« 山口郵便局のインクジェット機械印、その後 | Main | 有人国境離島法の郵便局関係への適用第1号 »

April 22, 2017

追跡記録をプリントアウトしておきましょう

2017042201

 切手も消印もない郵便物であっても、配達日をどこかに記しておくことと、追跡郵便物ならその記録もプリントアウトし、それも一緒に残しておきましょう。それで興味深いことがらが判明することがあるのです。

2017042202 水谷行秀さんからゆうパックを送っていただきました。先に開局した地域区分郵便局の静岡郵便局の取扱範囲外である郵便番号上2桁が43の袋井市というのがポイントです。
 会社契約されているとかで集荷したのが浅羽郵便局さん。それが追跡記録では「磐田郵便局(浅羽)」と明記されています。旧集配特定局は、民営分社化の際に集配機能のみ切り離されて最寄りの事業会社支店の所属とされ、○○支店△△集配センターを名乗りました。局名表示が( )書きなのはその名残です。
 それから浜松西郵便局ゆうパック分室に回されています。ゆうパック分室は、旧日通の施設をゆうパックの区分で使用しているところが多いのでおそらくここもそうでしょう。なお、一般向けの窓口がないのでネット上の「郵便局をさがす」でも出てきません。
 それから、かつての名古屋郵便集中局である地域区分局の名古屋神宮郵便局(ゆうゆう窓口のみ開設)を経て、ようやく当地の地域区分郵便局の山口郵便局が出てきました。さすが、ゆうパックの場合は検索結果にもきちんと出てくるのですね。ちなみに、たまたま同じ日に愛知県から送られてきたレターパックの場合は地域区分郵便局名は一切出てきません。通過局の記録は、ゆうパックと一般書留(現金書留を含)のみだからです。
 なお、最初の配達時に不在だったのでLINEで再配達を依頼しました。iPad mini4にインストールしたLINEの「郵便局[ぽすくま]」で簡単に依頼を済ませました。それが「インターネット・IVR」のことです。
 また、送票にも荷箱にも切手もなければ料金後納・別納の表示も一切何もありません。これは会社契約のため特別料金になっているためです。支払いは月末〆で翌月銀行口座から引き落としだそうです。
 さらに、上得意さんなので宛名印字の送票です。50枚以上であれば窓口で依頼すれば作っていただけるそうですよ。

|

« 山口郵便局のインクジェット機械印、その後 | Main | 有人国境離島法の郵便局関係への適用第1号 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 追跡記録をプリントアウトしておきましょう:

« 山口郵便局のインクジェット機械印、その後 | Main | 有人国境離島法の郵便局関係への適用第1号 »