« 郵便局の国際送金 | Main | クーリングオフ通知郵便 »

March 17, 2016

ミニレターの使用例は近年ほど少ない

2016031701

 勤務先の取引先にも1社、毎月の請求書をミニレター(郵便書簡)で送ってくる手堅い会社さんがあります。普通郵便82円より20円も安い62円で出せることをしっかりご存知のようです。
 これ、近年になればなるほどナチュラルな使用例が少ないです。一般家庭に電話が普及する以前の昭和30-40年代まではたいへんよく使われていました。それが1985年(昭60)にショルダーホン、1987年(昭62)に携帯電話が登場してからは、反比例するかのようにミニレターもそして信書自体も減っていきます。図はちょうどそんな過渡期の1986年(昭61)2月20日の使用例です。岡山の服飾店さんが顧客に向けての広告として送ったもので局名は倉敷です。
 地味で目立たない存在ですけれど、これもまた見つけたら意識して残しておきたいアイテムです。注意していないとミニレターの使用例だけが郵趣家便ばかりになりかねません。

|

« 郵便局の国際送金 | Main | クーリングオフ通知郵便 »