« April 2016 | Main | June 2016 »

May 2016

May 30, 2016

リオデジャネイロ五輪切手の発行始まる

2016053001

2016053002 リオ五輪記念切手の詳細が全世界で公表され始めました。リヒテンシュタインのも6月6日に2種の記念切手を発行します。
 切手原画を担当したのはブラジル出身のRomero Britto(ロメロ・ブリット)、テーマはアーチェリーと柔道です。注目は印刷方法で、オフセット4色に加え、国名や額面など銀色の部分がホットスタンプ方式の銀箔押しになっているところです。
 リヒテンシュタインのお家芸とも思えるのがマキシマムカードの出来の良さで、今回も例外ではなくいい写真を使っています。
 なお、Romero Brittoはこれまでにもいくつか切手原画を手がけていまして、2008年に国連が発行した北京五輪記念切手5種も彼のデザインです。参考までにその6種も左に示しておきます。

 リヒテンシュタイン郵政の広報誌をfacebookに高解像度でアップロードしましたので詳細はそちらを参照ください(ここをクリック

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2016

Obama First US President to Visit Hiroshima

2016052901

 現職の大統領として初めて米オバマ大統領が被爆地・広島を訪問しました。そのメモリアルカードを2種作成しました。
 上は国際的な事柄ですので国際はがきを使った英語バージョンです。下は歴史的和解のニュアンスを特に強調した日本語バージョンです。
 隣県なので仕事がなければ直接押印に行こうかと思いましたけれど、厳しい警備体制を考慮して、今回は事前郵頼しました。G7サミットの広島切手をご提供いただいた大沢秀雄さん、お忙しい中、記念押印に応じてくださった広島中央郵便局郵便窓口部様には特に御礼申し上げます。

2016052902

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2016

ドット絵切手

2016052805

 台湾の李婉慧さんからご恵送いただきました。いつもありがとうございます。

 5月20日に蔡英文氏が第14代台湾総統に就任されました。女性総統の誕生は史上初です。しかもその就任記念切手が昔のファミコンのドット絵キャラで話題になっています。うまく特徴を捉えていて似ていると評判です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マキシマムカード作りに最適!

2016052804

 大阪府の北浦秀明さんからご恵送いただきました。いつもありがとうございます。

 兵庫県尼崎市のホームページに市制100周年記念はがきのデータが掲載されています。デザインは8種類で自由にダウンロードして使えます。
 そのデザインはいずれも切手を貼って記念押印するのに都合の良いような空白があります。まるで郵趣の趣味のある人がデザインしたかのようです・・・とは北浦さんの弁。確かに、確かに。
 近在の方、ぜひダウンロードして小型印なり風景印を押されて8種コンプリートされてみてください。

市制100周年記念ポストカードテンプレート

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジンクス

2016052803

 私が住んでいた場所は、私がそこを離れると発展するというあまり気分の良くないジンクスがあります。東京都調布市の仙川は駅前が再開発されてすっかりお洒落な街になりました。東京都町田市の鶴川もそうです。東京都狛江市の狛江駅周辺もそうであるばかりか、一時的に駐在していた千葉県富里村もいつの間にか市に昇格していました。これじゃまるで私が地域発展を阻害してる原因みたいではありませんか。

 鹿児島県に移住した時、さすがにそんなことはもう起きないだろうと思いました。
 ところが鹿児島を離れた途端に高速道路が開通し新幹線までできました。
 過去最大級の発展です。

 こきゅこきゅたむたむさん直筆の桜島はがきを見て、さらに発展していくであろうかごっまの未来を強く感じたことでした。ちぇすといけー!。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リユースのコンビネーション・カバー

2016052801

 大沢秀雄さんからご恵送いただきました。奥様から「コンビネーション・カバーを送りましたよ」と伺っていたので、はて何のことやら???と思っていました。

 考えましたねえ〜、カシェなしの白FDCを再使用(リユース)するとは!。

 収集家が個人的に作った白カバーはたいてい持て余されています。切手商さんの店頭でも大した値が付きません。しかし、自分のテーマに沿うものをあらかじめ用意しておけば、いざという時に大変身させることができます。言われてみれば、既存カバーに加貼してのリユース例はアメリカなどでも昔から行われていましたね。
 山口県民としては明治維新150年を前に、明治百年の白カバーFDCを準備しておけとの天啓かと思われてなりません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2016

郵便を出そう・・・その何回目か

2016052501

 これまでも何回も取り上げてきました中原中也記念館の中也ポスト投函カードです(詳しくはここ)。今回はダダイズム関係の展示を見に行きました。
 参観のたびに数枚のポストカードを差し出すように心がけています。以前に行ったことがあっても毎回何かを作ります。郵趣家としての習慣のようなものです。特に中也ポストに投函すれば必ず山口湯田郵便局の風景印を押してもらえるのですから使用例は何枚あっても良いと考えます。
 ダダイズムの影響を受けた「サーカス」のポストカードを買い求め、それに入場券半券を貼り、参観記念スタンプなどを押して自分宛に差し出しました。今は毎週火曜日が取り集め日だったのでタイミング良く翌日には自宅に配達されました。

 ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん


| | Comments (0) | TrackBack (0)

押し花はがき(2)

2016052502

 今年も美祢矯正展に行ってきました。今年は「豊田前 愛のまごころ矯正展」とお洒落なネーミングになってよりソフトな印象でした。
 お目当ての押し花はがきを購入してきました。女子受刑者の刑務作業の一環で、地元のボランティアの先生が製作指導されているものです。当日は一般参観者向けに先生自ら製作体験コーナーも開催されていました。郵趣的には一種の異物混入・添付郵便物になります。お値段は刑務所製品ならではの激安、3枚セットで100円です。
 帰りに美東SAに立ち寄ってハイウェイスタンプも押してきました。2014年12月21日の全面リニューアルオープンに合わせ、下道からもSAを利用できるようになったからです。上りはこの秋吉台で下りは秋芳洞図案になっています。
 帰宅後、美祢社会復帰促進センターの最寄り局である麻生郵便局さんに郵頼で風景印押印をお願いしました。女性の方を中心に8名の方のお手元に届いていることとと思います。

◆参考:押し花はがき(過去記事)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2016

公益財団法人 日本郵趣協会へご入会ください

2016052301 公益財団法人 日本郵趣協会の新しい入会案内が完成しました。従来からある普通会員、正会員、維持会員、ジュニア会員の他に、今年度から新設されたWEB会員が加わりました。

 WEB会員は3,600円というお手軽な年会費でインターネット版「郵趣ウィークリー」(週刊)かインターネット版「世界新切手ニューズ」(月刊)のいずれかの配信を受けることができます。特に後者には私が担当しています世界の新切手紹介記事「ワールド・スタンプ・ナウ」も付いてきます。私も一人でも読者が増えることを期待しています。

 どの会員資格でも共通の入会案内・申込書です。興味がおありの方はどうぞ画面向かって左欄の上から2行目の「メール送信」をクリックすると開くメールフォームでご連絡ください。協会本部から直接お手元に届くように手配させていただきます。
 全国切手展が開催できるのも、全国の有志が年会費を負担して協会を支えているからこそです。趣旨をご理解いただき、一人でも郵趣文化を支える良識ある仲間が増えることを期待しています。どうぞよろしくお願いいたします。

 なお、日本郵趣協会は一般財団法人ではなく公益財団法人です。そのため、年会費は法的には寄附金扱いとなり、所得控除の対象になります。

2016052302

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2016

切手フェスタ

20160521001

 来週末、東京目白の切手の博物館で表題の郵趣イベントが開催されます。ゆくゆくは全国各地の中小規模切手展等へも出張・併催してもらえるように重々依頼しています。その意味でもたいへん重要な第1回です。丸ポストを描く小型印も使用されます(申請中)。お近くの方はふるってご参観ください。入場無料です。

◆詳細はfacebookページをご覧ください。アクセス先はこちらです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2016

阿知須の歴史と文化 ー古川薫・上野英信の背景ー

2016051801

 来る5月20日、山口市南部地域から宇部市内の各ご家庭に上記書籍案内の新聞折込チラシが配達されます。昨年の平成27年11月3日、フィッカルあじすで作家・堀雅昭氏が講演された内容をまとめた一冊です。先に注文先詳細を書いておきます。

◆注文・問合先 よしの印刷株式会社 0836-65-2025
 価格 1冊540円(税別)

 阿知須浦の秘史、海賊衆の痕跡、石炭廻漕船の出現、塩湯の系譜といった興味深い見出しが並んでいます。とりわけ文学に関する記述は注目で、明治25年の『周南』、大正11年の『里の鐘』の創刊についての写真と社会背景は興味深いものがあります。それに続く章では阿知須に関わった作家たちの記事はまったく驚くべきものです。中野真琴、古川薫、上野英信のうち、今も現役でご活躍中の古川薫が若い時代に起こした「事件」については全く知りませんでした。山口県文学界の極北とさえ言われる嘉村礒多の青年時代を彷彿とさせる無頼派に脱帽です。
 また、全編を通して編集の任にあたられたのが郵趣家でもある中川進さん。某所に眠っていた上野英信より中野真琴あて、古川薫より中野真琴あての書簡を発掘・整理され、作家研究資料として使えるように一覧表にまとめておられます。中川さんご自身も仰っておられましたが、これこそ郵趣家ならではの手腕が発揮されたものです。私自身も未だ公表していませんが、廃業した下関在住の漫画家さんが破棄したファンレター一式等、郵趣以外の分野でも活用できるであろう書簡群を所有しています。郵趣家もそんな社会・文化に貢献できるスキルを持っていることを自覚して行動すべきものと思います。

 本書は中川進さんがわざわざ私の自宅までお見えになり、詳しくお話を伺った上で許可を得てブログ掲載するものです。中川さんは現いぐらの館こと旧中川家住宅のご当家筋にあたられます。たまたま私の父が阿知須中学の教壇に立っていた当時の教え子さんであり、たまたま同じ郵趣家ということもあって懇意にさせていただいています。郷土史、文学史そして郵便史に興味のある方はぜひお買い求めください。

2016051802
(古川薫より中野真琴あて書簡のページ)

2016051803
(中川さんのあとがきのページ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2016

アンラッキーな特異日記念

2016051501

 一昨日の13日の金曜日、ブログ予告記事のように、皆さんこぞってベッキーさんの芸能界復帰記念カード・カバーを作ってお祝いされたことと思います。

 残念ながら山口県に住んでいるものですから都会と同じような郵趣活動はできません。いろいろ調べましたところ、404年前(という数字もまた意味深ですが)のこの日、下関の巌流島で宮本武蔵と佐々木小次郎の戦いが行われていた事実を発見。13日の金曜日にして仏滅さらに佐々木小次郎の命日、というトリプルなアンラッキー特異日を記念し、弔事用52円を貼ったポストカードに巌流島と佐々木小次郎の燕返しを描く下関福浦郵便局の風景印を押してきました。

 吉川英治の宮本武蔵の影響で、山口県民は佐々木小次郎は岩国出身と信じ、また故意に遅刻してきた宮本武蔵を内心快く思っていません。鞘を捨てたからといって「小次郎敗れたり!」とか言っちゃって動揺させるなんてなんて嫌らしいやつだ。そんなのが剣豪?。そりゃね、やっちゃいけないとは誰も決めてませんけどね、ちょっとね・・・・横綱が立ち合いの時に横に変化したり張り手を喰らわすようなもんでしょ。そんなんで勝って嬉しいのかよ。ちっ・・・なわけです。

 事実は全然違うそうですがこの際、吉川武蔵の筋書きに則りました。また、カードとは別に弔事用52円官製はがきバージョンも作りました。さすがに「アンラッキーな特異日」をいきなり収友に送りつけるのは憚られました。記念押印で各10枚ずつ作ったのみです。

2016051502

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2016

明日は13日の金曜日にして仏滅

2016051201

 明日の金スマでベッキーさんが芸能界復帰だそうです。まさかとは思いますが、復帰記念カバー・カードを作ろうなんて考えてませんか?。TBSテレビの管轄局は赤坂局ですけどね(こらこら)
 ほんと、まったくの偶然ですけど明日は13日の金曜日にして仏滅という、これまたレアな"特異日"ではありませんか!。だめですよ、変なもん作っちゃ!(誰か作って)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2016

国際国連平和維持軍の日

2016051103

 今月29日に表題の国連切手が発行されます。国連郵政部の新切手広報誌にも詳しい記載がないので、少しばかりググって調べてみました。ゲッティー・イメージズなどの画像ラボ会社のものではなく、国連自身が撮影したもののようです。
 ジュネーブ事務局用1.00fはシエラレオネ派遣に備えて訓練中のモンゴル軍兵士、ウィーン事務局用€0.68は南スーダンのインドネシア軍兵士でした。根気よく調べれば他の写真も詳細が判明することでしょう。

2016051104

2016051105

| | Comments (0) | TrackBack (0)

身体障害者手帳再交付通知書の郵便

2016051101

 昨日、身内の身体障害者手帳の更新手続きを終えて新しい手帳の交付を受けました。「暮らしと郵便」というテーマで収集しているので、このたびの通知書関係も一式保存します。

 伝統郵趣の考え方でいけば内容物には関係なく、ありふれた82円普通切手1枚貼りの駄物カバーに過ぎませんが、以前からその考え方は極端に過ぎると思っていました。中身あってこその郵便物ですから、ガワだけしか見ないというのはどう考えてもおかしい、片手落ちです。むしろ私は「中身あってのガワ」という逆のスタンスです。
 市役所からの通知文書はたいてい市役所名の印刷済封筒が使われているのに、今回だけは無地封筒に障がい福祉課の住所判が押されています。よくある料金後納便でもなく82円切手が貼られています(消印は山口中央28.5.2)。イレギュラーなのはやはり身体障害者手帳の交付はそんなに一度に大量に行われるものではないからでしょう。特に今回は再交付(更新)であり、担当医の診断書を添えて申請しましたので審査も入念に行われたものと思います。実際に申請から交付まで約3ヶ月を要しました。
 残念なことに、行き過ぎたプライバシー保護がこれらの収集や研究の大きな障害になっています。プライバシー保護の名目で、貴重な実物が廃棄され、消され続けているからです。それはあたかも著作権を永遠に認めるがごとき悪法です。やむをえずこうして自分や家族のものを残していかざるをえませんが、親族以外でも基本的に50年を経過したものは一切制限なしとして良いと思います。

2016051102 さて、身体障害者認定を受けると各種の減免措置を受けることができます。重度の場合はNHK受信料の免除と有料道路ETC割引が受けられます。その申し込み封筒が市役所の担当窓口に置いてあったので、それもついでに頂いてきました。
 障害者行政の一環として収集するなら、これらも実際に使われた郵便使用例こそが望ましいのですが、やはり世に出ることなく確実に廃棄されていることでしょう。最終的に歴史を確認できるのは現物による「実物主義」が欠かせないにも関わらず、将来、法律文はあるけれど実物は全く残ってない、実際はどのようなものだったか全くわからない、という最悪の事態になることでしょう。

 今のプライバシー保護は行き過ぎです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2016

郵便局のふるさと会、今年も入りました

2016050901 話は鹿児島在住時代に遡ります。よくある単なる付き合いで九州ふるさと会に入ったのが最初でした。月に3,000円くらいの予算で毎月一回、年12回頒布品が届きます。これが予想以上にけっこう良かったんですよ。で、今年もご縁のある郵便局員さんにお願いして中国ふるさと会に入りました。

 郵趣家のみなさんもこれに入った方がいいです。記念切手をシート買いするよりはるかに感謝されます。郵趣会、郵趣グループもこういう方面の対郵便局さんとのおつきあい対策はちゃんと行うべきです。
 一方の郵便局さんもポスターなどは盛んに張り出されてますが、局員さん自身が積極営業している感じはほとんどしません。この金額でこのクオリティはかなり良いし、もし自分が営業するならすごく売り込みやすい商材だと思います。
 私のオススメは肉の加工品とレトルト関係ですね。冷凍庫で長期保存できるので災害対策用に備蓄目的も兼ねています。加えて各地のそば、うどん、ラーメンですね。趣味丸出しですね(笑)。7月から中国ふるさと会の第1回目の頒布品が届く予定です。今から楽しみです。

 郵便局さんと無縁ではいられない郵趣家の皆さん、どうか懇意の局員さんに声をかけてあげてください。中国ふるさと会は5月20日まで受付可能だそうですよ。

全国のふるさと会の電子カタログ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2016

大蔵省印刷局製の松陰百年祭凹版初日カバー

2016050801

 山口県関係ということで若林正浩さんからご恵送いただきました。いつもありがとうございます。
 間紙(かんし)にははっきりとカバー印刷者が大蔵省印刷局(今の国立印刷局)と明記してありますが、肝心の版元がどこにも記されていません。カシェ部はインクの盛り上がりもはっきりわかる素晴らしい凹版印刷です。小さくKKとイニシャルらしき文字も見えることから、ひょっとして彫刻者は加藤倉吉???。
 詳細をご存知の方がいらっしゃったらぜひご教示ください。

| | Comments (0)

May 05, 2016

コンピューター・ゲームの切手

2016050501

 こどもの日に合わせてコンピューター・ゲームの切手を取り上げました。イスラエルが1990年に発行したそのものズバリ「Computer Games」。当時流行っていたレーシングカー、チェス、バスケットボールの3種を取り上げています。今見るとプリミティブな印象は拭えませんが、どこか懐かしいですね。
 私の郵趣データベースではコンピューター・ゲーム切手としてはこれが最古例です。これをさかのぼる更新例があればどうぞご教示ください。
 なお、世界最古のコンピューター・ゲームは1971年にアメリカで発明された「コンピューター・スペース」と言われています。これに関する郵趣品はまだ何も世に出ていないと思われます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2016

下谷郵便局のカシェスタンプ

2016050207

 これまでも東京中央郵便局の販促用カシェスタンプ、名古屋中央郵便局のオリジナルカシェ封筒(プリントゴッコ印刷)などをご紹介してきました。もちろん、それ以外にも日本橋、渋谷などたくさんの局での使用例を確認しています。それも昭和20年代からありますし、おそらく戦前もあったことでしょう。
 自局調製印のひとつであることから、注視していた人はほとんどいないように思います。しかし、新切手の初日指定局になった際に作られることが多いため、高品質なものが多いことは評価すべきでしょう。今回は動物園100年記念切手の初日指定局であった下谷局の例をお示しします。入手した2種を掲げましたが他にもあるかもしれませんね。
 初日カバーの中でも私製なので売るに売れず扱いに窮しておられる方も多いことと思います。実物を集積し、しかるべき時期に集計結果を発表したいと考えています。
 手押しスタンプだと水平垂直が微妙に曲がります。そのズレこそが手押しスタンプの証拠なので、はっきり曲がっているものほど信頼性があります。冗談みたいな話ですが私は本気です。持て余しておられる方こそどうぞご支援ください。よろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

KITTE博多オープン

2016050204

 2016年4月19日、博多郵便局跡地にKITTE博多がオープンしました。この日は母の通院付き添い&仕事で訪問することができませんでした。しかし、収友とはありがたいもので宅見潔さんをはじめ、さまざまなトピックをお知らせいただきました。特に、テナントの福岡マルイがオープン告知のチラシに52円のフレーム切手を添付して配布したというニュースには驚きました。フレーム切手の活用法としては刮目すべきアプリケーションです。未使用とともに配布地域内の適正使用例も集めたいものです。

 私は少々遅れて5月1日に訪問できました。実際に行ってみますとKITTE博多はぶっちゃけ、ただのマルイでした(笑)。凄まじい人波でおじさんの入り込む余地なし!。オープンとともに話題になったエンジェルポストを撮影してきました。
 一説によると「心臓にミサイル」と言われているようですが、記念撮影する人が後を絶ちませんでたいへんな人気です。待ち合わせ場所のアイコンとしても成功していると思います。
 郵趣家目線で言いますと、ポスト下部にこども用の投函口が設けられている点がトピックです。これもたいへん良いアイデアだと思います。実際にはがきを投函するポーズで写真を撮られている親御さんたちも見受けられました。
 なお、取り集めは博多北郵便局さんのご担当です。

2016050205
2016050206

 残念なことに博多郵便局さんはKITTEの中にはありません。せっかく高い賃料を取れる商業ビルなのですから何も自分たちが入居する必要はないことはよくわかりますが・・・隣接するビルの1階に慎ましく入居されています。博多郵便局がなくなったと早とちりされませんように(←早とちりしそうになった人)。

|

タイムカプセルポスト

2016050203

 通信文化新報の4月18日号に上掲の記事がありました。つくば万博以来、全国各地でさまざまな規模のタイムカプセル郵便が行われていますね。我が山口県もきらら博の最中でしたか後でしたか記憶があいまいで恐縮ですが、タイムカプセル郵便申し込みを募集していたような・・・・
 これまでは郵趣シーンではほとんど取り上げられてきませんでしたけれど、しかし、記録と実物作成・保存は心がけておくべき対象と思います。アクアラインをご利用の際は、この海ほたるPAの4階にありますタイムカプセルポストをご利用になってみてください。本件以外にも行われている例がありましたらコメント等でお知らせください。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

スタンプショウ=ヒロシマ2016

 西日本地区最大の切手展<スタンプショウ=ヒロシマ>が今年も開催されます。会期は6月4・5日(土日)、会場は広島県立産業会館・西展示館です。例年通り入場無料ですので、今から予定を立てておいてください。私も参観予定です。会場でお目にかかりましょう。

2016050201

 実行委員会ラウンジではこんなかわいい記念カバーを頒布します。図のオリジナル記念スタンプも自由に押印できます。カバーに切手を貼り宛名を書いてラウンジ係員にお預けいただければ、当日の広島中央郵便局の風景印を押して発送いたします。どうぞご利用ください。
 なお、記念カバーの数に限りがありますので、数十枚以上の大量購入を希望されていらっしゃる方は、実行委員長の渡邊まで事前にご予約いただけると確実です。電話番号は082-251-5874です。

2016050202

(臨時出張所の開設と小型印の使用はありません。ご注意ください)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2016 | Main | June 2016 »