« 深海調査船よみうり号 | Main | クリミア、セヴァストポリのロシア編入記念切手のFDC »

November 08, 2014

三方目打の小型シート(2)

2014110801

 2008年に一度取り上げた題材です。その後の経過も含めて再度ご報告します。肝心の種類も増えておりませんのでそろそろ分類を確定してもいい頃合いかと思います。
 三方目打の主たる対象は小型シートで、切手部分の周囲4辺にある目打のうち1辺が省略されている事例です。初期の出現確認国はキューバで、小説家セルバンテス誕生425年(1972)、コペルニクス誕生500年(1973)、装飾絵画美術館(1975)の3点です。いずれも下辺の目打がなぜか省略されているものでその意図は不明です。一種の穴開き切手とも解釈できます。

2014110802 その後、キューバの新発行はぱったり止み、次に現れたのがウクライナでした。アトランタオリンピック(1996)小型シートが4例目となりました。ただし、今世紀に入ってからは若干状況が変化しました。切手のレイアウト位置がエッジ部分に近いことから、単に目打を省略したと思われるものが相当点数出現したからです。その例としてマケドニアが2000年に発行した聖ソフィア聖堂小型シートを示します。同様の例がボスニア・ヘルツェゴビナ、スイス、セルビア、ラトビアにもあります。その観点から言えばウクライナの例も微妙ですね。

2014110803 今世紀に入ってからは販売戦略の一環として小型シート、連刷シートのデザインや構成がアクティブになりました。切手部分がシート中央位置にあるという前提自体が変わってしまったことは否めません。既出のキューバの3例以外に明りょうな出現例もないことから、結論としては変則目打、中断目打の一種であって、三方目打という呼称はあくまでもサブ(補助的な呼称)ということで確定して良いのではないかと考えます。要は分類軸の格下げであります。

|

« 深海調査船よみうり号 | Main | クリミア、セヴァストポリのロシア編入記念切手のFDC »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/60615626

Listed below are links to weblogs that reference 三方目打の小型シート(2):

« 深海調査船よみうり号 | Main | クリミア、セヴァストポリのロシア編入記念切手のFDC »