« セブンイレブンのはがきプリントを試してみました | Main | 郵トピア制定都市・種田山頭火ふみカード »

September 07, 2016

平均79%

2016090701 日本郵便さんのご商売の邪魔をする気はありませんのでこれまで黙っていました。当選番号も発表されたので、そろそろ公開したいと思います。それは今年のかもめ〜るです。ただし、かもめ〜るそのものではなく、その申込用紙がウオッチ対象でした。
 A4判両面印刷の申込用紙は全国津々浦々の郵便局に配布されました。1局あたり500枚としても軽く一千万枚を超える数です。ですから慎重にも慎重な校正がなされたはずですが・・・痛恨の印刷ミスがありました。商品番号の③がダブっていたのです。

2016090702 当初は各局が手書き等で訂正し、じきに訂正用上貼りシールが配給されました。いずれの方法に関わらず、きちんと訂正がなされているかどうかを近隣局でリサーチしました。その総数は80局。結果、全体の訂正率は80局中63局の79%でありました。
 旧普通局は完璧で17/17局で100%でした。お見事です。ところがそれ以外の旧特定局となると49/60局で73%と大きく低下。サンプル数が少なすぎるので参考になりにくいものの、簡易局に至っては0/3局で訂正率0%でした。
 簡易局は業務委託をしているだけですから除外するとして、旧特定局の73%をどう評価されるでしょうか。例えばK局では申込用紙を仕舞い込んだまま見つけ出すことができませんでした。F局ではなんと「申込用紙のようなものはありません」とさえ断言されてしまいました。

2016090703

 逆に素晴らしいと思ったのは申込用紙そのものをスキャンしてパソコンに取り込み、画像上で訂正を加えていた局がありました。それをデータ保存し必要のつどプリントアウトしてお客さんに手渡していました。これは局名を出しても良いでしょう、南陽福川局です。
 コピー用紙であることに加え、四周に白いマージン部分があるのでオリジナルとの区別が容易です(上図)。

2016090704 中にはノベルティーを付けている局もありました。京橋局は麦茶のティーバックまでありました。これは各局が自由に使える予算の有無も関係していることでしょう。がしかし、さすが京橋局です。他ではせいぜい飴ちゃんを貰えただけでした。

 リサーチ終了後の現在、訂正が全く入っていない未使用完全品(笑)の申込用紙が手元に10枚ほどあります。用済みの現在、紙くずコレクターとして大事に保存したいと思います。

|

« セブンイレブンのはがきプリントを試してみました | Main | 郵トピア制定都市・種田山頭火ふみカード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 平均79%:

« セブンイレブンのはがきプリントを試してみました | Main | 郵トピア制定都市・種田山頭火ふみカード »