« November 2016 | Main | January 2017 »

December 2016

December 31, 2016

郵趣ダイアリー2016のまとめ

2016123101 6月から始めた郵趣ダイアリーも年末で7ヶ月が経過しました。そのボリュームが左写真の通り4cm幅のB5判リングバインダー2冊になりました。初年度は試行期間ととらえ、なるべくなんでもファイリングするように心がけました。その結果、A4判にサイズアップすること以外に不都合・不具合は特に思い当たりませんでした。とりあえずなんでもファイリングすることで整理できます、散逸を防げます、末尾に記しました索引で瞬時にファイル場所を探し出せます。大晦日でもあり、その試行の実際をご覧いただくことにいたします。

◆さしあたってもっとも多いのが来信郵便物の収納です。差出消印の日付に合わせてダイアリーのページに仮貼りしていきます。必要に応じてルーズリーフを追加して収納キャパを増やします。

2016123102

◆ゆうパックも伝票部分を切り抜いて保存します。日本郵便さんのサイトで、お問い合わせ番号で輸送経過も調べてプリントアウトし、これもファイリングしました。

2016123103

◆後からいくらでも追加できる例です。日本郵政さんが上場して最初の株主総会、その際に使われた小型印付きはがきを1枚持っていただけでした。それが株主総会文書一式を寄贈していただけたのでクリアファイルにとじ穴を開けて一式をまとめました。

2016123104

◆収友が長野県に帰省した折に代理購入してもらった「型染めはがき」です。信越支社のみで販売された羊毛混合紙のはがきです(料額印面はなし)。これも異物混合アイテムのひとつということでプレスリリースとともにファイルしました。

2016123105

◆天皇陛下の生前退位に関する自作郵趣品です。お言葉全文をプリントアウトし、その余白に自作カードを仮貼りしました。

2016123106

◆2016年最大のトピックはリオ五輪・同パラリンピックです。日本柔道勢最初の金メダルを獲得した大野将平選手(山口市小郡出身)を皮切りに、山口県出身・所縁の選手たちの活躍をことごとく記念カードにしつらえました。右側は山口市への凱旋パレードの場面をカードにしました。
 2016年はセブンイレブンさんのはがきプリントを本格的に郵趣利用した記念すべき最初の年でもありました。実使用の前にテスト使用したアイテムもすべてファイルしています。

2016123107

◆時には郵便関係以外も収納しました。ゆうちょ銀行さんが6月から新キャラクター「ゆうちゃん」に本木雅弘さんを採用しました。当初作成された年金サービスのパンフレット表紙のキャッチコピーに問題があり、山口県では8月くらいから差し替えが行われました。その事由と新旧双方のパンフレットをファイルしました。
 右は下関市立美術館での特別展でのフライヤーやポストカードに記念押印したものです。なんでも郵趣品化活動の一環で製作したものもファイルしました。

2016123108

◆広島カープリーグ優勝記念号外です。その日に広島まで行って記念押印できればベストだったのですが、せめてもの記録にと号外をファイルしました。これは郵趣ダイアリーの「郵趣」より「ダイアリー」機能を重視した結果だと自己正当化しています・・・

2016123109

◆郵便局で手に入るチラシ類もファイルしています。1月30日開局予定の山口郵便局(地域区分郵便局)の社員・アルバイト募集のチラシです。この手の副次的資料はなかなか適した保存場所がないものです。そういう時こそ郵趣ダイアリーです。いつどこで入手したかも記録できます。

2016123110

◆地元山口県に関するもののみフレーム切手のプレスリリースもデジタルデータ保存と同時にプリントアウトもファイルします。フレーム切手を収納する専用アルバムもあるのですが、プリントアウトだけでもファイルしておくといざという時に探しやすいというメリットがあるからです。

2016123111

◆これもあえて同じアイテムを本来の専用アルバムと同時に郵趣ダイアリーにもファイルした例です。A0001組とA0002組がともに地元で出現したので、郵趣ダイアリーにもファイルしておき、通常の図版コピー等はこちらを使います。専用アルバムに収めた方がコレクションの本命で、なるべく痛めないように配慮しています。

2016123112

◆分類に窮するものこそ郵趣ダイアリーです。年賀はがきの料額印面に私の似顔絵を描いてくださいました。日本では印面汚損で無効になってしまうので別に52円切手が貼ってあります。
 もうひとつはたまたま萩郵便局のゆうゆう窓口で記念押印してもらったものです。局名表示が「萩」の1文字しかありません。窓口で使われているのは「山口・萩」表示です。分社時代の名残ですね。
 このようにファミリーを形成できるほどの同類品がない場合、うかつに収納してしまうとどこにあるか容易にわからなくなるものです。そんな時、なんでも郵趣ダイアリーに仮止めと決めてさえおけば紛失を免れることができます。

2016123113

◆事件事故を記録した自作記念カードも郵趣ダイアリーにファイルします。当該用件だけでなく、その前後にどんな事柄があったのかも把握できるようにです。博多駅前の大陥没事故も復旧11日後に現地に行きました。その日の早朝に7cmほど沈下があり一時通行止めになりました。そのこともルーズリーフに書き加えました。

2016123114

◆日露首脳会談in長門市の自作記念カードです。これは特に説明不要でしょう。

2016123115

◆郵趣会報もことごとく電子版に移行しました。紙版は基本的に極力入手しないようにしています。それでもなお、どうしても紙媒体やむなしの場合、郵趣ダイアリーに綴じ込んでいます。

2016123116

◆これが郵趣ダイアリーの索引です。7ヶ月間で586項目になりました。テキストデータだけなので容量はわずか483KBです。データベース構築ソフトのファイルメーカーProを使用しているので、検索や並び替えがクリックひとつでできます。これのおかげで郵趣ダイアリーのどこに何があるかが瞬時にわかります。
 本業仕事で膨大な量の図面を書きます。それを紙媒体だけでファイルしていると数年でどこに何があるか容易にわからなくなってしまいます。これを解決するためにデジタルで索引を作ることにしました。かれこれ20年以上になります。そのノウハウを郵趣に応用したものです。

2016123117

 皆さま、よいお年をお迎えください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2016

安倍総理の真珠湾慰霊と飯田房太海軍中佐

2016122801

 安倍総理大臣とオバマ大統領が真珠湾を慰霊したニュースを見ていました。すると・・・

 『真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊した安倍首相は所感表明の中で、旧日本海軍の飯田房太中佐について触れた。前日、ホノルル市内のカネオヘ海兵隊基地を訪問して、飯田中佐の記念碑に献花し黙祷を捧げた。
 飯田中佐は真珠湾攻撃で燃料タンクに被弾したため、機体を米海軍基地格納庫に突入させて戦死した。米海軍は飯田中佐の勇気をたたえ、基地内に埋葬。真珠湾攻撃30周年の1971年に記念碑を建てた。』

 安倍総理と同じ山口県出身というのでさっそくググりましたらあらびっくり。山口県都濃郡富田村出身って・・・私の勤務先のすぐ近くではありませんか。今の周南市富田のことです。菩提寺の浄真寺もいつも行くアルクのすぐ裏です。
 これは今年最後の郵趣活動と決め、出勤途中に新南陽郵便局に立ち寄って風景印で記念押印しました。それにいつものようにカシェを後印刷して仕上げました。

 恥ずかしながら飯田中佐のことは全く存じませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2016

12月、山口市はクリスマス市になる。

 室町時代、山口は「西の京」として京都を凌ぐほどの栄華を誇っていました。その時空へ、宣教師フランシスコ=サビエルが来山。第31代当主大内義隆はサビエルの布教の願いを寛容な心で受入れ、翌1552年12月9日、山口の地で降誕祭が行われました。これが日本で初めてクリスマスが祝われた日と記録されています。
・・・との公式パンフレットの説明文を記した最初の記念カードを作ったのは4年前の2012年(H24)。降誕祭から460年後、それが最初のクリスマス市になるキャンペーンでした。最初でしたから記録のために切手の博物館さんにもカードを送るなどしましたが所詮ローカルイベント、とりたてて大きな話題になることもありませんでした。

2016122601

 それからさらに4年後の今年2016年(H28)、ついにフレーム切手の発行と小型印の使用が実現しました。小型印初日の12月1日は仕事で動けなかったので最終日の今日26日に記念カードを作りました。これぞラスト・クリスマスでした。
 小型印は、山口サビエル記念聖堂と絆をテーマとしたロゴの共通図案で、山口中央、山口中市、山口神田、山口湯田そして山口平川の5局で使用されました。このうち、市街地からいちばん遠い場所にある山口平川局の押印数がもっとも少ないだろうと予想して選局しました。
 なお、山口平川局が卓球の石川佳純選手の地元最寄局です。リオ五輪の時は記念押印にたいへん活用させていただきました。

▼4年前の記念カードはサビエルの生誕地スペインのナバラ州パンプローナ市にも局留で送りました。翌2013年2月に無事に戻ってきました。

2016122602

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 24, 2016

日露首脳会談in長門市

 会談当日の12月15日は規制が厳しくてとても郵便局には近寄れないだろうと思い、月初めに長門、山口湯本の両局に直接訪問し、記念押印物を預けてきました。それが手元に戻って来まして、カシェ印刷も終えて仕上がりましたのでご覧いただきます。

2016122405

2016122406 いきなり晋ちゃんセットとはまた何?とお思いのことでしょう。長門市に行く道すがら、道の駅於福に立ち寄った際に偶然見つけたものです。長門市の大津醤油さんが作られたもので、中には小さなペットボトル容器に入ったポン酢、だし醤油、さしみ醤油の3本が入っていました。これは安倍総理の経済政策”三本の矢”へのオマージュだそうです。フロント面を切り抜いて押印台紙にしたらアルバムリーフにぴったり収まりそうだと直感したので迷うことなくGETしました。税込700円でした。
 もちろん”三本の調味料”はおいしく使わせていただいていますよ。

 メインの製作物は外信はがきへの記念押印でした。長門局には両首脳の写真を後印刷してカシェにしました。また、山口湯本局は会談場所の大谷山荘さんにもっとも近い局ということで選びました。それゆえカシェも大谷山荘の全景写真にしました。

2016122407

 なお、晋ちゃんセットに付いていたプーチン大統領のタグも決して無駄にはしません!。これ一枚のみですけれどもカシェ代わりに貼り付けて記念カードに仕立てました。案外、これがいちばんのお気に入りだったりするのです(笑)。

2016122408

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タイ王国の目打入り官製はがき

2016122401

2016122402 サッカー切手収集家の小堀俊一さんから図版提供共どもお知らせいただきました。今年2016年、タイ王国が発行したFIFAワールドカップ優勝およびUEFAヨーロッパ選手権優勝の各シリーズ絵はがき(官製はがき)の料額印面の四周に目打穴が穿孔されているとのことです。私が変り種切手好きなのを見越してご教示いただいたものと思います。いつもご配慮いただきありがとうございます。

 料額印面の部分拡大図を示します。このような加工をしている例としてはがき以外では、エログラム(航空書簡)ではガイアナ、公式初日カバーのカシェ部に穿孔した中国など数点を所持しています。しかし、タイ王国のような積極的とさえ思える用例は前例がありません。

 マサスタンプの山本誠之さんがビジネスで渡泰されたつど、やはり気付かれて実逓便を送ってくださっていました。最初にご恵送いただいたのがタイ仏暦2556年(西暦2013年、平成25年)のことでした。しかもわざわざ印面切り抜き使用例まであつらえていただき、さすがプロは違うなと唸らされたものでした。
 2014年のワールドカップサッカーの時も同様の”穴開き官製はがき”をご恵送いただいているので、このたびの小堀さんからの2016年の事例も連続性を感じます。

 切手より厚いはがき用紙に目打を開けるなど、たいへん難儀なことと思います。一体いかなる理由でこうなったのか是非とも理由を知りたいところです。
 なお、小堀さんが確認されたところによりますと、2016年の絵はがきシリーズの製造はロシア(政府印刷所?)だそうです。

▼左側に貼られている5枚が印面切り抜き使用例
2016122403

▼FIFAワールドカップサッカー・ブラジル大会の記念はがき
2016122404

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2016

絵馬型合格祈念はがき

 九州ではおなじみの新年恒例企画です。120円切手を貼ればそのまま郵便で送ることができます。受験生の応援にどうぞ。

20161223001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2016

ゆうゆう窓口の24時間営業廃止

 山口県ではゆうゆう窓口24時間営業の徳山、宇部、下関の3郵便局が8~20時(平日、土曜、日・休日とも)に短縮されます。営業時間が24時間から12時間に半減です。これで山口県での24時間営業局は山口中央郵便局ただひとつだけになります。
 泊まり勤務廃止ということです。来春から続々開局する地域区分郵便局との関連があるようですが詳細は不明です。
 ゆうゆう窓口の営業時間短縮については各局で張り紙が出され始めているようです。ご確認を。
(情報提供はY.Hさん)

▼宇部郵便局の張り紙です
2016122001

▼下関郵便局の張り紙です
2016122002

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2016

レターパックの選挙事務使用例

2016120401

2016120402 寄贈品の中から出てきてびっくりしました。郵便局にお勤めの方なら常識かもしれませんが、カタギの郵趣家にとっては3秒くらい息が止まりました。

 品名欄には「不在者投票在中」、余白には「選挙事務」の判が押されています。いずれも差し出しの横浜市泉区選挙管理員会が押したものでしょう。
 寄贈者さんの証言によると横浜市泉区選挙管理員会で手続きをしたらレターパックで書類一式が送られてきたとのことです。消印は横浜泉26.12.8。到着印は磐田26.12.10。
 内容物はまず送り状が一枚(左図)。比例区と小選挙区の一覧が一枚ずつ。そして投票に必要な「投票のご案内」等一式が入った選挙事務封筒です。

2016120403

2016120404

 レターパックがいかに使い勝手の良い特定封筒であるかよくわかる事例ですね。どんな用途で使われているか興味が出てきました。幸いにも航空機搭載時の安全確認のため、品名を具体的に書くことになっていますので好都合です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2016

緊急告知:探しています

2016120101 昨年平成27年9月頃に長崎県の大村郵便局で約1ヶ月間、和欧文機械印を使用したようです。その実際の使用例である封筒かはがきを探している収友がいます。1通2,000円で何通でも買いますとのことです。
 図の通りで、和文と欧文の両方を表示した和欧文機械印(郵便消印)をお持ちの方がいらっしゃいましたら私・椙山にご一報いただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2016 | Main | January 2017 »