« リオオリンピック・パラリンピック山口市民祝賀祭 | Main | かんぽ生命の新キャラクター本日デビュー »

September 28, 2016

国内最大手の兼松日産農林がマッチ事業から撤退

2016092804

 家庭用マッチの製造販売国内最大手の兼松日産農林株式会社さんが、来年3月31日でマッチ事業から撤退すると発表されました。使い捨てライターなどの普及により市場規模が激減。兵庫県の淡路工場だけで製造を続けていたものの、製造ラインの老朽化で故障が頻発するなどしたことから事業撤退を決めたものです(9月27日報道発表)。
 かつては切手収集と並びマッチラベルの収集も盛んに行われていました。マッチラベルをカシェ代わりに封筒に貼り付けた初日カバーや記念カバーなども作られていたこともあり、両方を嗜まれる趣味人も多くいらっしゃいました。時代の変化とはいえ、一時代の終わりを象徴する出来事です。
 現在の「桃」「燕」「象」などのブランドは同業他社の(株)日東社(兵庫県姫路市)に譲渡されるそうです。ただし「兼松日産農林株式会社」の社名入りマッチは、いずれ市場から姿を消す運命にあります。同社社名入りのパッケージラベルをカシェにしたさようなら記念カバーを作られませんか?。
 同社ホームページ掲載地図によると、マッチ部工場は津名生穂郵便局のすぐ近くにあることがわかります。3月31日は金曜日なので通常通りの記念押印・引受消印とも可能です。

[参照]http://www.knn.co.jp/whm/profile/awaji.html

|

« リオオリンピック・パラリンピック山口市民祝賀祭 | Main | かんぽ生命の新キャラクター本日デビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国内最大手の兼松日産農林がマッチ事業から撤退:

« リオオリンピック・パラリンピック山口市民祝賀祭 | Main | かんぽ生命の新キャラクター本日デビュー »