« 名古屋中央郵便局版オリジナルカシェ封筒 | Main | 書き損じはがきの交換ができなかった時代 »

February 12, 2015

住所なし

2015021103

 先日、地元防府市での郵趣イベントの際に、わざわざ広島県福山市からおいでになった豊田陽則さんからいただきました。風景2銭切手を貼ったごく普通のハトロン紙封筒です。面白いのは差出も宛名もその名を記しているだけで住所が全くない点です。
 差出は口羽村青年団、宛先は片岡顧問殿/ご案内とのみ記されています。消印は昭和3年3月19日、島根・口羽郵便局です。当時のコミュニティーは狭かったのでこれでもちゃんと送達されたのでしょう。そんなに近しい間柄なら直接訪ねて手渡せば良いものを、わざわざ郵便で送ったあたりに格式と言いますかフォーマルなニュアンスが伺えます。しかも書が堂々としていいですね。こういうところにも郵便文化の歴史の香りを感じます。
 なお、口羽郵便局は現在も存続しています。いつか訪ねてみたい郵便局のひとつです。

|

« 名古屋中央郵便局版オリジナルカシェ封筒 | Main | 書き損じはがきの交換ができなかった時代 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/61122109

Listed below are links to weblogs that reference 住所なし:

« 名古屋中央郵便局版オリジナルカシェ封筒 | Main | 書き損じはがきの交換ができなかった時代 »