« February 2015 | Main | April 2015 »

March 2015

March 29, 2015

まやかしの琉球独立党運動

2015032901

 アメリカ軍政下の沖縄で行われた行政主席選挙の選挙はがきです。立候補者に支給されたもので、裏面を印刷はしたものの、いかなる理由からか使われることなく今に残されました。しかし、実際に選挙が行われたのは1968年11月10日の一回こっきりでしたので時代特定に悩むことはありません。そんな中途半端な選挙はがきの何が興味深いのかと申しますと、この野底(のか)武彦氏こそが最初に琉球独立運動を始めた人だからです。

 1972年(昭47)の沖縄復帰当時の私は11歳、小学校6年生でした。復帰の立役者は郷土の誇り・佐藤栄作首相その人であり、その祝賀の雰囲気はよく覚えています。後に郵趣家となった時も目にする郵趣品は復帰を祝うものばかりで、復帰に反対するものや琉球独立をメモリアルしたものはただの1点も目にしたことはありません。そんなマイナーな独立運動は、果たして政治活動と呼べるほどの組織や規模があったとはおよそ信じられません。事実、野底氏の選挙の結果は惨憺たるものでした。wikiによれば以下の通りです。

投票率:89.11%
得票数
・屋良朝苗 237,643票(当選)
・西銘順治 206,209票
・野底武彦 279票

 まったくお話になっていなかったのは明瞭です。江戸時代の島津藩がどうの、廃藩置県の時の琉球処分がどうのといった大昔の話を、あたかも今起きているかのように妄想した一種の変人扱いだったのです。誰からも相手にされていなかっただけにすぐに活動停止に陥ってしまいました。今のように反日左翼の島外人・外国人の「余計なお世話」がなければ、本来、沖縄独立などただの絵空事に過ぎないのです。
 亡くなる2年ほど前の2007年(平19)に有名無実と化していた党首の座を屋良朝助に譲り自らは名誉党首となりました。体良く屋良に利用されただけですな。その屋良自身も一度たりとも選挙の当選実績はありません。

 野底氏が始めた琉球独立運動は実質的に沖縄本土復帰時に潰えています。現在の反日左翼運動とはなんの連動もありません。外国勢力に利用されることなどあってはなりませんし、万一、利用されているとしたら日本国の名誉にかけて壊滅すべきです。沖縄は日本国です。

|

March 25, 2015

アプルーバルを発送します

2015032501

 たいへんお待たせしました。アプルーバル販売品のパッケージ作業が完了しましたので本日発送いたします。
 パッケージは3セット組みました。世界の変形切手や変わり種切手、金箔切手貼りカバー、日本関係の面白アイテム類、ジンバブエのハイパーインフレ当時の通常硬貨セット、はては戦前の集印帳も入れました。目玉品は、今となっては貴重になった3.11同時多発テロ事件当時の差出人戻し付箋付きカバー(郵趣家便)です。レターパックライトで差し出しますので到着まで今しばらくお待ちください。
 今回は5名の方からお申し込みいただきました。先着順に3名の方にお送りします。それが戻って来次第内容を補充して次の方へと回送します。

(20150328追記:以下、売り切れました。ありがとうございました。)
 なお、毎春恒例の「一年間に届いた郵便物オール詰め合わせ」(抜き取り一切なし)も2組できそうです。外国来郵便やフレーム切手なども一切抜いておりません。今年は量が多く、レターパックライト2通に詰め分けての発送になります。お値段は送料を含めて一式4,000円です。
 本来は何が出てくるかわからないお楽しみパックですけれど、大外れにならないよう、刑務所の検閲印が付いたいわゆる監獄郵趣の実逓カバーを数通加えておきます。
 先着2名のみです。まずは左欄の「メール送信」をクリックすると現れますメールフォームにご記入の上お申し込みください。折り返しご返事いたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2015

横浜中央郵便局の沿革

Yokohama

 富澤昇吉さんからご恵送いただきました。ありがとうごさいます。どうやら私スギヤマの54回目の誕生日当日に大きな改変があったようです。2015年(平27)3月23日-集配業務を横浜神奈川郵便局の跡地に新設される神奈川郵便局に移管。・・・だそうです。物流業態へのシフトの一環でしょうか。容易に忘れられがちな事柄のため、後事のために記録掲載しておきます。
 消印は横浜中央局の和文機械印、日付はラストの27.3.22 18-24でした。

<20150328追記>
 引き続き富澤さんから神奈川郵便局の初日印が届きました。和文印、和文機械印そして風景印の3種です。さらに札幌の湯浅英樹さんからも恵庭駅前郵便局の初日風景印+恵庭駅スタンプはがきが届きました。旧恵庭福住局が移転改称し恵庭駅前局となったそうです。

Kanagawa

Eniwa

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2015

"本当に" 南極まで行ったカバー

2015031801

2015031802 赤須秋王さんから毎年恒例の"本当に"南極まで行った南極観測船しらせからの手紙が届きました。封書にもはがき(年賀はがき)にもオーストラリア西端の国際港湾都市パース(Perth)局のパクボー印が押されています。3月12日に陸揚げされ、そこからは航空便で日本へ。本日3月18日に配達されました。ありがとうございました。

|

March 17, 2015

ニューカレドニアは山羊

 ニューカレドニアから新切手発行案内書が届きました。同国も年賀切手を発行するようになって久しいのですが、羊じゃなく山羊でしょ、これ。

2015031701

20150317002 ちなみに前回2003年の未年(左)も山羊です。今年の題名も"Year of Wood Goat"でもろに山羊、どう見ても山羊、やっぱり山羊(笑)。
 これは支那ではもともと羊も山羊もあまり区別なく同類扱いされていたことに起因するようです。長い文化的背景があるため、一概に間違いとは言えません。ですが、生物学的には全く別の種であることは厳然たる事実です。
 ニューカレドニア以外にも羊と山羊を混同している国や地域は少なからず。年賀切手のトピックのひとつとして覚えておきましょう。

|

寝台特急北斗星 定期運行ラスト運転

Hokutosei

 鉄の皆さん、号泣してください、その2です(笑)。前便に引き続き、札幌の湯浅秀樹さんからご恵送いただきました。湯浅さんのご説明をそのまま転載させていただきます(私は鉄分が皆無なので・・・)

 定期運行ラスト運転の「寝台特急北斗星」、写真は3月5日、3月7日(カシェのエンブレム、ヘッドマーク)撮影。
 臨時列車としては8月まで運行予定ですが、JR北海道所属車両としては3月13日(始発駅基準)の運行がラスト。カシェ写真のエンブレムはJR北海道所属車両のみに付いており、エンブレムの付いた車両はこれで引退となります。
 消印は2015.3.13、札幌駅パセオ局風景印にて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2015

トワイライトエクスプレスラスト運転記念カード

T_exp

 鉄の皆さん、号泣してください。札幌の湯浅秀樹さんからご恵送いただきました。寝台特急トワイライトエクスプレスラスト運転記念カードです。

|

March 12, 2015

ほとぼりが冷めた頃を狙おう

 3万冊しか発行されなかった意匠統一普通切手帳、同じくわずか7,000部のため早々に売り切れとなった北陸新幹線(長野・金沢間)開業初日カバー(厳密にはカバーではなくカード、タトウ類)が入手できなかった方々も少なくないことでしょう。その時々のムーブメントを経験したい、楽しみたいのであれば無理に無理を重ねてでも入手に努めてください。
 でも、そこまでこだわらないのであればほとぼりが冷めた頃に底引き網式に一気に集める手もあります。自分はまさにその流派です。例として1999/2000年のミレニアムをお示しします。
 リアルタイムでは郵趣誌や各国郵政ホームページから情報だけを収集し、自作の郵趣データベースに集積していました。そして今年はあれから15年。トレンド系アイテムは10年を過ぎるとろくに見返すこともなくなり愛着が薄れる、果ては収集家ご自身がお亡くなりになるなどの理由で郵趣市場に還流してくることが多いです。これらはすべて発行当時の半額以下の値段で入手したものです。

 尾道のA先生もおっしゃっていました。長生きも収集家の才能のうちである、と。

<ニュージーランド>
カバーに「1999年最後の日の入り」12月31日の推定日没時刻20:42の文字入り。
2015031201

<ニュージーランド>
カバーに「2000年最初の日の出」最も早く日の出が見られるピットアイランドの3:59の文字入り。
2015031202

<マーシャル諸島>
千年紀カバー。1999.12.31と2000.1.1のミレニアム・サドル・カバー。厳密には2000-2001年が世紀をまたぐサドルなのですが見栄えからか1999-2000の組み合わせが主流でした。
2015031203

<日本>
ふみカード2種。2000年用年賀切手の題材と、2000年のポケットカレンダーのセット。後者はありふれた素材だけに逆に盲点のような気がします。
2015031204

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2015

郵便と生活・第2回アメリカ編

2015031101 「帰化のお祝いレター」に続き、facebookフレンドのMomoyo Yoshidaさんからアメリカの生活の中にある郵便資料を各種ご寄贈いただきました。いつもありがとうございます。

 今回もその中から興味深いものを3点ご紹介します。いずれも昨2014年の郵便物です。もちろん、Momoyo Yoshidaさんの解説をいただいた上で公開もご了解済ですので念のため。

【病院からのお願い】

2015031102

2015031103 Yoshidaさんが病院の救急に行かれた後に、病院から来た手紙です。幸い入院されることなく帰宅されたそうなのですが、その時の処置はどうでしたか?、後日アンケート調査が来たらよかったと言ってくれると有難い、みたいなことが書かれています。
 患者さんの評価が高いと国から補助金がたくさん出るからです。この病院は無料で貧しい人を診ているので、こうやって協力を求めています。アメリカではここのように病院の一部を貧しい人向けにしているところがあります。ここもそうですが、寄付金箱も置いてあります。

・・・日本では患者さんにアンケートなんて聞いたことがありませんね。

【健康保険証とその転送郵便】

2015031105

 アメリカには日本のような国営による国民皆保険制度がありません。各自がそれぞれ民間の保険会社に加入するのみです。ですから日本のように健康保険証が身分証明書の代わりになることもありません。
 本便はYoshidaさんが引っ越しをされたので大事な保険証もきちんと転送されたものです。封筒表面に貼ってある黄色い紙が転送用紙で、転居後1年間はこうして新住所宛に転送してくれるそうです。このあたりは日本郵便と同じですね。

・・・珍しいので中身の保険証もお見せしましょう。プラスチック(塩ビ?)製でしっかりしていますよ。わが防府市の健康保険証より遥かに、遥かに立派で堅牢です!。

【トヨタ・アメリカのリコール示談金】

2015031106

 アメリカでトヨタ車が暴走してリコールなんてことがあったのをご記憶でしょうか?。その後、集団訴訟になり、最終的に示談になったようです。Yoshidaさんはトヨタ車を持っておられるので29ドルほどの示談金が送られてきたそうです。図に示した便箋の下部に小切手が印刷されており、ルレットで切り離して銀行で換金、というアメリカではよくあるスタイルです。
 Yoshidaさんご自身が訴訟すると意思表示したのではなく、訴訟しない意思表示をしなかったので自動的にいつの間にか訴訟に参加していたようです、とのことでした。

・・・報道では1,200億円もの示談金とのことですが、全ユーザーに割り振ったら29ドルぽっちなのはまあこんなものなのでしょう。
 私個人はブレーキとアクセルを踏み間違えただけの、ユーザーの運転操作ミスを悪用した、アメ車メーカー紐付き議員連中の不当な行為、一種の差別だと思っています。権利・差別に直結した現代史資料として特に重要な案件だと思います。

2015031107

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2015

かっこいいなあ

2015030901

 先日予告しましたアプ販売の商品ラインナップ作業は日々少しずつ着実にやっています。まだあとちょっとかかりそうなので、どうか気長にお待ちください。

 かれこれ20年前に外国のオークションでロット購入した軍事郵便物のアルバムを見ています。重品をアプに回せないかと思ってのことです。ですが、こういうかっこいいアイテムが目に入ると手が止まっちゃうんですよねえ(だめ人間)。
 ON ACTIVE SERVICEというのは日本語だと軍事郵便の意味です。文面から察するに、慰問タバコにくっついていたお礼状はがきです。兵士からカナダのトロントにあるダンロップタイヤの従業員さん宛の返礼で、1942.2.9のダンロップの到着事務印が押されています。軍事車両のタイヤ・ラバー関係を製造していた軍需工場かもしれませんね。
 くわえタバコの兵隊さん、かっこええなあ。しかし、今は軍事もタバコもまるで悪役扱いです。郵趣的にはどちらも魅力的なテーマなんですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2015

変形郵便と発行銘

2015030801

 捨てないで残しておくと、後で別の意味に気がつくことが多いです。上もその典型で、札幌大通局の平7(1995).2.8付の第46回さっぽろ雪まつりの変形記念カードです。

 まず、この当時から郵便局でフォルムカード的な変形カードを製作・販売していた事実に着目です。往時はただのお土産品的な見方しかされませんでしたが、フォルムカードが定着した今、それまでとは違った意味が伺えます。
 規格外のサイズのため定形外郵便物扱いとなり、50g以下130円料金となっています。それゆえ、どこにも「郵便はがき」の表示もありません。これは今のフォルムカードと全く同じ制度運用ですね。
 さらに細かく見ますと宛名面右下に小さく「札幌郵趣会」の銘があります。文字通り郵趣会が発行したものなどではなく、郵趣会の名義を借りて郵便局(おそらく札幌中央もしくは札幌大通郵便局)が発行したものです。郵趣会名義での各種郵便商品の製作・販売という手法は決して珍しいものではなく、私見では郵便局名義の方が少ないようにすら感じます。
 ところが、このスタイルは不明朗な会計処理につながると会計検査院から厳しく指導され、平11(1999).4.30付で禁止されました。それ以後、全国各地のオリジナル郵便商品が激減したことに気づいておられる方はどれほどいらっしゃるでしょうか。
 ですから郵趣会名義の禁止以前と以後、フォルムカード登場以前と以後の変形郵便物(カード)は、その違いを細かく見る必要があります。それが郵便局製であればなおのことです。

 なお、ついでに記しますと、今でこそゆるキャラやマスコットがひんぱんに小型印図案に採用されていますが、ほとんどの場合、著作権関係をクリアした証として印面にコピーライト表示「©マーク」が刻まれています。ところがさっぽろ雪まつりだけは昔から、そして直近の第66回(平27)でも©マークがありません。事前に調整のうえ円満に解決されてのこととお察しします。その詳細については地元北海道の郵趣家の皆さんの手で歴史をまとめて発表をお願いしたく存じます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2015

少しずつ郵趣活動を再開します

2015030401 これまで特に記していませんでしたが、実は昨年5月28日に母が脳出血で倒れまして、以後、郵趣活動に割く時間がほとんどありませんでした。救急病院退院後にリハビリ施設に移り、容体が安定したことから先月初めに両親揃って介護付き高齢者専用住宅に入居してようやく落ち着いてきました。
 自分自身がヘルパーの資格を持っていて訪問介護のアルバイトもしていることから、今でも急に呼び出されて下の世話をするなどはよくあることです。それ自体は特段の迷いもなく淡々とこなしていますけれど、やはり、従前のようなライフスタイルは無理です。
 ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)例会も当面開催できない、というより泊りがけの遠方へは私自身が行けないため、春のスタンプショウでの切手の集いも申し込みを見送りました。ファンタスティック・オークションも滞っているのはご存知の通りです。
 それでも、少しずつ郵趣活動を再開していきたいと思います。特にファンタスティック・オークションの再開は要望が多いのですが、準備時間がなかなか取れません。そこで、アプルーバル方式での即売を考えています。A4判サイズのファイルケースに満杯詰めの郵趣品をレターパックライトでお送りするものです。内容は世界の変形切手、変り種切手、話題の切手、面白郵便など、そしてこれまでの寄贈品の中から下図のような薄手の郵趣文献類をも含めることを想定しています。往復送料はご負担いただきます。
 ご希望の方は左欄の「メール送信」をクリックしていただくと現れますメールフォームでお申し込みください。住所・氏名・電話番号は発送時に必要なので必ずおしらせください。少々お時間をいただきますが、お申し込みいただいた順にパッケージングしてお送りします。

2015030402
(京都寸葉の終焉号です)

|

March 03, 2015

切手はどこ?

2015030301

 政府開発援助(ODA)50年小型シート全面貼りカバーです。消印はイスラマバード(パキスタン)2006.1.5付です。一見すると切手部分に消印が乗っていないので欠陥品と思われたのでしょう、どなたも手を出されないまま切手商さんのファイルに取り残されていました。
 ですが、これでいいのです、正しい押印処理なのです。切手部分をよくご覧ください、額面数字がありません。つまり切手に見えた部分は切手ではないのです。シート地左上にあるRs.30、これが額面です。そう、この小型シート全体が1枚の切手なのです。
 切手のように見える田型4種は、それぞれ別途Rs.5切手として同時発行されています(下図参照)。これが話を面白くしています。同一額面で小型シートに収めたらRs.20ですよね。これを額面を抜いてシート地にRs.30とすることでRs.10の差額を余分に稼いでいます。せこい?、いえいえ、お利口さんと呼びましょう(笑)。
 なお、小型シートの目打に見える部分は実は印刷で穿孔穴はありませんので擬似目打という変わり種の一種です。さらにUV反応インクでパキスタン郵政のロゴマークが印刷されていますのでブラックライトをお持ちでしたら照射してみてください。

2015030302

 題材の詳細は発行時に詳しく報じられています。登場している日本人は2名で、青年海外協力隊員として活躍した伊賀智子さん(1998年から2年間、視覚障害者施設でアート・アンド・クラフトを指導)と国際協力機構(JICA)の専門家・小林誠さん(子どもにポリオワクチンを経口投与している写真)が採用されています。シート地のトンネルはODAにより完成したコハットトンネルです。切手の製造はPost Office Foundation Press Karachiです。
 どうです、なんだか至極真っ当な切手に見えてきたでしょう?。世界には日本切手にはない変化球はたいへん多いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2015 | Main | April 2015 »