« 音楽著作権と郵趣 | Main | 今は昔、サークルKサンクスに郵便ポスト設置 »

February 14, 2015

半官製加刷?

2015021401_2

 ビジュアル日本切手カタログVol.3ー年賀・グリーティング切手編にも載っていない忘れられたバラエティです。私の父あてに届いた1枚で完全な非フィラテリックなアイテムです。おわかりでしょうか、寄附金なしの40円ラブビー図案なのに裏面に絵入り地方版の「フク提灯」のイラストがあります。昭和63年用お年玉付き官製年賀はがきの超ローカルバラエティです。
 この年はイラストの出来が良かったために寄附金付き40+3円年賀はがきが早々に売り切れてしまいました。お客さんから相当なクレームがあったため、中国郵政局(当時)が独自判断で40円年賀はがき3万枚にイラストを加刷して下松、徳山、新南陽地域の郵便局で売り出してしまいました。もちろん、本来なら「あってはならぬこと」です。
 売価は寄附金付きと同じ45円。本物と見比べると色味がややくすんでいる等の差異はありますけれど、料額印面自体が違いますので簡単に区別ができます。
 当時、東京に住んでいた私あてにも下松市の郵趣家さんから1通届きました。父あてに届いたのと同じB1078組です。通信面に本件についての文面は一切ありませんが、ベテラン郵趣家さんですから気がついていないわけがありません。
 山口県版をお持ちの方は今一度ひっくり返してご確認ください。

2015021402_2

|

« 音楽著作権と郵趣 | Main | 今は昔、サークルKサンクスに郵便ポスト設置 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 半官製加刷?:

« 音楽著作権と郵趣 | Main | 今は昔、サークルKサンクスに郵便ポスト設置 »