« 明仁・美智子皇太子夫妻訪印記念カバー | Main | 禁煙原理主義の横暴 »

September 15, 2014

チベット亡命政権切手を知っていますか?

 今2014年8月に山口市阿知須町の中川進さんから貴重なコレクションとそのコピー、当時の体験談を綴ったお便りなどを頂戴しました。後世に伝えられるべき内容も多く、以後何回かに分けてるるご紹介したいと思います。文中、私が若干編集・加筆している部分がありますので、文責は椙山が負うものと認めます。〔椙山記〕

2014091501
(残念ながら消印が不鮮明です。ダラムサラ20011.5.28か?)

2014091502 私が小学生の時、良く聞いたニュースのひとつに「チベット動乱とダライ・ラマ14世のインド亡命」があります。小学4年生の頃でしたか、チベットで動乱が起きてダライ・ラマが山を越えてインドに向かっているニュースをラジオで毎日のようにやっていました。当時のアメリカ大統領はアイゼンハワー、日本の首相は岸信介だったこともよく覚えています。ダライ・ラマが亡命政権を置いたのがインド奥地のダラムサラ(DHARAMSALA)です。
 左図はダラムサラの中央チベット行政府から定期的に送られてくるブルテンです。上図はそれを入れた印刷物用封筒です(横長封筒につき右端部省略)。
 また、いわゆるチベット亡命政権切手と呼ばれている1970年代発行の2セットを進呈します。これらは当時オーストラリアにあった有力ディーラーが後援して発行されたとされるプロパガンダラベルです。一応、亡命政権の認可を得ていることからそれなりの意味はあるようです。

・左)ヒマラヤの動物(4種)
 1972年、亡命政権が発行した最初のラベル切手。ダラムサラのキャンプで使用されたと言われていますが使用例は未見です。印刷はイギリスのフォーマット社、目打14、平版印刷。

・右)万国郵便連合UPU100周年(4種)
 1974年、上記と同じくフォーマット社製造、目打14、平版印刷。

2014091503

2914091504 それぞれ2〜3組の余部がありますのでご希望の方に無料で差し上げます。メールでご連絡ください。一部OHご了解を。またご参考までにUPU100年記念の最高額面券種のフルシート画像をアップロードします。画像をクリックしますとポップアップ・ウィンドウで拡大画像が開きます。

 1949年10月までに新中国が発足したものの、1952年に中国人民解放軍がラサに進軍する(チベット平和解放記念)まではチベットは独立国の体裁を保っていたと言われています。しかし、実質的にはどうだったのでしょう。当時のチベットは鎖国状態で農奴社会の一面があり、中国を統一したばかりの毛沢東政権に「チベット平和解放」という侵略の口実を与えたようです。
 UPUにも加盟していなかったチベットで発行されていた切手(土産切手と呼ばれる)はあまりにも原始的なもので、当時から偽物が横行し、どれが本物か偽物かの区別がつかないという滅茶苦茶な状況になっていました。そのためか、日本でチベット切手を集めている収集家は居ないと思います。
(参考:中国側のチベット平和解放記念切手。中川さんのコレクションより、上がオーストラリア宛4種貼り実逓初日カバー、下がハンガリー宛混貼実逓カバー)

2014091505

|

« 明仁・美智子皇太子夫妻訪印記念カバー | Main | 禁煙原理主義の横暴 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference チベット亡命政権切手を知っていますか?:

« 明仁・美智子皇太子夫妻訪印記念カバー | Main | 禁煙原理主義の横暴 »