« December 2015 | Main | February 2016 »

January 2016

January 30, 2016

下関市関連の小型印2題

2016013001

<趣味の切手展/下関東29.4.23>
 地元山口県の小型印なので入手しました。時期といい絵柄といい下関市では恒例の先帝祭の女官を題材にしたものかな?と想像しました。ですが、見慣れた花魁の姿ではなく、扇を手にした十二単の女性の姿です。はて、これは一体どうしたことか???。
 源平の壇ノ浦の合戦に敗れた平家が関門海峡の藻屑と消えました。その際、幼い安徳天皇もまた祖母の二位の尼殿に抱きかかえられ「波の底にも都がございます」と告げられてともに入水し亡くなりました。後に遊女に身を落とした平家の女官たちが、毎年3月24日に装束を整えて安徳天皇の御陵の前で「御陵前祭」を行ったことが先帝祭の起源です。
 よくよく調べてみますと、江戸時代になって脚色が加えられて花魁道中の姿に変容したのだとか。なるほどねえ、昭和29年のことですから「小型印もれっきとした公印の一種である。遊女・花魁姿を題材にするなどもってのほか。そもそもの起源である十二単の女官であるべき!」てなことになったのかなと想像をたくましくしています。

<関門トンネル開通30周年/北九州63.3.13>
 福岡県の印影ですが、図案中に「下関」とはっきり書かれているのでスルーするわけにはいきません。本州側から伸びた手が、九州側の手に鳴門巻きを手渡しているように見えるのはご愛嬌。さらに握手しようとしている双方の手が左手というのもレフティー図案コレクターとしては嬉しい。もっとも、そこまで深く考えたわけじゃないでしょうけど・・・
 「北九州」なる郵便局はありませんので、ここでは広域の「北九州市」の意味で使われています。門司や門司港など複数以上の郵便局で北九州表示の同一図案印が使われたものでしょう。肝心の下関側はどうだったのかな?

|

January 29, 2016

防府切手のつどい2016

2016012901

※追記:持参する販売品の一部をfacebookにアップロードしました。こちらをクリックしてご覧ください。

 今週末、1月31日(日)に表題の催事が開催されます。防府駅前のJA防府とくぢ農協会館2階が会場です。会館裏手の朝市を覗いた帰りにでもお立ち寄りください。公益財団法人日本郵趣協会・防府支部のオフィシャル・イベントなので入場無料です。

 私自身も久しぶりに販売ラウンジ(テーブルバザール)を構えます。朝10時から閉場までずっと居る予定なので、どうかお声掛けください。
 特に昔の切手を鑑定または処分されたい方は年に一度のこの機会をご利用ください。気後れしてなかなか相談しづらい方もいらっしゃることでしょうから、最初に私のところにお越しください。小規模なものなら私がお相手しますし、一定量以上の場合は専門業者さんをご紹介します。当日来防される2業者さんとも懇意なので私が直接仲介します。

 むさ苦しいおっさんばかり・・・の昭和なイベントというイメージも今は昔。現在は切手女子さんも増えて様相が一変しました。ぜひお運びください。

|

January 24, 2016

フィラ日本’91入場印付き入場券付き小型シートの公式FDC

2016012401

 今月末に開催される防府切手の集い2016で販売するための商品値付け作業中に出てきた公式FDCです。私が経験した国際切手展では2回目、30歳の時に開催されました。ややこしいタイトルで恐縮ですが、まさしくこの通りの話題です。

2016012402 当時、諸外国では国際切手展開催費用捻出の一手段として入場券付き小型シートや特別切手帳が世に出ていました。寄付金を上乗せして高く売る代わりに入場券を付けたものです。日本でもその方式を採用した最初でなおかつ現時点では最後の例です。
 私もがんばって小型シート6口、公式FDCも6口購入しました。小型シートが1,000円、公式FDCが1,400円でしたから14,400円拠出したわけです。しばらくして品物が届きました。ところが小型シートが収められているホルダー内側の一文にカチンときました。「消印したものは無効」とあるではないですか。おいおい、それじゃあせっかく買った公式FDCの入場券機能は無効かよ?。
 届いて即その場で事務局に電話したので私が抗議の一番乗りだったのではないかと思います(笑)。消印したものは無効だなんて話は聞いてない。そんなことなら公式FDCなど買わなかった。納得できない!と。諸外国の例を参考にしたというなら、ニュージーランドやフィンランドで発売された入場券付き小型シートの場合もFDCは無効なのか?と、我ながらいい質問をしたと思うのですが、事務局員さんはどうも話がよく理解できておらず、ずぶの素人さんのようでした。
 仕方ないので使用済でも認めるように再検討してくれと要求して電話を切りました。後日届いた郵便でホルダーの一文は間違いで消印があるものも有効です、と訂正されました。
 そこで本当に有効である証拠とするため、3日間通ったその全てに公式FDCを持参しました。図の矢印部分の青ハンコが入場印です。今となってはこの入場印付きがレアだと言うので、数年前、JPS調布支部の新年会酔っ払いチャリティーオークションに1通を提供し、現在は手元に2通残っています。
 当時の記憶をたどってみますと、公式FDCを差し出して入場印を押してもらっていた人は確かにあまりいなかったような気もします。リアルタイムに経験した者は案外客観的な評価ができないものです。実際の所、どの程度の希少性なのでしょうね。なにせ四半世紀も昔の話ですから。

2016012403

|

January 20, 2016

大雪お見舞い

2016012001

 一昨日からの大雪、皆さんご無事でしょうか?。当地、山口県山口市も昨日は久しぶりの積雪6センチでした。一夜明けた今日、天候も落ち着いたようなのでいつも通りの遅番(半夜勤)に出かける支度をしています。
 大雪の印象というと、今から30年前のスタンプショウを思い出します。3月も下旬になっての季節外れの大雪です。会場の東京都立産業貿易センター・台東館の窓越しにも尋常ならざるドカ雪だったことを思い出します。そこで会場内で販売されていた雪の浅草寺を描く広重の「浅草観音雷門」のポストカードに小型印を押してもらいました。数時間の時間つぶしののち、地下鉄と小田急線を乗り継いで狛江のアパートに戻ったものの停電。電気ストーブも使えないので布団にもぐりこんで寝るしかありませんでした。スタンプショウの会期中に大雪に見舞われたのはこの一回だけだと思います。
 なお、小型印に描かれているように、この1986年はハレーすい星が回帰した記念すべき年でもありました。春の大雪とハレーすい星とセットで関連付けて記憶しているところです。

 くしくも昭和61年のこの日はまた私の25歳の誕生日でもありました。

|

January 19, 2016

追悼・有井哲男先生

2016011901

 山梨県の有井哲男先生が18日ご逝去されました。ここ数年、東京の切手展会場でもお姿をお見かけすることがなく、体調が芳しくないとも聞いてはおりましたが、ついにこの日が来たかと残念でなりません。
 今までに何度も書いたセリフですが、若い時分は若いというだけで恵まれないものです。そんな時に手を差し伸べてくださった方は生涯の恩人です。有井先生もまたそのお一人でありました。
 元小学校長というご経歴が、たまたま私の父と同じであったこともあって、フィーリングが私にも理解できました。特に財団法人日本郵趣協会(当時)の東京地方本部長をなさっておられた際、かなり難しい問題を抱えておられたことが印象に残っています。自分もまた地本理事としてその経緯を見ておりました。大きな体に似合わず、決して人様を批判する形での解決策は採られなかったのは教育者ならではのことと思います。
 そして私をはじめとして多くの有能なフィラテリストを育成されました。私こと椙山の今があるのは有井先生のおかげです。長い間お世話になりました。ありがとうございました。

 図は有井先生の直筆サイン入りカバーです。この合同例会の時に生まれて初めて講演を仰せつかりました。
 なお、平成6年の時点でも和文タイプライターを丁寧に使い続けておられ、それをプリントゴッコで印刷してある点もまたカバー郵趣史上たいへん意義深いものです。

|

January 18, 2016

Concession stamps(コンセッション・スタンプ)

2016011801

 オーストラリアからコンセッション・スタンプなる新種の割引切手のインフォメーションがありましたのでご紹介します。同国の郵便制度は250g以下の国内便は$1.00、国際郵便は$1.85です。それが国内便に限り60セントに割引になるというものです。

 健康保険証などの身分証明書で郵便局のマイポスト・コンセッション・アカウント(MyPost Concession Account)を登録します。その時点で60セントに割り引かれたコンセッション・スタンプ5枚が収められた切手帳を無料でもらえます。さらに年間で最高50枚のコンセッション・スタンプを買うことができます。その際も5枚を納めた切手帳形式で売価は割引価格のままの$3.00です。

2016011802

▶︎詳しくは下記URLにアクセスしてください。
 http://auspost.com.au/parcels-mail/concession-stamps.html?ecid=LK20160114008

|

January 17, 2016

さすが大阪人

2016011701

 日米修好100周年記念切手の初日カバーです。この切手が発行されたのは政治の季節、60年安保で揺れていた時代です。
 関係部署から要望があったとはいえ、その喧騒の最中にこんな記念切手を出した当時の郵政省もどうかしてましたね。主旨はさておきタイミングが悪すぎます。新安保条約が強行採決されたのが5月19日、切手発行2日後のことです。さらに皇太子ご夫妻(今の天皇皇后両陛下)の訪米に合わせて9月には小型シートも発行されました。
 今から思えば、安保に反対した愚か者がそんなにいたのかと唖然とします。当時の岸信介首相の判断が正しかったことは明らかです。

 よせばいいのに、当時の日本郵趣協会も淡いグレーの弔事用枠を連想させるデザインの初日カバーを作成して記念切手発行に反対しました。ザンメル凹版印刷のキレも良い佳作なのに、なんとも無粋なことです。
 ところがそんな世間もどこ吹く風、さすが大阪人はレベルが違います。余ったのであろう小型シート用のFDC封筒を一般信に使い回しているのが下です。私たち郵趣家も使用例が欲しくて弔事用切手を貼った実逓便を送ったりしますが、それはお互いに意味がわかったうえでのこと。いきなり枠付き封筒の速達便が来たら驚きます。差し出しは幼稚園の園長先生です。堅実、倹約、反断捨離精神お見事です。決してケチなどとは申しませんとも!

2016011702

|

January 10, 2016

コピーライト表示なしのマスコット使用例

2016011001_2

2016011002 大阪の須谷伸宏くんからお楽しみ詰め合わせが届きました。いつもありがとうございます。その中から昨年秋に行われたわかやま国体の小型印カバー(部分)をご紹介します。小型印の報道発表当時から気づいていたのは、マスコットのきいちゃん使用に関してコピーライト表示がないことでした。小型印以外のさまざまな用例を見てもそうで、和歌山県の方針として事前にきちんと使用申請さえすれば省略して良い等の措置が講じられたものと思われます。これは今では少数派です。

 山本誠之さんからご恵送いただいたドラえもんポスト開設記念小型印にも藤子プロのコピーライトが入っています。マスコットの郵便商品使用にあたっては、今はこれがスタンダードです。

 その一方で、平成17年、東京の匿名希望のNさんが長野県伊那市のイメージキャラクター「イーナちゃん」を写真付き切手に使われた際には、非営利目的に限るという条件付きで市当局の許可を得たとのことです。「伊那市イメージキャラクター イーナちゃん」の文字を必ず併記するかわりにコピーライト表示が略されていました。これは現在も同じようです。

 以上のように、著作権者の考え方ひとつでパブリック・ドメイン的な使い方も、少数派ながら可能だというのが現状と言えましょう。ですからひとつひとつ見ていくと興味深い事例が見つかります。

 下は愛知県の匿名希望のMさんが発見・報告してくださったもので、エコーはがきの広告デザインをそのままアンケートはがきにも使い回している例です。スポンサーの郵便局(当時の東海郵政局)自身がデザインの著作権を所有しているのですから問題なし、ということなのでしょう。

2016011003

 直近では明日、平成28年1月11日に小平市成人式で使われる小型印に注目です。報道発表では成人式会場に設置される特設ポストに投函された郵便物に押印されることが書かれています。もちろんそれもトピックなのですが、やはり同市の公式キャラクター「ぶるべー」がコピーライト表示なしで使われることにも目を向けていただきたいのです。ゆうゆう窓口でも押印に応じてくださるそうなので興味のある方はぜひどうぞ。

2016011004

|

January 09, 2016

ペコちゃん・ゆるキャラコラボのポストカード

2016010901

2016010902 たまたま道の駅仁保の郷に立ち寄ったおかげでGETできました。中四国のゆるキャラとコラボしたミルキー商品を購入すると図のポストカードがオマケに付いてきます。

 手にした小箱が6箱入った大箱ひとつが税込540円。この大箱1箱ごとに1枚のポストカードをプレゼントという仕組みでした。さすがに今年55歳になろうかという押しも押されぬオッサンの俺です。3秒くらい悩んで買いました、2箱も(笑)。これに道の駅スタンプを押し、目の前にある仁保郵便局にも行って風景印をコラボ押印して完成です。商品も中身を出してパッケージを展開して一緒にコレクション予定です。

 なお、不二家さんのホームページではこのポストカードプレゼントのことは一切載っていませんでした。ペコちゃんコレクターの方、ゆるキャラファンの方は、自ら中四国各地の道の駅やお菓子屋さんを回ってGETされてください。

 しかし、ミルキーが36粒、ゆるキャラの使用料も払ってポストカードもつけて、各売り場に運送して540円って、ミルキーの原価っていったいどれだけ安いんだ?

|

January 07, 2016

私製カバー好き

2016010701

 相変わらず私製の初日カバー、記念カバーの類が大好きで雑品を漁っています。先日も昭和50年の切手趣味週間「松浦屏風」切手の手作りFDCを拾いました。作成者は新発行を知ってわざわざ大和文華館に行かれたらしく、カバーに貼られた入場券裏面には同年3月30日の日付があります。奈良は戦前戦後を通してたくさんのコレクターがいらっしゃいました。その流れがこのようなカバーを作らせたのでしょう。今とは違ってパソコンはおろかワープロもない時代です。なにごとも手作業でしたから無骨で洗練されていないものも少なくありませんが、そこは気持ちを汲み取っていきましょう。

2016010702

 松浦屏風は切手になった左隻が有名です。この時にトリミングされたかるたの図も後に平成7年の国際文通週間130円切手に採用されています。右隻はまだ切手になってなかったと思います。
 左隻は日本切手よりも先にアラブ土侯国のアジマンが切手にしています。日本最初の国際切手展PHILATOKYO’71に便乗しての発行です。これは松浦屏風だけでなく、他の舞踊図屏風からもかなり適当にピックアップしており、切手としての素性は怪しさ満点です(笑)。しかし、切手の世界だけは先に発行したものが勝ちなんで、歴史的事実は変えることはできません。

2016010703

 異なるモノも数量を蓄積していくと突然、体系・系統が生じてくるという興味深い現象を起こします。正しくは「気付く」です。今回もそれぞれ別個に購入した私製FDC、絵はがき、アジマンのパチもん切手が、ひとつのまとまりを形成したなと感じられます。点が線になった瞬間です。

▶︎参考:初日カバーは私製がおもしろい

|

January 05, 2016

世界最初のスノーボード切手

2016010501

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

 暖冬ですね。寒いのが大の苦手なので助かります。そのくせ、こんな切手をご紹介するとは(笑)。ハンガリーが1998年1月22日に発行した長野五輪記念切手2種から100ft(フォリント)のスノーボード選手です。
 スノーボートは長野五輪から正式種目となった関係で、本券が世界最初のスノーボードを描く五輪切手です。その後、記録更新の情報は聞いていませんし、五輪切手以外で先行例があるとも聞き及んでおりません。これより早い発行券をご存知でしたらどうぞご教示ください。

|

« December 2015 | Main | February 2016 »