« サンマリノが3Dプリンターの切手を発行 | Main | 郵便名柄館オープン »

May 05, 2015

明治日本の産業革命遺産「製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」

2015050501 政府が国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を目指す「明治日本の産業革命遺産/九州・山口と関連地域」(福岡県など8県)について、ユネスコの諮問機関「国際記念物遺跡会議(イコモス)」が、登録をユネスコに勧告した。

 内閣官房が4日発表した。6月28日から7月8日までドイツのボンで開かれる世界遺産委員会で、正式決定される可能性が高い。勧告通り登録されれば、国内の世界文化遺産は、昨年登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)に続いて15件目となる。

 イコモスは勧告で名称のうち「九州・山口と関連地域」を「製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」に変更することを求めた。

1.萩(5):萩城下町、萩反射炉、恵美須ケ鼻造船所跡、大板山たたら製鉄遺跡、松下村塾
2.鹿児島(3):旧集成館、寺山炭窯跡、関吉の疎水溝
3.韮山(1):韮山反射炉
4.釜石(1):橋野鉄鉱山・高炉跡
5.佐賀(1):三重津海軍所跡
6.長崎(8):小菅修船場跡、三菱長崎造船所第三船渠、三菱長崎造船所旧木型場、三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン、三菱長崎造船所占勝閣、高島炭鉱、端島炭鉱、旧グラバー住宅
7.三池(2):三池炭鉱・三池港、三角西(旧)港
8.八幡(2):官営八幡製鐵所、遠賀川水源地ポンプ室
(2015.5.4付)

 上記のニュースにびっくり。萩博物館に行った時に上の栞型フライヤーを配布していましたし、萩美術館でも幟旗が立っていました。が、まさか本当に通るとは内心期待していませんでした。
 登録の可能性が高いそうなので、山口県萩市内の5資産について適応局(マッチング局)を以下ご紹介いたします。

【萩反射炉、恵美須ケ鼻造船所跡】
 萩反射炉を描いた風景印を使用している萩新川郵便局です。萩しーまーとに向かう途中にありますのでロケーション的にも最寄り局の範囲と言えます。
 恵美須ケ鼻造船所跡を描いた風景印はありませんが、風景印の中に小さく描かれている岬がそれかもしれないと言えなくもない・・・・かな?(笑)
2015050502

【大板山たたら製鉄遺跡】
 遺跡を描いた風景印はありません。かなり離れているものの同じ萩市の紫福郵便局が最寄り局になります。奈古郵便局も近いのですが阿武郡阿武町なのが惜しい。なお、両局とも風景印の使用はありません。世界遺産決定までに紫福局が風景印を使用開始してくだされば良いのですが。
2015050503

【松下村塾】
 マッチング局は2局あります。ひとつ目は、地理的には離れているものの松下村塾を描いている萩郵便局。もうひとつは松下村塾を描いてはいないものの、地理的には最も近い萩松陰神社前郵便局です。どちらか、あるいは両方の風景印を押印されてはいかがでしょうか。
2015050504

【萩城下町】
 最後に萩市街地図をお示しします。赤星印があるのが風景印使用局です。
2015050505

 武家屋敷を描く萩平安古郵便局、港町の景観を描く萩浜崎郵便局の2局が候補として挙げられます。強いて言えば萩平安古局の方がやや有利と言えます。
 しかし、城下町のど真ん中にあるのは萩たまち郵便局です。こちらも世界遺産決定までに風景印を使用開始してくださるのがベストなのですが。
2015050506

|

« サンマリノが3Dプリンターの切手を発行 | Main | 郵便名柄館オープン »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/61540375

Listed below are links to weblogs that reference 明治日本の産業革命遺産「製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」:

« サンマリノが3Dプリンターの切手を発行 | Main | 郵便名柄館オープン »