« 世界最初のスノーボード切手 | Main | ペコちゃん・ゆるキャラコラボのポストカード »

January 07, 2016

私製カバー好き

2016010701

 相変わらず私製の初日カバー、記念カバーの類が大好きで雑品を漁っています。先日も昭和50年の切手趣味週間「松浦屏風」切手の手作りFDCを拾いました。作成者は新発行を知ってわざわざ大和文華館に行かれたらしく、カバーに貼られた入場券裏面には同年3月30日の日付があります。奈良は戦前戦後を通してたくさんのコレクターがいらっしゃいました。その流れがこのようなカバーを作らせたのでしょう。今とは違ってパソコンはおろかワープロもない時代です。なにごとも手作業でしたから無骨で洗練されていないものも少なくありませんが、そこは気持ちを汲み取っていきましょう。

2016010702

 松浦屏風は切手になった左隻が有名です。この時にトリミングされたかるたの図も後に平成7年の国際文通週間130円切手に採用されています。右隻はまだ切手になってなかったと思います。
 左隻は日本切手よりも先にアラブ土侯国のアジマンが切手にしています。日本最初の国際切手展PHILATOKYO’71に便乗しての発行です。これは松浦屏風だけでなく、他の舞踊図屏風からもかなり適当にピックアップしており、切手としての素性は怪しさ満点です(笑)。しかし、切手の世界だけは先に発行したものが勝ちなんで、歴史的事実は変えることはできません。

2016010703

 異なるモノも数量を蓄積していくと突然、体系・系統が生じてくるという興味深い現象を起こします。正しくは「気付く」です。今回もそれぞれ別個に購入した私製FDC、絵はがき、アジマンのパチもん切手が、ひとつのまとまりを形成したなと感じられます。点が線になった瞬間です。

▶︎参考:初日カバーは私製がおもしろい

|

« 世界最初のスノーボード切手 | Main | ペコちゃん・ゆるキャラコラボのポストカード »