« 東洋曹達工業株式会社工場建設地 | Main | ヒデキを探せ! »

June 08, 2016

シール切手の劣化

2016060801

 これまでもシール式の外国切手の劣化について取り上げてきました。郵趣先進国の中で特に注意していたオランダが顕著です。カバーに貼られていた切手がいとも簡単に剥離するセルフ糊の黄化・固化現象が深刻です。そしてこのたび、未使用フルシート、ペーンでも同様の現象を確認しました。

2016060802 有名なレンブラントの「夜警」を取り上げた2000年発行のセルフ糊切手です。切手部分も優先郵便表示用PRIORITYシールも簡単にはらりと剥がれました。糊の接着性能は完全に失われ、裏面を指で触ってもベタつきも何もありません。地の部分も含めてあちこちが浮き上がっている状態で、物理的にペーンが崩壊しかかっています。フルシート、フルペーンの形状が維持できないというのは前代未聞の事態です。しかも発行後わずか16年で、です。
 幸いにも日本切手では同様の現象は確認されていません。オランダ郵政は今後どのような対策を講じるのか、あるいは講じないのか、まったくわかりません。

◆参照ページ 警告:シール切手の劣化が始まった

|

« 東洋曹達工業株式会社工場建設地 | Main | ヒデキを探せ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シール切手の劣化:

« 東洋曹達工業株式会社工場建設地 | Main | ヒデキを探せ! »