« きんたくんポスト1周年記念イベント | Main | 簡易郵便局LOVE »

July 29, 2015

終戦直後の東岐波に進駐していたニュージーランド占領軍

2015072901

 戦後日本にやってきたいわゆる進駐軍はイコールアメリカ軍ではありません。西日本地区は英連邦軍としてイギリス軍、オーストラリア軍、ニュージーランド軍、インド軍が展開しました。なかでも我が山口県ではNZ軍が進駐していました。山口県議会資料館入口にはNZ軍に接収されていたことを示す壁書が発見されるなど身近な所にその痕跡があります(文末画像参照)。
 平成26年5月31日発行の「喜和」114号(東岐波郷土誌研究会)に「終戦直後の東岐波に進駐していたニュージーランド占領軍」という記事が掲載されています。執筆者は当ブログではお馴染み、山口市阿知須在住の中川進さん。占領軍郵便や中国切手研究の第一人者です。氏から同文のご提供をいただきましたのでpdfデータにして公開いたします。やや重いのでいったんダウンロードしてから閲覧されることをお勧めします。
 山陽荘もNZ軍に接収されていたこと、山口宇部医療センター庭に記念碑が存在していることなど、特に宇部市ゆかりの方々にはご一読いただきたい論文です。

<ダウンロードはこちら>

2015072902

|

« きんたくんポスト1周年記念イベント | Main | 簡易郵便局LOVE »