« March 2015 | Main | May 2015 »

April 2015

April 29, 2015

フィンランドもムーミン切手発行

 来る2015年5月1日に日本でグリーティング・ムーミン切手が発行されます。これは母国フィンランド以外の国や地域では初になります。
 ところが本家本元フィンランドもわずか一週間後の8日にムーミン切手を発行します。それも予想だにしなかったヨーロッパ切手での発行です。今年の共通テーマ「昔のおもちゃ」に則り、1950年代に実際に販売されていた人形が題材に取り上げられています。これは2015年がムーミン誕生70周年になるのにちなんでいるのではないだろうかと想像しています。
 セルフ糊式切手帳ペーンの形で発行枚数は100万枚(@50万枚×2種)、蘭エンスケデ社製です。

2015042901

| | TrackBack (0)

April 28, 2015

大橋武彦さん さようなら

 郵趣5月号が届きました。

 大橋武彦中国・四国地方本部長の訃報も載っています。改めて亡くなったんだなあと今さらのように感じます。
 30年以上も郵趣を嗜み、自分自身も50歳を越えましたので、諸先輩方の多くは亡くなって当たり前なのですが、そうはいっても・・・・です。
 どの世界でも同じでしょうが、若い時は若いというだけで恵まれないものです。その時代に手を差し伸べてくださった方々の恩義は一生忘れられません。忘れてはいけないことです。
 大橋さんのブログがまだ残っていたので、せめてもの気持ちとして書き込みしてきました。

大橋さん
長い間お世話になりました。今、椙山があるは大橋さんの教えに負うところ大でありました。今生のお別れです。
ありがとうございました。

| | TrackBack (0)

April 27, 2015

ムーミン切手発売記念イベントのご案内

Moomin 来る2015年5月1日、母国フィンランド以外では世界最初のムーミン切手が日本で発行されます。
 フィンランド側から見れば「外国切手では世界最初のムーミン切手を日本が発行する」ということになるわけですから、その重みを私たちもよく理解しなくてはなりませんね。

 発行初日の5月1日には東京駅すぐのJPタワーにおいてムーミン関連イベントが開催されます。オープニングにはフィンランド大使の出席があるほか、ムーミン切手発行に尽力された同大使館商務部の木村正裕上席商務官、女優のミムラさんなどによるトークショウも行われる予定です。

 お近くの方はぜひお運びください。

▶︎イベント情報
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2015/00_honsha/0421_01_02.pdf

▶︎発行される切手に関しては以下をご覧ください
https://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2015/h270501_t.html

| | TrackBack (0)

外国切手最初のドクター・イエロー切手

Dr_y

 外国切手では世界最初のドクター・イエローの切手が発行された模様です。2014年11月5日付、ギニア・ビサウ名義で発行された「世界の高速鉄道」4種連刷シートの1枚(3番切手)がドクター・イエローです。
 ただし、いわゆるエージェント切手なので、後になって発行順位が変わる可能性もなくはないので念のため。

| | TrackBack (0)

April 26, 2015

日韓国交正常化50周年記念切手発行反対/ご提案

 報道発表通りに発行された場合、ムクゲとさくらを描いた1種のみ要りません、買いません、と宣言しましょう。シール式切手の場合のみシート単位での販売と決まっていますが、その特記がない限り1枚からでも販売しなければならない決まりになっています。日韓の民族衣装を着たデザインの切手のみ購入しましょう。

 あるいは、シート単位で購入した場合、下図のような加工と郵便使用をご提案したいと思います。ムクゲとさくら切手を上下真っ二つにちょん切ってしまいましょう。いわゆる半裁切手(バイセクト)です。日本では半裁使用は認められていませんので切手としては無効になります。82円を余計に捨ててしまうことになりますが、そのこと自体は日本郵便さんに何の被害も与えていません。みずから郵便使用できなくしているわけですからむしろ増収に貢献しています。
 言うなればただの耳紙、ラベル扱いです。ということはその上に何を書いてもかまいませんね。ムクゲの耳紙上に、まあ、例えばですが「嫌韓」と書いてもなんら違法性はないわけです。私はそんな初日カバーを作って収友に送ろうかなと本気で考えています。

2015042507

| | TrackBack (0)

April 25, 2015

日韓国交正常化50周年記念切手発行反対/関連資料(2)

 二国間の友好を祝す場合は、切手のデザインに優劣・主従などの上下関係があってはならないというのが原則です。何も難しいことではなく当たり前のことです。
 ここに本来の美しい二国関係を表現した外国切手の例をお示しします。その例は非常にたくさんあるので、特に日本と他のお国との記念切手、それもなるべく最近のものを4点ご紹介します。国旗に限らずお互いを象徴する文物・自然などなんであれ対等・平等に扱われている実例です。

【女性】
 まずはトルコが1990年に発行した「日本・トルコ修好100年」記念切手です。背景にはかのエルトゥールル号を配し、手前には民族衣装を着た両国の女性が描かれています。ここでの女性像はいわずもがな両国の象徴です。お互いに対等・平等であって何の差もありません。
2015042503

【世界遺産】
 ドイツが2011年に発行したもので、日独交流150年を記念して双方の象徴として世界遺産が取り上げられています。55cは日本の薬師寺(世界遺産・1998)、75cはレーゲンスブルグ旧市街(同・2006)です。
2015042504

【花】
 スペインが2013年に発行した「日本・スペイン交流400周年」記念切手です。額面は2種とも€0.90で、スペインのゼラニウム、日本の萩が取り上げられています。
2015042505

【春の季節】
 スイスが2014年に発行した「日本・スイス国交樹立150周年」記念切手です。100cは富士山と桜を、190cはスイスの山の春が取り上げられています。
2015042506

 日韓国交正常化50周年記念切手のあのムクゲとさくらの上下関係を見て看過できるとしたら、それは決して「大人の対応」などというものではなく、日本国民としての真っ当な精神を忘れた平和ボケか愚か者か、あるいはその両方でありましょう。

| | TrackBack (0)

日韓国交正常化50周年記念切手発行反対/関連資料(1)

2015042501 1967年(昭42)、当時の沖縄切手で起きた「日米琉合同記念植樹祭記念」切手の発行中止事件についての基本資料をお示しします。左図が問題となった切手図案です。

 一見しておわかりのように、日の丸が星条旗よりも上の位置にあったことが問題となった・・・と一部のマスコミもそこまでは伝えていますが肝心な点が抜けています。これが直接原因となって米国民政府が激怒して発行中止に追い込まれたことです。

 大事なことなのでもう一度書きます、強制的に発行中止です。

 しかし、日米琉の三者が平等であれば何も問題にならなかったわけで、当時のアメリカ側の考えは筋が通っています。明らかに日琉側のデザインがトラブルの原因です。勉強不足、配慮不足です。
 それと同じ轍を踏もうとしているのが「日韓国交正常化50周年記念切手」です。

(以下、ビジュアル日本切手カタログVol.2より)
2015042502

| | TrackBack (0)

April 23, 2015

日韓国交正常化50周年記念切手発行に反対します

Nikkan50

 せっかくのところ申し訳ないけれど、この切手だけは許せません。

 郵便切手の場合、国家間の上下関係が生じないようにデザイン上でも平等・対等に扱うのがUPU(万国郵便連合)の大原則です。それなのにさくらの上にムクゲを描くとは一体どういうことですか。国旗だったら大問題になるのですから国花も国旗に準じた扱いをしなくてはいけません。もし、これが日韓が上下逆だったら韓国はどう反応するでしょうか。それを考えれば自明の理です。こんな国辱的なデザインは許容できる道理がありません。

 本券のデザイナーさんは直接お目にかかって名刺交換もしたくらいのファンです。しかも、私自身もデザイナーなので、図案の最終決定権は会社(日本郵便)にあるのであってデザイナーさんにはないことも熟知しています。ですからデザイナーさんを批判する気はありません。あくまでも日本郵便さんの決定結果に同意できかねるという意味です。

 日本郵便さんに抗議して図案変更なり発行中止を要望しましょう。そもそも、お相手である当の韓国は国交50年の記念切手を発行する計画自体すらないのです。日本だけが一方的に卑下するようなことをするべきではありません。

▶︎特殊切手「日韓国交正常化50周年」の発行http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2015/h270622_t.html

【追記1】
 この4月10日に「米国からのハナミズキ寄贈100周年」記念切手を発行したばかり。こちらは見事に、というより当然のように日米双方を対等に描いています。なぜ同じことができないのでしょう。

Hanamizuki100

冷静に見過ごせ、大人の対応を、などと一体何を馬鹿なことを言ってるんだ。
日本人はそこまでボケたか?

http://news.livedoor.com/article/detail/10046002/

【追記2】
 4月15日に北朝鮮がやってくれました。北朝鮮国旗の下にインドネシア国旗を置いています。国交50年の共同発行テーマなのでインドネシアも記念切手を発行することでしょう。が、しかし、これは問題になりますよ。

Nk_ndn

| | TrackBack (0)

April 18, 2015

新刊案内・日本切手の凹版彫刻者たち

 公益財団法人・日本郵趣協会から表題新刊書の案内書が郵送されてきました。私自身が正会員でもありますしこれは必ず買います。買わねばならない一冊だと思います。

2015041801

2015041802 日本国際切手展PHILANIPPON2011の時に左の「日本紙幣肖像の凹版彫刻者たち」(財団法人・印刷局朝暘会)を購入しました。紙幣も切手もかつての大蔵省印刷局こと現国立印刷局でそのほとんどが製造されていましたから共通点は非常に多いです。この中で驚愕したのが大山助一さんという彫刻師の存在です。キヨッソーネから凹版彫刻技法を学び、なんとアメリカ財務省で研修し、一旦帰国した後にアメリカン・バンクノート社に採用されています。そこではアメリカ国内の銀行各社の小切手からコスタリカやメキシコなど中南米諸国の銀行券彫刻まで行っています。とりわけ女性像の美しさは超絶的です(下図参照)。かつて我が日本国に、かのスラニアを凌駕するレベルの凹版彫刻師がいたことを初めて知ったのでした。
 帰国後は主に紙幣の肖像彫刻に力を発揮されています。その関係で郵趣関係で大山さんのことを知っている人はかなり少なかろうと思われます。ですからこの度の切手本も購入し、紙幣と切手の両方の文献を買い揃え、見比べたいと思っています。著者はともに植村峻さんです。

2015041803

|

April 15, 2015

LOVE YOUR PET

 来る5月2日、カナダがこんなキュートなペット切手を発行します。ネコ図案3種、イヌ図案2種の計5種です。5種を2セット納めるペーンが50万冊、5種を1セット納める小型シートが15万シート発行されます。小型シートを全面貼りした公式FDCも13,000通作成されます。かわいいですね、よくできてますね。

Lyp01

Lyp02

|

April 10, 2015

岩国刑務所からの発信便

Iwakuni_p

 地元の郵趣ネタということで女子刑務所の岩国刑務所からの発信便をお示しします。消印は岩国西25.6.19です。

 現在、日本の女子刑務所は栃木刑務所、笠松刑務所、和歌山刑務所、岩国刑務所、麓刑務所の5ヶ所のみです。絶対数として女子受刑者の監獄郵便は少ないものと言っていいと思います。2008年のデータでは刑務所に入った男子26,768人に対し、女子は2,195人なので女子は8.2パーセントです。ただし、2012年は2,225人で全受刑者数における女性の入所受刑者の割合は9パーセントと、年ごとに増える傾向にあります。
 私自身も他には麓刑務所しか所持していません。これはまあ、地理的に近いかどうかの要因も関係しているのだろうとは思います。
 なお、男子と違い女子の場合はA級(犯罪傾向が進んでいない者)、B級(犯罪傾向が進んでいる者)、L級(執行刑期が8年以上)の区別はなく混禁されています。
 昨今の人権意識の高まりを受けて昔のように封筒表面にでかでかと検閲印を押すことはなくなりました。中の便箋にのみ押されている状態ですから、郵便物の外見からはぱっと見それとはわからないようになっています。しかし、差出人住所を見れば刑務所、拘置所というのはもろわかりなので、あくまでも外見上の配慮にすぎません。
 ポイントは封筒のベロ部分です。ここに要件が書き込まれている場合が多いです。本便も「235 友人 3類」とあります。これはつまり差出人は235号室の受刑者、宛先人との関係は友人、受刑者の優遇区分は3類という意味です。優遇区分は1〜5類まであるので差出人のランクはまあ普通です。毎月5通以上で施設が定める回数を発信することができます。
 ベロ部分を上手にはがすか、光にかざして可視できる文言を読み取ってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2015

愛称「エコーはがき」

2015040501

 こういうチラシ、張り紙の類も大事です。決して侮れません。1981年(昭56)7月7日から発行が始まった広告付きはがき、当初はまだ愛称がなかったことがわかります。今も使われている「エコーはがき」なる愛称は広く募集されたもので、その結果発表は同年10月末(予定)でありました。
(画像をクリックするとより大きな画像のポップアップウィンドウが開きます)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2015

私製航空書簡

2015040401

 郵便局で1枚90円で売られている航空書簡(エログラム)は許可を得て私製することができます。私製航空書簡には料額印面が付いていませんから、現在は別途90円切手を貼って差し出すことになります。おおよそ想像がつくことですが、一般に少ないと言われている使用例の一つです。上図は比較的にありふれている100円赤鶴の単貼り使用例です。意識しないで集めているとアメリカ宛ばかりに偏ってしまうものですから、本便がトルコ宛というのが気に入って入手しました。
 歴史的には昭和39年(1964)4月1日、当時で言う所の各地方郵政局長の許可を得て私製が許可されるようになりました。上図には「東京郵政局承認第A-23号」とあり、製造銘はKISANPO CO., LTD. TOKYO、消印はTOKYO 29.X.76です。
 長らく何も封入できない決まりでしたが、平成18年(2006)1月から25g以下の薄物であれば同封可となり現在に至っています。需要が少ないのか、平成6年(1994)1月13日に90円オシドリ図案が発行されて以降、新種の発行は途絶しています。

 今でもときどき雑品扱いで未使用が郵趣市場に出回っています。顧みる人もほとんどおりません。そこに注目するのがHYPER Philatelistであります。下図の許可表示が「東北郵政局承認A1号」とあり、ひょっとすると東北郵政局管内最初の私製か?と手が止まりました。

2015040402

 幸いなことに内側も印刷された状態で残されていました。現在も存続している仙台市の日本短波クラブさん(J.S.W.C.)の受信報告書でした。クラブメンバーの利便のために私製されたことが容易に見て取れます。私製の未使用品であっても軽視せず、しっかり残していきたいものです。
 昨日も防府市内の大手文房具屋さんを訪ねましたが私製航空書簡は取り扱っていないとのことでした。店員さんの話しぶりでは存在自体を知らないようでした。かつては封筒・はがきメーカーさんが製作販売していたのですがねえ。現行品の方がレアだとしたら本腰入れて探してみましょうか。

20150404003

|

April 03, 2015

さようならクロネコメール便

 2015年(平27)3月31日をもって1997年(平9)から18年間にわたって親しまれてきたクロネコメール便が廃止されました。郵便ではありませんが、郵趣の範ちゅうに含まれるトピックですからラストデーカバーを作りました。
 事前にfacebookで話題にしてみたのですが、やはりと言うべきか、郵便ではないのでほとんどの方が興味を示されませんでした。そこで特にディープな収友8名に限定して図版のカバー、カードをお送りしました。自分用には各7通を作成したものの、これでも多すぎたかな?と(笑)

【セブンイレブン防府長沢レーク店】
 記念に送りたいと率直に申し出ましたら難なく理解していただけました。コンビニ用のメール便ラベルを貼り、それにお店の事務用日付印を押してくださいました。(山口県防府市台道)

2015040301

【新幹線口センター】
 コンビニでカバーを差し出したのでカードは営業所から出すことにしました。なぜなら貼られるラベルのデザインがコンビニとは異なるからです。ここでも記念に出したいとお話ししましたら快諾していただけました。事務用日付印が磨耗しているのが却って実逓らしくていいと思っています。(山口県山口市小郡花園町)

2015040302

【メール便速達/神保町センター】
 収友のO.Tさんご自身が経営されている会社から速達便で送ってくださいました。ラベルに発送日の3月31日の表示がなされているので最も好ましい例かと思います。(東京都千代田区神田)

2015040303

 なお、法人契約を結んでいる事業所の場合は2015年9月末までの6ヶ月間の猶予期間があります。よって制度廃止の本当の最後の最後は9月30日になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2015

マン島女性学会100年

2015040101

 2015年4月25日、マン島女性学会100年記念切手6種がバラの香り付きで発行されました。図案はいずれも過去100年間に行われた主要なキャンペーン活動の場面が取り上げられています。男女平等の賃金を要求するデモのシーンなど、納得できる図案ですね。詳しくはこちらからどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2015 | Main | May 2015 »