« July 2016 | Main | September 2016 »

August 2016

August 30, 2016

はこぽす

2016083002 首都圏を中心に、地味めながらも設置が拡大している「はこぽす」。恒久的なサービスとなるのか、それともコンビニ受け取りへの橋渡し的・過渡期対応なのかはわかりませんが、せっかくなのでお近くの方は実逓便を1通でいいですから作っておかれることをお勧めします。長年の勘でそう感じるのですよ。
 というか、私自身、リーフに収まりそうな小さいサイズでいいので資料用に1通欲しいです。文庫本のようなお手頃サイズの商品なら展示や収納の際にたいへん好都合です。
 ちなみに明日8/31にはJR東日本茂原駅に、来月9/13には中部地区で初、愛知県知立市の複合施設「THANKS」内に設置と報道発表になっています。

◆参照:はこぽすトップページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山口県民が開拓した北海道札幌市手稲山口地区

2016083001

 札幌市の西北部にある手稲山口地区。そこは山口県民の入植者によって開拓された・・・というTVニュースを見てびっくりしました。
 山口県はハワイやアメリカ西海岸への移民、周防大島出身者による対馬移住と漁労伝授などはよく知られているところです。私の曽祖父母も戦前にサンフランシスコに渡り、釣り具と古美術の商売で財を成したものの、戦時中に日系人収容所に押し込められたことでアメリカに失望し、戦後に日本に戻ってきたことは以前にも記事にしたことがあります。
 しかし、北海道開拓民がいたことは全くの不勉強で存じませんでした。報道によるとかつて道内には6つの山口県人会が存在したこと。しかし、世代も移りかわって移民4〜5世になり、いずれもが活動停止しているとのことでした。村岡山口県知事が手稲山口地区を訪問し、道内の県人会をひとつにまとめて再興を期したいというその場面をTVは映していました。
 手稲山口地区は残念ながら地区内に郵便局は現存しません。道路を挟んだすぐの場所にひとつの郵便局とひとつの簡易郵便局があるのみです。ただ今はさしたるアイデアがあるわけでもないのですが、いずれ顕彰・記録のための郵趣品作成をと考えているところです。北海道在住の収友のご協力をお願いするとともに、備忘録としてブログに記しておきたいと思います。

◆参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/手稲山口

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2016

リオ五輪、山口県関係選手の顕彰カード完成

2016082801

 表題の通り、山口県出身もしくはゆかりのある選手が大活躍のリオデジャネイロ・オリンピックでした。メダリストが5人もいらっしゃったなんてことは県政史上初めてのことではないでしょうか。9日にいきなり大野将平選手が75キロ級で日本柔道勢初の金メダルを獲得したことで私も決意しました。県関係者の全メダリストの記念顕彰カードを作ることを。
 大野選手は最初でもあり、なおかつ金メダルでしたので上のように外信はがきバージョンでも作成しました。その他は時節に合わせてかもめ〜るで作成しました。なお、押印日は時差が大きいためいずれも日本時間で行いました(と言うより現地時間での押印は日本では無理だし)

2016082802

左)男子柔道73キロ級で山口市出身の大野将平選手(24)が日本柔道勢初の金メダル。山口市の良城小学校卒にちなみ山口吉敷郵便局の風景印押印(8月9日)。
右)男子柔道100キロ超級で下関市出身の原沢久喜選手(24)が銀メダル。下関局で押印(8月13日)。

2016082803

左)男子グレコローマンスタイル59キロ級で柳井学園高等学校卒の太田忍選手(22、青森県出身)が銀メダル。柳井局で押印(8月15日)。
右)男子卓球団体で日本が銀メダル。水谷隼(27)、丹羽孝希(21)、吉村真晴(23)の3人。このうち吉村選手は茨城県出身、山口市の野田学園高等学校卒。野田学園最寄りの山口後河原局で押印(8月18日)。

2016082804

 手に汗握る大接戦とはまさに彼女たちの戦いでした。女子卓球団体戦で日本が銅メダル。福原愛(27)、石川佳純(23)、伊藤美誠(15)の3人。このうち石川佳純は山口市出身、山口市立平川小学校卒。同小学校のほぼ目の前と言って良い場所にある山口平川局で押印(8月17日)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2016

猫まみれ展

2016082001 本業会社から車ですぐなので行ってきました。会場の周南市美術博物館も記念スタンプの類はないので、いつものように入場券半券に52円切手を貼って記念押印してきました。毎度、徳山郵便局では面白くないので、最寄り局である徳山一番町郵便局にしました。
 特別展に合わせて様々な猫グッズが販売されていました。残暑見舞い状に何通かを買い求め、自分用には「サーティーニャン・アイスクリーム」パロディ・ポストカードをKEEP。また、以前から切手型シールも好きであれこれ集めていますので、ジャン・コクトー作のシートを買い求めてきました。
 有名なフジタの猫の作品もありますよ。まだの方はぜひご参観ください。

2016082002

2016082003

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2016

売れなくなったグリーンピース切手

2016081401

 ニジェールが1998年に発行したウミガメ保護の小型シートです。切手代理発行会社が勝手にロゴマークを使用しただけで、グリーンピース自身が関与したものとは考えられません。国際的なセールスを目論んでの切手代理発行会社の独断です。
 日本ではグリーンピース・ジャパンが鯨肉宅配便窃盗事件(2005)を起こしたことが報じられ、これによりグリーンピースの悪印象は決定的なものとなりました。今では辺野古への米軍基地移設に反対、伊方原発をはじめとする原発反対など、絵に描いたような反日左翼テロ集団であることが明らかとなりました。よって、今までは環境保護関連の切手としてこれらを扱っていましたが、シーシェパードなどと同じ「環境テロ組織」という現代史の一分野として切り離すべきと考えています。
 どうやら悪評は日本だけではないようで、1990年代にはけっこうな数が発行されていたグリーンピース切手も今世紀に入ってからは激減。既発行券もebayでは何でもかんでも$1〜2程度の投げ売り状態で、それでも買い手がつかないようです。当然の結果でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2016

錦町簡易郵便局 業務再開

2016081201

 昨2015年(平27)7月末をもって一時閉鎖されていた錦町簡易(にしきちょうかんい)郵便局が、週明けの8月15日に業務再開とのプレスリリースがありました。朝一で仕事の予定があるので押印には行けません。郵頼をしようと思います。
 下は一時閉鎖になることを知らず、たまたま撮影した昨年5月19日に訪問した際の局舎写真です。
 ほぼ1年での業務再開はたいへん喜ばしいことです。

2016081202

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2016

天皇陛下のおことば、大野選手金メダル

2016081001

 8月第2週は冒頭からビッグニュースが立て続けに伝えられましたので記念カード作りも慌ただしい作業となりました。

[象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば]
 郵頼をしておりませんでしたので、午後3時からのTV放送に合わせ、仕事場近くの新南陽政所(しんなんようまどころ)郵便局で12-18時間帯表示の午後印を記念押印しました。局選択に特段の縁はありません。
 昼食後の正午過ぎに訪局したところ、お客様ルームには見事にお客さんがいません。押印終了の間、ATMでお金をおろしに来た人が2人来ただけでした。この日はリオ五輪に加え、ちょうど高校野球で山口県代表の高川学園の試合が組まれていたためでしょう、とは局員さんの談。なるほど〜。
 3時の休憩時間に本業会社で放送を視聴しました。ありがたさと切実さに言葉を失い涙した方々も多かったに聞いています。私もまたその1人でありました。

[大野将平選手が金メダル獲得]
 リオ五輪、男子柔道73キロ級で山口市出身の大野将平選手(24)が日本柔道勢最初の金メダルを獲得しました。朝の訪問介護が終わってコンビニでネットに接続していた時にニュースを知りました。
 大野選手は良城小学校のご出身だということは知っていましたので、最寄り局にあたる山口吉敷(やまぐちよしき)郵便局に記念押印に行くことをその場で決めました。同局に電話して風景印と欧文印の準備をお願いしてから向かいました。図案は維新百年記念公園の陸上競技場を描いています。柔道とは直接関係はありませんが、スタジアム建設に自分も直接携わりましたのでちょうどいいかなと(笑)。
 なお、オリンピックは国際的なイベントなので外信はがきでも記念カードを作りました。

2016081002

 山口吉敷局に向かう途中、押印台紙に使い回せそうなパンフレットはないかと、これまた思いつきで山口市役所に立ち寄りました。入口脇に山口市ゆかりの代表選手の掲示があっただけで、他には特に何もありませんでした。総合案内で調べて頂いたのですが、市民報の8月1日号に1ページの選手紹介記事があるだけ。しかも大野選手の年齢24歳を23歳と間違えてるし(怒)。市民報をお持ちの方は9ページを参照ください。
 山口県は昔から特定の個人を崇拝するのを避けるメンタリティーがあります。気持ちのどこかに最初に組織ありきの気風が根本にあるからだと思います。私もそうです。例外は吉田松陰先生ぐらいでしょうか。
 試合の最中、地元の公民館では80人が集まってのパブリックビューイングが催されたそうですし、市役所も午後には金メダルを讃える懸垂幕を掲げたようです。しかし、もうちょっと「ちゃんと誉める」ことがあってもいいように思われませんか?。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2016 | Main | September 2016 »