« May 2015 | Main | July 2015 »

June 2015

June 30, 2015

ポーランドのシェイクスピア誕生450年切手がキショイ

2015063004 ポーランドが昨年11月19日に発行した「シェイクスピア誕生450年」記念切手の評判が最悪だとのこと。芸術性の高さはわかりますが、難解すぎて意味がわからない、頽廃的、グロテスク、気持ち悪い等々と散々な言われようです。
 この切手を貼ったお手紙をいただいたとしたら・・・・・予告なしに受け取ったらさすがにちょっと引きますな。だからこそ入手容易な今のうちに収集しておくという手もあり得ますが。公式FDCとフルシートの図版も掲げておきますので、皆さんそれぞれにご判断ください。

2015063005

2015063006

|

原水爆禁止切手の発行運動シール(2)

2015063001

 かつて切手型シールはあまた発行されてきました。しかしながら、日本では発行者が推奨する封緘紙としての使用例でさえ多いとは言えません。普通は大切に保存されたままいつしか忘れ去られています。特に郵趣関係は死蔵パターンが多いように思います。

2015063002 特に表題の原水爆禁止切手の発行運動シールは有名で、これも実際の封緘紙使用はこれまで一度も見たことがありませんでした。それがひょんなことで図のカバーを入手しました。発行者の水原明窓氏ご自身が差し出されたアメリカ宛航空便です。運動の当事者ですからこれ以上の適正使用例はないと言えるでしょう。スタンプショウ=ヒロシマ2015でわずか500円で掘り出しました。幸運にも裏面が見逃されていたのでしょう。
 消印は代々木局1955.8.19。シールの販売開始は同月4日なので発行直後のものです。カバーの中には英語のシール説明文の小紙が入っていました。水原さんみずからが海外向けにPRに努めておられたのでしょう。となると世界各地に同様の使用例が数多く送られたと考えるのが自然です。このことが意識され、さらなる里帰りや発見が期待されるところです。

関連記事:原水爆禁止切手の発行運動シール(1)

|

日韓国交正常化50周年記念切手展

2015063003

 日韓国交正常化50周年切手発行に合わせ、切手の博物館3階 スペース1・2(東京・目白)にて日韓国交正常化50周年記念切手展・コーリア切手部会展2015が開催されました。使用された小型印は、20周年(1985)の時の韓国切手に描かれた「富士山と大韓航空機」を背景に、30周年(1995)の同国切手の「広隆寺弥勒菩薩像」を配したデザインです。
 これも収集対象だろうなあと思っていましたところ、はからずも嶋根浩さんから図のカバーをご恵送いただきました。当ブログのご提案を容れての「切腹カバー」としてくださいました。ありがとうございました。

|

June 29, 2015

日韓友好万歳、京城独立門

 スタンプショウ=ヒロシマ2015で入手した戦前の絵はがきです。ちょうど良いタイミングですのでご紹介いたします。
 日清戦争勝利に伴う下関条約(1895)により、日本が李氏朝鮮を清朝から独立させてあげたのを記念して、朝鮮人自身の意志と募金で建てられたのがこの京城独立門です(1897完成)。そうです、清朝からの独立を祝って建てられたのであり、日本からの独立を記念したものという俗説は明瞭な間違いですので、この機に正しい歴史認識を学びましょう。そもそも建築年代が違いますから疑問の余地はありませんね。
 折しも2015年は日清戦争勝利120年であり、なおかつ日韓国交正常化50周年でもあります。これほど日韓友好を象徴する記念建造物はありません。日韓友好万歳。

2015062901

|

June 26, 2015

靖国神社と桜

2015062601

 私のブログ記事がヒントになったそうで、東京の谷田部勝浩くんから桜尽くしの初日カバーが送られてきました。日韓国交正常化50周年記念切手のうち、ムクゲとサクラを描く1枚をチョン切ってタブ扱いとし、これに靖国神社と桜を描く九段局の風景印を押印、カシェもまた靖国神社と桜の場面となっています。
 谷田部くん、このフォーマットで、かの火病の国の首都郵便局にも送っちゃったそうです。なんてことをするんだ!(もっとやれ)。続報が待たれます。

|

June 22, 2015

練習と準備くらいしてください

20150622002

 日韓国交正常化50年の初日押印に山口中央郵便局に行ってきました。

私「18枚もあるので特印は自分で押してもいいですよ」
局員さん「お客さんに押させちゃいけない決まりなんです。実は今朝も怒られまして・・・」
私「じゃあキレイに押してくださいね」
局「はい」

で図のようにインクむら4枚、印ブレ2枚で6枚失敗(笑)。3シート買って1シートがゴミ。実に失敗率三割打者。とほほ。
 まんじゅうのインクが周囲に偏ってますよ。まっすぐ押すための目印突起に中指をかけて。握って持つとぶれますよ・・・と失敗のつど極めて優しくお声かけをしたのですが終わってみれば1/3が無駄になっていました。
 仕方なく1シート買い足して再度押印お願い。さっきの局員さん、すっかりおじけづいてしまい他の局員さんと交代。こんどの局員さんはパーフェクトでした。
 「局員さんしか押せないのはわかるけど、もうちょっと練習してね。1,000円近くがパーだよ」と笑いながら優しく言いましたけどね、心中は「このヘタっぴいめ!」。
 スタンプ押しが下手な人は何も考えてないみたいです。失敗した1枚目を見て、失敗の原因をよく考えて次から軌道修正すればいいのに。写真のように同じ失敗を繰り返しているのは学習能力がない証拠です。数を押せば原因を類推できるようになりますから、とにかく量を押して経験を積んでいただきたいです。
 せめて前の日に練習するとか、まんじゅうにインクを補充して慣らしておくぐらいのことはしましょうよ。
 日本郵便中国支社に苦情を言うべきか考え中。押印規定に弁償規定を追加して欲しいぞ。

|

切腹カード作りました

 日韓国交正常化50周年記念切手発行に反対します。予告しましたように抗議のために図の切腹(ハラキリ)カードを製作しました。

2015062201

 郵便切手の場合、国家間の上下関係が生じないようにデザイン上でも平等・対等に扱うのがUPU(万国郵便連合)の大原則です。それなのにさくらの上にムクゲを描くとは一体どういうことですか。国旗だったら大問題になるのですから国花も国旗に準じた扱いをしなくてはいけません。もし、これが日韓が上下逆だったら韓国はどう反応するでしょうか。それを考えれば自明の理です。こんな国辱的なデザインは許容できる道理がありません。

【参照記事】
日韓国交正常化50周年記念切手発行に反対します
日韓国交正常化50周年記念切手発行反対/関連資料(1)
日韓国交正常化50周年記念切手発行反対/関連資料(2)
日韓国交正常化50周年記念切手発行反対/ご提案

|

June 17, 2015

押印規定はいつから?

 日本の押印規定は一体いつから始まったのだろうかと常々気になっていました。以前、消印同好会のKさんにお伺いしたところ、たいへん詳しいご教示をいただきました。

—↓—
 「けしいん」誌を調べてみると、次の事柄が記事として出ています。第1号「昭和35年」には記念押印(無集配郵便取扱規定より)

無集配郵便取扱規定第2章第14表(記念押印)
(1)料金を完納した普通通常郵便物を差し出して記念のため自局の普通日附印を推して発送方の申出をうけたときは業務上支障がない限り、その求めに応じた上当該郵便物はその他の普通郵便物と区別して取集局へ送附する。
(2)官製葉書(料額印面の額が5円に満たないものはその料額印面と5円以上の差額以上の郵便切手をはりつけてあるものにかぎる)または5円以上の郵便切手をはりつけたものに普通費日附印の押印の方の申出をうけたときは業務上支障がない限り、その求めに応じてもよい。

と言う記事が掲載されており、この条文について、消印同好会で「郵政省郵務局業務課」に問い合わせたところ、昭和34年12月7日現在で有効な規則になっていると回答を得ています。また、「業務上支障がない限り」については、相当多量の押印差し立ての依頼によって局の正当業務に混乱を来すようなときであって、支障の範囲は当該局が決めるもの」という回答だそうです。
 「けしいん」65号(昭和42年1・2合併号)には記念押印関係条文として、上記内容の昭和41年現在について掲載されています。要約すると、5円が7円に変わっている。そして、「特別日付印については、その求めに応じなくてはならず、普通日付印については、業務上支障がない限りその求めに応ずる。」とあります。
 「けしいん」第114号(昭和42年7月)に「通信日附印による記念押印の方法について」(昭和41年10月28日郵無部通達)よりが記載されています。
—↑—

 原典確認は郵便規則類を総覧しなければならないでしょう。一次資料に当たることができる在京の収集家の皆さんにリサーチをお願いしたく思います。
 私は実際例の確認という意味で押印台紙やタトウの類で押印方法を記したものを意識して探しています。下の台紙(はがき大)は先日掘り出したもので、「使用方法 このスタンプは料金相当の切手を貼つて封をした手紙及び絵葉書その他記念のため五円以上の郵便切手を貼つた物であれば押なつのお求めに応じます。」とあります。銘は宮崎郵便局、南国宮崎博内宮崎郵便局出張所です。使用開始日は昭和29年10月15日(消印は27日)とあるので前記の昭和35年よりも6年遡ることができました。押印趣味は戦前からありましたので探せばまだまだ出てきそうです。

 なお、ここまで書かれていながら本例は切手なしの空押しというのはご愛嬌(笑)。

Miyazaki

|

June 08, 2015

郵便貯金通帳の模造

2015060801

 東宝が昭和33年に製作した「無法松の一生」(三船敏郎・高峰秀子)のために模造した入場券ではないかと推測しています。映画館の場合につきもののミシン目で切り離すいわゆるモギリ形式にはなっておりませんが、係員らしき宮崎なるハンコが領収確認の意味でありましょう。ご丁寧に消印まで真似ているおかげで札幌東宝であろうことも推測できます。
 しかし、なぜ郵便貯金通帳か?です。ここにシナリオの一部が印刷されています。映画の中で郵便貯金通帳が重要な役割を担っていることが模造の理由だと思われます。

—↓—
おとらが、結城から渡された着物をはこぼうとすると、その間からすべり落ちるように二通の貯金通帳が落ちる
結城拾い上げる。
ー吉岡良子
ー吉岡敏雄

結城 (夫人に通帳を渡し)見てやって下さい。奥さん、あの暮しの中で、何という奴でしょう
松はあなたと御子息のお名前で五百円余りも預けています」

・・・シナリオから一部抜粋
—↑—

2015060802

 権利意識の低い時代だとは言えモロにそっくりです。まともに「郵政省」とも表示されていますし、よくこれで怒られなかったものだと思います。郵便ではありませんが同じ郵政省モノですので、これも模造品コレクションのひとつとして大事に遺していきます。

| | TrackBack (0)

祝・なでしこ切手倶楽部展2015

Nadeshiko

 去る2015年5月28日(金)の誕生花は”なでしこ”。そのもっともふさわしい日から3日間にわたって表題の切手展が開催されました。郵趣界の慣例でお祝いレタックスを贈らせていただいただけですのに、私の趣味にかくも直球ど真ん中なはがきが届きました。主宰の馬場千枝さん、風景印の古沢保くん、切手デザイナーの中丸ひとみさん、玉木明さんのお名前まで見えます。
 これも直筆サインコレクションとして大事にいたします。ありがとうございました。今後も2回、3回・・・と毎年恒例行事へと成長してゆかれますように。

| | TrackBack (0)

« May 2015 | Main | July 2015 »