« 絵馬型合格祈念はがき | Main | 日露首脳会談in長門市 »

December 24, 2016

タイ王国の目打入り官製はがき

2016122401

2016122402 サッカー切手収集家の小堀俊一さんから図版提供共どもお知らせいただきました。今年2016年、タイ王国が発行したFIFAワールドカップ優勝およびUEFAヨーロッパ選手権優勝の各シリーズ絵はがき(官製はがき)の料額印面の四周に目打穴が穿孔されているとのことです。私が変り種切手好きなのを見越してご教示いただいたものと思います。いつもご配慮いただきありがとうございます。

 料額印面の部分拡大図を示します。このような加工をしている例としてはがき以外では、エログラム(航空書簡)ではガイアナ、公式初日カバーのカシェ部に穿孔した中国など数点を所持しています。しかし、タイ王国のような積極的とさえ思える用例は前例がありません。

 マサスタンプの山本誠之さんがビジネスで渡泰されたつど、やはり気付かれて実逓便を送ってくださっていました。最初にご恵送いただいたのがタイ仏暦2556年(西暦2013年、平成25年)のことでした。しかもわざわざ印面切り抜き使用例まであつらえていただき、さすがプロは違うなと唸らされたものでした。
 2014年のワールドカップサッカーの時も同様の”穴開き官製はがき”をご恵送いただいているので、このたびの小堀さんからの2016年の事例も連続性を感じます。

 切手より厚いはがき用紙に目打を開けるなど、たいへん難儀なことと思います。一体いかなる理由でこうなったのか是非とも理由を知りたいところです。
 なお、小堀さんが確認されたところによりますと、2016年の絵はがきシリーズの製造はロシア(政府印刷所?)だそうです。

▼左側に貼られている5枚が印面切り抜き使用例
2016122403

▼FIFAワールドカップサッカー・ブラジル大会の記念はがき
2016122404

|

« 絵馬型合格祈念はがき | Main | 日露首脳会談in長門市 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タイ王国の目打入り官製はがき:

« 絵馬型合格祈念はがき | Main | 日露首脳会談in長門市 »