« March 2016 | Main | May 2016 »

April 2016

April 25, 2016

ハワイ王国はアメリカに武力で併合された

2016042502 支那朝鮮の歴史捏造が酷いことはよく知られているところですが、アメリカもけっこうタチが悪い。それは明らかな歴史事実の汚点をかたくなに認めようとしない狭量さです。ただ今もオバマ大統領が広島を訪問することに異を唱えている保守派がいるそうですが、迎える日本側とて広島訪問がイコール謝罪だなんて考えちゃいません。同盟国のトップがお互いのメモリアル・プレイスを訪問し合うことは外交儀礼のひとつでしかありません。

 そんな折にこんなカシェが付いた初日カバーを見つけたものですからアップロードしないわけがありません。1959年8月21日、ハワイが50番目の州に昇格したことを祝う記念切手、その初日カバーのカシェです。アメリカの船にハワイ女性を礼を尽くして迎え入れているようなイメージイラストで、いかにも昔から友好的であったかのように誤解させます。しかし、事実はまったく異なり、タイトルの通り、ハワイ王国は武力によってアメリカに併合されたのです(1898)。朝鮮人民自身が併合を希求し、それに呼応して国際法に則って合法的に行われた日本による韓国併合とはまったく違います。

 今ではネットでその事実を簡単に知ることができるので詳細は各自で学習してください。ここでは簡略にのみ記しますが、要は外国人(主にアメリカ人)に土地の所有権を認め、参政権を認めたことでハワイの議会が正しく機能しなくなってしまいました。最後は製糖業者が私兵を使ってクーデターを起こし、最後の国王リリウオカラニ女王に退位を強要して王国は1898年に潰えました。アメリカ議会も当初はその強引な手口に批判的でしたが後に追認してしまいます。
 ハワイ王国の悲劇を忘れてはなりません。わが日本国も、出身国への忠誠を捨てられない外国人の移民受け入れや帰化は拒否、在日外国人の参政権、公務員への登用、土地所有なども一部の例外を除いて基本的に禁止が望ましいし、そうでなくては国家の存立が危ぶまれます。絶対に許容してはいけません。
 民族自決の考え方が世界的に認知されるようになったヴェルサイユ条約(1919)以前のことではあるのですが、当時においてもハワイ併合に至る過程が違法だったことを認め、アメリカ合衆国議会が公式に謝罪する両院合同決議を採択したのは、武力併合から95年も後の1993年でした。

2016042503
 上はハワイがアメリカ合衆国50番目の州に昇格したことを祝う記念切手(1959.8.21)、下はそれに合わせて星の数を49から50に増やした今の国旗のデザインが決まった記念切手(1960.7.4)、それぞれの初日カバーです。

|

Postally Valid Sheets

2016042501

 先日の北九州での切手即売会では外国のFDCが100円均一とたいへんお手頃価格でしたので、カバー本体の状態がイマイチでも水剥がしすれば使えそうなものはしっかり抜いてきました。これもそのひとつで、1973年から約30種ほど発行されたPostally Valid Sheetsと呼ばれるもので、購入後に水剥がししました。形状は当時のステーショナリーの料額印面が付いた1枚の紙です。購入者がその余白に切手展などのカシェや記念銘を加刷したもので、特徴的なことは、ただの記念カードではなく実際の郵便物に貼り付けて使うことができた点です。シート上にも”This Souvenir Sheet has postal validity”とわざわざ注記されています。
 詳しくは変形切手収集の第一人者・荒牧裕一さんのホームページ記事「元祖・プライベートオーダーの切手?(イギリス)」をご覧ください。本文末にリンクを貼っておきます。
 興味深いのは余白部分をカスタマイズすることができる点で、荒牧さんも今のPスタンプなどのプライベート・オーダー切手類の元祖だと位置付けられています。私もその見解に賛同していますのでDIY切手のフォアランナーとして入手しました。なお、料額印面のデザインが同一であることから切手ではなくステーショナリーに分類するのが順当でしょう。
 日本ではほとんどその存在が知られていないので、記念カバー類の中に混入していても見過ごされていることが多いようです。それゆえお値段もたいへんお安いようです。プライベート・オーダー切手を熱心に集めておられる方はぜひ入手されてください。

元祖・プライベートオーダーの切手?(イギリス)

|

April 23, 2016

重要・注意喚起を!

2016042301 最近、facebook上で高齢郵趣家の傍若無人ぶり、非常識な発言に関してたびたび投稿があります。何を勘違いしたのか、切手を買ってやるんだから発言する権利があるとでも言わんばかりの態度、発言は厳に慎まなくてはなりません。
 実際に投稿されたものでは、自称「相当な郵趣家」が郵便窓口の担当職員さんに対して高圧的な叱責口調をしている場面を見た。さらに昨日の身近な動物シリーズ第2集の発売初日、広島中央郵便局で「最近は猫とか犬とかくだらない切手ばっかり発行している」等と大人げない発言をした郵趣家が目撃されています。

 たいへん由々しい事態です。

 そもそも、今の財団法人日本郵趣協会は、かくのごとき非常識な「切手マニア」を排除し、健全な文化的娯楽として社会的に認知されることを目指して活動を続けてきたはずです。その過程で、収集家を組織化し、お互いに啓蒙しあってきました。これを強制であると反発する向きもありましたが、現実問題として鉄道マニアのような反社会的行為を成す非常識人を撲滅するといった成果を出してきました。それは郵趣業界の宝です。決して無駄にしてはいけません。
 郵趣協会に限ったことではありません。各地元の郵趣会、郵趣グループにおいても、かのような高慢な態度をとらないようによくよく話し合って認識を改めてください。
 高齢郵趣家の多くがパソコンが使えない「昭和モード」の頭のままであることが多いです。ネットが浸透している現在、いつどこで誰に見られているかわからない、不用意な発言が本人の知らぬ間に知れ渡る危険性がある等、今の現実をよくよく指導してください。特に男社会に慣れきった昔の郵趣界の意識が抜けず、郵便ファンの多い女性からの厳しい指摘が寄せられる事例が目立ちます。場合によってはネット上の文章をプリントアウトして配布するくらいの厳しいセミナーを行ってもかまわないと思います。

 郵趣家は特権階級ではありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2016

日本初のオスプレイ災害救助活用

2016042002

 前々から災害救助にこそオスプレイの実力が発揮されるものと思っていました。先のネパール地震でさっそく使われましたが、このたびの熊本・大分地震で日本でも初めて投入されることになりました。その記念すべき初日に岩国に行くことができましたので、無事に記念カードを作成することができました。
 4月18日に岩国郵便局に行って先に風景印を押印してきました。翌19日の朝、各社新聞を購入して該当記事を切り抜き、その中から記念カードに最も向いている写真・記事をセレクトしてカシェや説明文としました。被災地に到着したオスプレイの姿をとらえた写真はたくさんありましたが、出発地となった米海兵隊岩国基地を飛び立つ写真は2点しか見当たりませんでした。後刷りカシェ方式の工夫のしどころです。

 記念カード作りに利用しなかった記事もできるだけ保存します。中でも適当な面積のものであればカバーに貼って「郵趣品化」します。洋形2号封筒にも風景印を押したものを4通作っておいたので、新聞切り抜きをそれに糊付けするのです。これは1960-70年代からも使われていた新聞活用カバー作りの基本です。

(1)折りたたみ式
 うまく折りたためるようなら無理せずカバーの裏側に回るように折って保存します。記事にかからない折り目があればラッキーですね。

2016042003

(2)切り離し式
 カシェ利用した以外の切り抜きをカバー内部に納めて保存します。その際、注意しなければならないのは、切り抜きはむき出しではなく必ずビニール袋等に入れてください。新聞の紙質は長期保存には適しない粗悪なものですから、むき出しのままだとカバーに劣化汚れのシミを作ってしまうからです。ここ、重要です!。

2016042004

|

WEB会員制度スタート

 4月15日、公益財団法人日本郵趣協会が新しいWEB会員制度を発表しました。年会費3,600円(入会金1,000円)というお手頃価格で、郵趣ウィークリー紙もしくは世界新切手ニューズのどちらかがデジタル配信されます。ネット限定会員なのでWEB会員と呼びます。

2016042001

 週刊切手紙が発行されているのはアメリカほか数例しかありませんし、全世界の新切手をオールカラーで紹介・販売している国に至っては日本しかありません。安定的で強い通貨「円」とインターネットの発達で今こそ切手収集には絶好の環境、それが日本であることはほとんど知られていません。同協会に未入会の方、ぜひこの新会員制度を利用してその恩恵を実感してください。

 私は話題の切手をピックアップしてご紹介するWORLD STAMP NOW(以下WSN)という記事を担当しています。その関係で世界新切手ニューズの方を取り上げたいと思います。
 長年切手収集をしているベテランでも新切手リストの総覧は楽ではありません。また、何がトピックなのかがわからなければ収集動機にもなりにくいものです。その溝を埋める収集のナビゲーターとしてWSNを担当して連載も早130回を超えました。もはや私の郵趣人生のライフワークとなっています。
 WEB会員でもWSNは毎号付いています。一読していただき、まずは自分の興味のある1枚から切手を集め始めてみませんか?。個人的に疑問点のお問い合わせにも喜んで応じます。下記ページから申し込めます。ぜひ加入をご検討ください。

WEB会員入会キャンペーン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2016

宅見潔さんのはがき通信

 千葉県松戸市の宅見潔さんからのはがき通信2016年-12号を許可を得て転載させていただきます。現在そして将来の郵趣シーン、郵便趣味シーンの変化について考えさせられる内容になっています。ぜひお読みください。

2016041101

※宅見さんのお許しをいただきましたので、今後も折にふれてはがき通信をご紹介したいと思います。

| | Comments (0)

April 01, 2016

世界に誇るエイプリルフール切手

2016040101

 今から14年前の2002年4月1日、支那が自然環境保護キャンペーン切手(第2次・4種)を発行しました。5分・計画出産の推進、30分・鉱物資源の保護、80分・生命の水の保護、1.50元・海洋資源の保護。
 1979年から30年以上にわたって続けられてきた一人っ子政策も昨2015年10月29日に廃止されたことで、テーマの全てが破綻したことが確定しました。自然環境も悪化しこそすれ改善などまったくできていませんね。
 下は2ヶ月早く2月1日発行された第1次・2種のうち10分・森林保護切手を混貼した香港あて実逓書留航空便です。支那の国旗と国章小型シートが堂々としていますね。もちろん、森林保護もだめで着実に砂漠化が進んでいます。実に象徴的なカバーです。

 さすが支那、まさか本当のエイプリルフール切手になるとは思いませんでした。
・・・・否、本当はだめだろうと察していました(笑)

2016040102

|

« March 2016 | Main | May 2016 »