« LOVE YOUR PET | Main | 日韓国交正常化50周年記念切手発行に反対します »

April 18, 2015

新刊案内・日本切手の凹版彫刻者たち

 公益財団法人・日本郵趣協会から表題新刊書の案内書が郵送されてきました。私自身が正会員でもありますしこれは必ず買います。買わねばならない一冊だと思います。

2015041801

2015041802 日本国際切手展PHILANIPPON2011の時に左の「日本紙幣肖像の凹版彫刻者たち」(財団法人・印刷局朝暘会)を購入しました。紙幣も切手もかつての大蔵省印刷局こと現国立印刷局でそのほとんどが製造されていましたから共通点は非常に多いです。この中で驚愕したのが大山助一さんという彫刻師の存在です。キヨッソーネから凹版彫刻技法を学び、なんとアメリカ財務省で研修し、一旦帰国した後にアメリカン・バンクノート社に採用されています。そこではアメリカ国内の銀行各社の小切手からコスタリカやメキシコなど中南米諸国の銀行券彫刻まで行っています。とりわけ女性像の美しさは超絶的です(下図参照)。かつて我が日本国に、かのスラニアを凌駕するレベルの凹版彫刻師がいたことを初めて知ったのでした。
 帰国後は主に紙幣の肖像彫刻に力を発揮されています。その関係で郵趣関係で大山さんのことを知っている人はかなり少なかろうと思われます。ですからこの度の切手本も購入し、紙幣と切手の両方の文献を買い揃え、見比べたいと思っています。著者はともに植村峻さんです。

2015041803

|

« LOVE YOUR PET | Main | 日韓国交正常化50周年記念切手発行に反対します »