« 2月29日のプラン | Main | 4月に東京電力がロゴ変更 »

February 08, 2016

2月29日のプラン(その2)

2016020801

 上は先月末で使用中止になった旧様式の代金引換証票です。今年2016年(平28)2月1日から、ゆうちょ銀行以外の金融機関へもお金を振り込むことができるようになったため、旧様式は先月末に全国一斉に使用中止・処分となりました。この件、日本郵便さんのホームページに記述が見当たらないのですが・・・?。ひょっとするとまだ局に残っている場合があるかもしれませんので、興味のある方はお馴染みの局にお尋ねになってみてください。

 むしろ本題はこれからです。新様式の証票がすでに配備されているはずですから、その初期使用例+うるう日(特異日)+グリーティングJAPAN・1,000円金箔切手使用例のトリプル要素の実逓カバーを作ってはいかがでしょうか?というご提案です。
 書留430円+引受時刻証明310円+代金引換260円で特殊取扱料金がぴったり1,000円になります。切手と新送票を貼ってリーフに収まる手頃な定形外郵便物に仕立てれば、基本料金用に120円か140円切手を貼り合わせればよろしかろうと思います。
 もちろん代金引換したお金の振込先はゆうちょ銀行以外の金融機関を指定しておきましょう。

<追記>
 前稿でも触れたニンニクの日は、ニンニク生産量日本一の青森県田子町が実施。それとは別に、ニンニクを使用した健康食品を販売する株式会社健康家族が制定とのこと。幸いにも田子郵便局さんがニンニクの形の変形風景印を使われている上に、青森県版のフォルムカードにもニンニクがあります。スタンダードにこれは作成しておきたいですね。また、田子郵便局の読みは「たっこ」ですから欧文表示のある欧文印やメータースタンプも絡ませたら面白そうですね。
(下記画像はネットで拾わせていただきました)

2016020802

|

« 2月29日のプラン | Main | 4月に東京電力がロゴ変更 »