« 福原愛さん、ご結婚おめでとう | Main | リオオリンピック・パラリンピック山口市民祝賀祭 »

September 28, 2016

ミッフィー展

2016092702

 ミッフィーの誕生60周年を記念して開催されている同展を見に島根県立石見美術館に行ってきました。ミッフィー誕生当初の初版デザイン、絵本のフォルムを正方形に近い形に変更し今に続く基本形ができた第2版、さらに製作過程を撮影した動画など見応え十分でした。

 とりわけ製作工程は興味深く拝見しました。ぶっちゃけ、今はもうパソコンで描いているのだろうぐらいに嵩をくくっていたのですがぜんぜん違いました。今でもトレーシーングペーパーで下絵を描き、それを柔らかく少し凹凸のある紙に転写。それを面相筆のような細い平筆で手描きされているとは畏れ入りました。よく見ると紙の凹凸によって描線が少し震えています。それもまた個性なのだとディック・ブルーナさんご自身が映像の中で語っておられました。
 また、ブルーナさんはもともと出版関係のデザイナーでもあったことから、フォントにもずいぶん神経を使われている様子が伺えました。原画の上に写植文字を焼き付けた透明フィルムを重ねて出稿された版下など、1980-90年代のデザインワークを経験した私のような世代にとってはたいへん懐かしいものもありました。
 やはりミッフィーはデザイン、イラストレーションを超えた領域に踏み込んでいるアート作品だということがよく理解できました。簡単に言うと、ミッフィーはカワイイだけでは収まらないということです。
 なお、ミッフィー誕生60周年を記念し、180センチの真っ白なミッフィー立像60体にオランダと日本のアーティストやクリエーターがペイントや装飾を施したアートパレードも展示されています。

 入場券半券と、会場限定販売の最初期ミッフィーデザインのポストカードに、益田郵便局の和文印を記念押印して参観記念郵趣品としました。また、受付カウンターでお願いすればグラントワの記念スタンプも押させてもらえますのでぜひどうぞ。

|

« 福原愛さん、ご結婚おめでとう | Main | リオオリンピック・パラリンピック山口市民祝賀祭 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ミッフィー展:

« 福原愛さん、ご結婚おめでとう | Main | リオオリンピック・パラリンピック山口市民祝賀祭 »