« なんでも記念カード計画ー女神輿 | Main | 終戦直後の東岐波に進駐していたニュージーランド占領軍 »

July 27, 2015

きんたくんポスト1周年記念イベント

2015072701

 川西久代郵便局の黒山哲也さんからご恵送いただきました。去る7月18日、川西市役所1階ロビーにて「きんたくんポスト」設置1周年記念イベントが開催されました。様々なワークショップとともに、風景印の集中押印コーナーも設けられたそうです。その参加全9局の風景印を集中押印した記念台紙をご覧にいれます。郵便局グループ(部会)が独自に知恵を出し合い、風景印というリソースを巧みに活用されています。
 風景印は同じ図案が長く使われるものですから、いわゆるゆるキャラものの使用は大丈夫かな?と思っていました。その心配は杞憂だったようです。要は「いかに活用するか」ですね。全9局すべてに様々なポーズの「きんたくん」が登場しているからこそ、集中押印した際の統一感、コンプリート感が出るのですね。黒山さんの川西久代局などは、なんときんたくんの後ろ姿です。お尻出してます(笑)。ところがこうして並べて見るとなるほど、こういうバリエーションを意図したのかと理解がすすみます。
 風景印のより前向きな活用例としておおいに参考になるものと思います。

<押印台紙の裏面に各風景印の図案解説入り>

2015072702

<MINAMI TIMES第145号>

2015072703

|

« なんでも記念カード計画ー女神輿 | Main | 終戦直後の東岐波に進駐していたニュージーランド占領軍 »