には随所に昨年8月発行のフレーム切手「国の重要伝統的建造物群保存地区 大崎下島 御手洗」を並べて販売もされたそうです。冒頭のカバーに貼られているのもその一枚です。
2017051603

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2017

昭和10年、防長勤王資料展覧会の絵はがき

2017051401

2017051402 1935年(昭10)に萩市土原グラウンド(現在の萩東中学校地)において、萩実業会主催の「萩史蹟産業大博覧会」が開催されました。この博覧会は萩の史跡を紹介し、それらを保全活用しつつ萩市経済を活性化させることを目的としたもので大成功をおさめました。左はその小型印です。
 会場には日産コンツェルンの日産館をはじめ、産業本館・史蹟観光館・朝鮮館などのパビリオンが設置され入場者の関心をひきました。また、博覧会に併せて新築された明倫小学校で防長勤王資料展覧会が開催されるなど種々の行事で市内は賑わいました。
 萩市役所で作成した防長勤王資料展覧会の絵はがきの寄贈をいただきましたので、その一部をご紹介します。特に書に興味のある方は必見です。
 高解像度の図版をfacebookのアルバムに納めました。下記リンク先にアクセスし順にご覧ください。

山口県の絵はがき

2017051403

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2017

道央札幌郵便局(地域区分郵便局)の郵便物取扱開始

2017050701

 道央札幌郵便局(地域区分郵便局)は去る4月23日(日)の開局と同時にゆうパックの区分を開始しました。それ以外の郵便物の取り扱いは少し時差があり、この5月4日(木祝)から始まりました。それを意図して湯浅英樹さんがご恵送くださったのがこの書留はがきです。いつもありがとうございます。
 さっそく追跡記録も確認しました。見込み通り4日の夕刻には道央札幌郵便局を発送し、おそらく航空機で山口郵便局に送られ、6日朝には配達を担当している小郡郵便局に向けて発送されています。やはり追跡記録は大事ですね。

2017050702

 郵便番号上2桁が00および06の地域が対象ということで札幌中央郵便局と札幌北郵便局のラスト印もご恵送いただきました。

2017050703

 初日印は富澤昇吉さんが送ってくださったはがきがヒットです。5月4日の12-18時刻の和文印です。地域で取り集められて持ち込まれると12-18時間帯になるのが自然なのでしょう。
 同じく湯浅さんからのはがきは、同日0-8時刻の札幌中央局丸型印が押されていました。開局初日の郵便物量を抑えるために、最終日はぎりぎりまで取集局で処理する傾向があることは他の地域区分郵便局でも確認されています。札幌中央郵便局も同様であったことを示すものです。

2017050704

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2017

宇部市ときわ公園、白鳥復活の日

2017050101

 私事で恐縮ですが父母が入院しており、その関係で宇部市に行ったついでにときわ公園まで足を伸ばしました。
 平成23年2月、ときわ公園のコクチョウが高病原性鳥インフルエンザで死んでいるのが確認され、やむなく全鳥殺処分(焼却処分)となってしまいました。しかしながら白鳥はときわ公園のみならず宇部市のシンボルでもあり復活を望む声が多く寄せられました。
 その結果、2017年5月1日に新たに2羽のつがいのコブハクチョウが放鳥されました。昭和55年にときわ公園から下関響灘ライオンズクラブに譲渡したハクチョウの子孫で、今回は逆に同クラブから寄附されたものだとのことでした。

2017050102 石炭記念館ふもとの湖面が金網で仕切られた中に2羽がいました。ずいぶん狭いなあと思いましたが、ひとまずこの2羽で様子を見るのだそうです。通常時は放し飼いとし、インフルエンザ感染リスクが高い11〜4月は建設予定の飼育施設内で飼育予定だそうです。
 最初は金網の外に出たそうにしていましたが、じきに岸の方にやってきてくれました。せっかくなので金網付近の遠景シーンと近くに寄ってきてくれた近景シーンの両方で自作マキシマムカード(MC)を作りました。そして、今でも白鳥を描く風景印を継続使用中の宇部新川駅前郵便局で記念押印しました。
 また、同局ではたまたまときわ動物園のフレーム切手を販売中でしたのでそれを用いました。その中には白鳥を描いたものはなかったのですが、楽しいイラストだしまあいいじゃないすか(笑)

 なお、セブンイレブンさんのはがきプリントサービスにもだいぶ慣れてきたので、今回も横長と縦長の2つのタイプのMCを作りました。展示やなんかの時にレイアウトの都合上どちらか使い勝手の良い方を選べるようにとの配慮からです。

 帰宅すると夕方のローカルニュースでも報じていました。そのキャプチャー画像も添えておきます。

2017050103

2017050104

2017050105

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2017 | Main | June 2017 »