« December 2014 | Main | February 2015 »

January 2015

January 27, 2015

特報:下関上田中二郵便局廃止

2015012701


20150127002 来る3月27日(金)で廃止との報道発表がありました。たいへん惜しいことです。同局は小説家・林芙美子の誕生地最寄り局で風景印に誕生地碑が描かれています。上は昨年7月18日に訪問した際、20世紀デザイン切手シリーズ第5集「放浪記」のマキシマムカードに記念押印したものです。廃止に伴い、この風景印も使用中止となってしまいます。山口県における林芙美子関連では唯一の風景印でしたので、文学関係のコレクターさんはお早めに郵頼されてください。また、同局には駐車場がありませんので、直接訪問される方はご注意ください。
 
 下の2枚は2012年9月9日に局メグした時に撮影した生誕地碑の写真です。下関市田中町にある五穀神社の鳥居の右側にあります。

2015012703

20150127004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2015

花燃ゆ放送開始記念カード(2)

2015011701

 鹿児島のNHKマニア(?)の谷之口勇くんが送ってくれました。わざわざ萩局に郵頼したようです。1月4日の18-24時刻印で、放送開始日・時刻まで合わせている凝りようです。
 すんません、山口県なら私の方が地元なのに・・・・

※↓が私が地元防府局で作ったカード
 http://topofswan.tea-nifty.com/hyper_philatelist_annex/2015/01/post-1b77.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2015

初代逓信省本館

2015010501

 暮に実家に寄った時に見つけてきました。曽祖父・椙山伊三郎の絵はがきコレクションの一部です。伊三郎は苦学の末にアメリカに渡り、杉山商店という釣り具と骨董の店を営んでいました。いつの頃からか、彼もまた当時の流行であった絵はがき収集をしていました。主に日本の友人たちとの間で交換送付をしていたようです。その中に逓信省本館、山縣逓信大臣、仲小路逓信次官を描く絵はがきがありましたのでご覧に入れます。
 絵はがきの銘は交通学館発行で第一回交通紀念絵葉書とあり、製造は東京印刷株式会社です。本便は、下関東局・明41年(1908)8月13日の消印で、サンフランシスコ局の9月4日および6日の中継・到着印があります。ネットでググりましたら明治39年にはもう発行されていたのを確認しましたので、これは明40年(1907)に消失した初代の建物でしょう。
 曽祖父は渡米する前は下関郵便局で働いていました。差出人の下関のY.TANAKAさんは、局員時代の同僚かもしれません。東京で製造販売された逓信省関係の絵はがきをわざわざ下関で使っているのも郵政関係者なら比較的に容易に入手できたことでしょう。「岩本君ハ台湾ニ行キワイフヲ取ッタ」の友人消息もリアルでいいですね(岩本姓は山口県に多い)。
 なお、余談ですが、この山縣逓信大臣も同じ「伊三郎」さんです。

(↓下図をクリックするとポップアップウィンドウで大きな画像が開きます)
2015010502

|

January 04, 2015

花燃ゆ放送開始記念カード

2015010401


2015010402 昨日、萩博物館で入手した文(美和子)のポストカードを使いました。実兄・吉田松陰の和歌「親おもふ心にまさる親こころけふのおとつれ何と聞くらん」を文が書き写したものです。大正5年4月とのことですから、すでに防府市に移住していた時代になります。
 萩博物館ではこのポストカードを1枚100円でたくさん用意していらっしゃいます。訪問された方はぜひどうぞ。
 これに防府郵便局で放送開始日の1月4日の風景印を押してもらいました。ところが全く予期せず花燃ゆの無料スタンプを防府局さんが用意されていました。直径30ミリのかわいいハンコです。これはすでにポスターなどでさかんに使われているシンボルマークです。

|

January 03, 2015

WE LOVE KITTE IN OSAKA

2015010202

 来る1月24日、切手デザイナーの玉木明氏をお迎えしての講演会、パネルディスカッション、ワークショップを交えた楽しい郵便・郵趣イベントが開催されます。小型印の使用も計画されていますので、お近くの方はぜひお運びください。詳しくはこちらです。

<コンセプト>
 切手の制作者、販売者、購入者等がそれぞれの立場で切手への想いを語ります!。みなさん、郵便局を大好きになるためにまずは切手から好きになりましょう!。入場無料ですのでお気軽にご参加ください。

<概 要>
日 時:平成27年1月24日(土) 13:00〜17:00
    ※12:30開場
場 所:日本郵便株式会社近畿支社7階講堂
参加費:無料
主 催:WE LOVE KITTE事務局
    (代表:川西久代郵便局)
共 催:公益財団法人通信文化協会近畿地方本部
    郵政退職者近畿共助会
協 賛:一般財団法人切手文化博物館

<スケジュール>
13:10〜 基調講演「切手って何だろう?」
     玉木明氏(日本郵便本社切手デザイナー)

14:00〜 パネルディスカッション
     パネラーは以下の方々です
    ・ばばちえ(『切手女子のかわいい収集BOOK』著者)
    ・長島和重(切手文化博物館学芸員)
    ・玉木明(切手デザイナー)他

15:40〜 ワークショップ
     当日受付にてお申込下さい。
     定員のあるものは定員になり次第締め切ります。
     表示がないものは自由に参加いただけます。
    ・絵封筒体験(定員20名)1回
    ・使用済切手しおり作り
    ・切手ソムリエ(定員15名)2回
    ・切手デザイン秘話(定員15名)2回
    ・使用済み切手時計作り
    ・使用済み切手缶バッチ作り
    ・使用済み切手絵はがき体験

<特記事項>
「WE LOVE KITTE IN OSAKA(27.1.24)」の小型通信日付印押印コーナーを開設します。切手も販売します。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2015

在日ら在外国民に住民登録証発給 来月22日から=韓国

2015010201

【ソウル聯合ニュース】韓国の在外同胞法と住民登録法の改正により、来年1月22日から在外国民の国内居所申告制度が廃止され、在外国民住民登録制度が施行される。主務官庁の法務部が29日、電子政府ホームページ「ハイコリア」を通じ告知した。
 現在、在外国民国内居所申告証という身分証を持つ韓国在住の在外国民は1月22日~6月30日に居住地の住民センターなどに届け出を出し、居所申告証を住民登録証に変更しなければならない。同期間に届け出を出さなければ、2016年7月1日から居所申告証の効力がなくなる。
 在日韓国人ら在外国民は住民登録証がなく、社会福祉制度から漏れたり、生活する上で不便を強いられたりしてきたが、同制度の実施でこれらの問題が解決できると期待される。(2014.12.29)

 さらっと書いてあるのでわかりにくいのですが、本当の目的は在外韓国人の一元管理です。具体的には兵役逃れと徴税逃れの防止です。これが日本の各種制度とも連動していまして、韓国の住民登録を行うことで生活保護などの社会福祉は日本ではなく韓国が責任を持って行うことになります。結果的に日本で横溢している不正な生活保護費支給の停止等が行われる予定です。この手続きを行わなければ、在日韓国人は法的に無国籍になり、日韓いずれの国家による保護も受けられなくなります。
 それならばと今から日本やその他の居住国に駆け込み帰化をしようと思っても、今は韓国政府が簡単に国籍離脱を赦してはくれません。なぜならほとんどの在日韓国人は強制連行されたわけではなく、密入国した者とその子孫で、とりわけ朝鮮戦争を嫌って日本に来た者は祖国を見捨てた裏切り者扱いだからです。ビデオ・アーティストの故ナム・ジュン・パイク氏もアメリカに逃げたことで永らく激烈な批判の対象でした。そこまでして捕捉しようとしているのは在日韓国人の財産が目当てだからでしょう。いずれにしてもよそ様のお国のことですからお好きなようにやってください。

 突如(のように思われる)、2014年10月7日、「世界韓人の日」(World Korean Day)なる記念切手を発行したのは、国民の義務(納税・兵役)を果たさず世界中に逃走している自国民を見逃さないぞと、韓国政府がいよいよ本気で動き出したシンボル、メッセージではなかろうかと思われたのですが、さて、真相はいかに?。(記念日は10月5日です)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2015

今年の官製年賀はがきはすべてAR機能付き

2015010103

 今年の年賀はがきはさまざまなトピックが盛り込まれた初物(はつもの)尽くしです。その中でも世界的ニュースになっても不思議ではないのが拡張現実AR機能です。年賀状配達の束の上に、こんなパンフレットが乗っていましたね。はい、よく読んでください。
 Appストア等で「ゆうびんAR」アプリをダウンロードしてください。スマホで官製年賀はがきをスキャンすると乃木坂48の360度ARフォトを見ることができます。私はiPadでこのようにしっかり確認しました。
 なにげなくスルーしそうですけれど、公称34億枚もの大量な印刷物である官製年賀はがき、そのすべてがAR機能を備えているというのはおそらく世界初にして世界一の量だと思います。まさにエポック・メイキングな日本郵便の快挙です。

A officiall New Year's greetings postcard for 2015 possesses "拡張現実"AR(Augmented Reality) function. Please download "Yubin AR/ゆうびんAR" (free application) in App Store. A three-dimensional image of NOGIZAKA48 appears when you scan a official New Year's greetings postcard in "Yubin AR". Postcard issued 3,400 million pieces. Probably it is the first & most records of the world that gets AR function.

(以下はキャプチャー画像です)

2015010104

2015010105

2015010106

2015010107

2015010108

|

年賀タウンメール2015

2015010102

 自宅に届いたのは周南市のさくらだ眼科さん1件のみでした。各郵便局さんの法人営業が浸透し、配達地域指定郵便制度がより活用されることを希望します。
 当ブログで既報のように、山口県長門市と美祢市では特殊詐欺被害防止啓蒙のための年賀タウンメールが配達されているはずです。お年玉抽選後でかまいませんので、ご不要でしたらどうか私にください。郵便史料としてコレクションしています。受取人の個人情報は何も記されていない郵便物でもありますし、ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新年あけましておめでとうございます

2015010101

HAPPY NEW YEAR 2015
YEAR of THE SHEEP

Ms. Midori Lee sent me the postcard from TAIWAN
It's so Beautiful!
Thank you very much

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2014 | Main | February 2015 »