« We Love Kitte in KINKIのご案内 | Main | 初耳・切手販売機能付ポスト »

February 27, 2016

楽しい外国切手収集

 郵趣誌3月号がお手元に届き始めている頃合いだと思います。一足先に4月号掲載予定の面白切手2種を先行予告いたします。

【フランス】
 王立工場化350年を記念して「オービュッソンの国際タペストリーセンター」が発行されました。中央のタブを挟んで左右に2種の切手が並ぶ横連刷です。同地がタペストリーの産地として有名であることからフロックコート紙で発行されたようです。タブも含め全部ふわふわです。

【台湾】
 扇面書画小型シート2種のうち80元は扇面部分に、まさかの実物の竹の薄板が貼り付けられています。この扇型の竹板に書が印刷されています。

2016022701

 日本は外国切手収集をするにはかなり恵まれた環境にあります。なんだかんだいっても円は強いので輸入に関してなんの障害もありません。ネット購入・決済の環境も整備されていますから注文して一週間以内には手元に届きます。国内の通販とほとんど差がありません。
 さらに郵趣誌が全世界の新切手をフルカラーで掲載・販売しているのが最大の強みです。他の国ではありません。爆買い切手シートを8,000円も出して買うよりはよっぽど楽しい・・・と私は確信しています。

 近日中に発表されることと思いますが、新年度からweb会員制度も導入されます。全世界の新切手情報を手頃な年会費で得ることができるようになります。公益財団法人日本郵趣協会に未入会の方、ぜひ新入会をご検討ください。私宛にメールをいただければ、入会案内書が出来次第お手元に届くように段取りします。よろしくお願いいたします。

|

« We Love Kitte in KINKIのご案内 | Main | 初耳・切手販売機能付ポスト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« We Love Kitte in KINKIのご案内 | Main | 初耳・切手販売機能付ポスト »