« 都市伝説? イランの愛知万博切手 | Main | 11月1日は自衛隊記念日です »

October 30, 2014

ポーランドの森のキノコ

2014103001

 2014年8月29日に発行された表題の切手がたいへん興味深いです。向かって左上にJADALNE(食用)、右上にTRUJACE(有毒)の表示があります。これは左列縦4種は食用キノコ、右列は見かけはよく似ているものの毒キノコなので注意しましょうという意味が込められています。確かにこれを見分けるのは素人には難しいように思います。また、食用は切手、有毒はタブ(切手ではない)という違いも設定されています。
 もうひとつ興味深いポイントがあります。有毒のタブには右上角に×印が入れられています。間違って食べないよう注意喚起のためなのですが禁止アイコンにしてはずいぶん控えめです。かつての禁煙や麻薬反対などのアンチキャンペーン切手ではNO!を示す表現はもっと大きく目立つものでした。こんな小さいマークでいいのか?。
 そうですね、ピンときましたでしょう。はい、ご推察の通り、この×マークはパソコン操作上の「ウィンドウを閉じる」アイコンの転用でしょうね。
 特定の意味を象徴するマーク、シンボル、アイコンの類は時代によってじょじょに変化することの実例であると私は理解しました。グラフィックス(視覚表現)の観点から切手のデザインを考えてみました。
(参考:日本郵趣協会ポーランド郵趣部会会報「ポーランド郵趣」第137号)

|

« 都市伝説? イランの愛知万博切手 | Main | 11月1日は自衛隊記念日です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ポーランドの森のキノコ:

« 都市伝説? イランの愛知万博切手 | Main | 11月1日は自衛隊記念日です »