« ゆうパック伝票詐欺注意シール | Main | 世界に誇るエイプリルフール切手 »

March 27, 2016

名所スタンプの時代

2016032701

 昭和10年、宝塚新温泉で開催された逓信文化博覧会のポストカードです。今で言うフライヤーですね。この絵柄面が今見ても丁寧なデザインで立派です。全国各地の風景印を紹介しているのですが、細かい部分までよく再現されています。この頃の国力の充実ぶりが見て取れます。そのキャプションもご紹介しておきましょう。

 全國の史跡・名勝地の郵便局で名所スタンプを使用してゐるものは現在約七百局を算へられる。名所スタンプの使用方法は押捺の希望を以て窓口に差出した封書及郵便繪葉書(料金完納のもの)に引受消印として、又郵便葉書(料金完納のもの)及記念の目的を以て一銭五厘以上の郵便切手を貼付した物件に對して使用せられる。下圖は其の一部を示したものである。(日附は何れも使用開始當日のもの)

 今とは違って風景印ではなく名所スタンプという呼称であったこと、引受消印という郵趣用語がすでに使われていたことなどがわかります。また、細かいことでは官製はがきへは記念押印のみが許されていたニュアンスも伝わってきます。これが後の官白(かんぱく)と呼ばれるようになりました。
 宛先面も下に掲げておきます。下半分には逓信協会の書籍広告があるほか、左上には当時の機械印を模した機械広告印が押されています。標語部は「宝塚逓信文化博覧会 於宝塚新温泉」、日付部は「昭和十年七月二十日ヨリ八月二十日マデ」とあります。

 風景印にも歴史あり。

2016032702

|

« ゆうパック伝票詐欺注意シール | Main | 世界に誇るエイプリルフール切手 »