« ローカル郵便消印収集のススメ | Main | タイポグラフィー切手 »

December 02, 2015

日本最初の盛り上げ印刷?

2015120203


2015120204 フィラメイト12月増刊号が届きました。9ページ下に掲載されている「神戸ルミナリエII」ホルダー入りがけっこう面白いのです。ふるさと切手とともにパッケージされたポストカード4種(料額印面なし)には、透明樹脂による盛り上げ印刷が施されているのです。4種全てそうです。発行当時も特に話題になることもなかったので私も実物を見るまでまったく知りませんでした。

 ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)あてに寄付していただいた不要品の中に、ホルダーとポストカードだけが残った状態で入っていました。料額印面がないので、これを正統な郵趣品とみなすかどうかは意見の分かれるところでしょう。しかし、私の知る限りではこれが日本郵便最初の盛り上げ印刷アイテムです。発行日は2005年12月9日です。

2015120305 ホルダーは青版のフロントーネ、赤版のスパッリエーラの2種があります。中身は同一です。ふつうは捨ててしまうホルダーですが、コピーライト、再生紙使用、ソイインク使用の各表示がしっかり入っていますので、環境郵趣の1アイテムとして残しておく価値はあると思います。
 ふるさと切手もパッケージされた完全セットはフィラメイトでお買い求めください。しかし、タトウとポストカード4種セットだけでよろしければ1セット500円(送料込み)で分譲します。ホルダーがまた狙ったかのようにぴったり納まるスマートレターで発送します。青版か赤版のどちらになるかは一任してください。

 左欄上から2行目「メール送信」をクリックすると現れますメールフォームにてご連絡ください。折り返し送金先等をご連絡いたします。先着順です。

|

« ローカル郵便消印収集のススメ | Main | タイポグラフィー切手 »