« 西平郡郵便局の新料金領収印 | Main | タウンメールの活用を »

September 05, 2015

続・佐野デザインのエンブレム中止

2015090501

 ブログ記事を見て千葉県松戸市の宅見潔さんからメールをいただきました。氏も記念押印作品を作られていたとのことで、まさか他にもやっている人が居たとは!と私にとっては至上の誉め言葉を頂戴しました。さっそくお互いの作品交換をしましたので、ご本人の承諾も得た上でご紹介させていただくことにしました。

 上は弔事用50円切手を貼ったポストカードへの記念押印で、裏面には朝日新聞号外が縮小印刷されています。いつも記することですが、この裏面のフォローが大事なのです。イベントの趣旨によってはほんの数年で事情がわからなくなるものです。郵趣作品としての完成度は、この裏面処理にこそ現れると思います。

 下は産経新聞と北日本新聞の号外をA3判のコート紙に印刷し、それに記念押印されています。上もそうなんですが、都心に近いところにお住まいだと東京中央郵便局の消印が押せるのが羨ましいです。これには地方在住者には敵いません。

2015090502

 さらにエンブレム決定発表時の記念カードもご恵送いただきました。裏面にはデザイン構成の解説図付きです。8月20日の発表からわずか10日余りでの中止。佐野デザインを支持していた私にとっては忘れ得ぬ苦いメモリアルとなりました。

2015090503

※facebookページにより大きな図版を掲げています。そちらも合わせてご覧ください。リンク先画像を含む計3枚(ページ)あります。ここをクリックしてください。

【製作予告】
 14日の週に安保法制が成立する見込みとのこと。安倍総理の地元である山口県に住んでいるのですから、安保法制支持の立場で郵趣作品を製作したいと考えています。スタンダード案としては安倍総理の選挙区である山口4区の下関局の日付印をと考えています。もし、可能なら同じく山口4区の長門局との2局コンビネーション押印を視野に入れています。
 移動距離がハンパないので、記念カード1通につき300円程度の費用負担を承知していただける方に限り予約を承ります。押印後にしかるべきカシェを加刷し、スマートレター等でお届けしますので、お支払いは発送時にメールでお知らせします。
 もちろん、仕事等の関係で製作不可能となることもありえますので、その点もお含みおきください。

|

« 西平郡郵便局の新料金領収印 | Main | タウンメールの活用を »