« エドワード・ガントレットさんを知っていますか? | Main | 新年あけましておめでとうございます »

December 30, 2014

世界ジャンボリー1971

2014123001 1971年(昭46)8月2日から静岡県富士宮市の朝霞高原で第13回世界ジャンボリー大会が開催されました。前年に開催された大阪万博の余韻か、ジャパン・マネーを狙っての便乗記念切手が世界各国から発行されています。その中でも笑ってしまうのがリベリアです。

 アメリカで解放された黒人奴隷のアフリカ帰還政策の結果誕生したのがリベリア。紆余曲折はありますが、というより紆余曲折だらけなんですが(笑)、様々な面でアメリカの影響を強く受けています。お示ししたボーイスカウト・オブ・アメリカ(BSA)のポストカードが発行された1968年頃は比較的に内政が安定していました。そのせいか、BSAのオフィシャル・アイテムであるポストカードの写真をまんまパクっちゃった切手を発行しています。わかりやすく切手画像の方を目いっぱい拡大してみました。
 ポストカードにはコピーライトもしっかり表記してあるのにあっさり無視(笑)。当時の著作権に関する認識は、かくのごとく有形無実だったのでしょう。日本以外のボーイスカウトたちも同様にしてポストカードからパクられてリベリア切手になっています。著作権、権利関係に興味のある方はどうぞ。

2014123002

 来年2015年(平27)7月には第23回世界スカウトジャンボリーが、ここ山口県は山口市阿知須のきらら浜で開催されます。ふるさと切手ぐらいは発行されるだろうとたかをくくっていましたら、れっきとした正刷切手での記念切手発行とのこと。びっくりです。

 BSAの日本人スカウトの少年、彼は一体誰でしょうか。もしご存命なら直筆サインなどをお願いしたいものです。

|

« エドワード・ガントレットさんを知っていますか? | Main | 新年あけましておめでとうございます »