« トム・オブ・フィンランドって何? | Main | 大阪万博44年 »

September 13, 2014

乃木希典大将殉死

Nogi01

 今から102年前の大正元年(1912)年9月13日、乃木希典大将は明治天皇大喪が行われた日の午後8時頃、妻・静子とともに自刃されました。私の母方の祖父が同じ長府毛利藩士の家系でもあることから、乃木さん関係の郵趣品も集めなければと意識しています。
 山口県民の方ならああなるほどと共感していただけることでしょう、乃木さんはいかにもな「長州顔」をされていますよね。私の祖父もこの系統の顔でして、ただそれだけのことで親近感を感じます。今年の初詣は下関市長府の乃木神社、そこでいただいたお守りを携帯ストラップにしています。

Nogi02 3つの図版のうち第2次昭和切手の乃木二銭無目打は、芝郵便局のきれいな機械満月消なのが妙に気に入って、今も手放さずに持ち続けているものです。
 また「殉死の室」は当時の東京市が版権を持ち、乃木會名義で東京印刷株式会社が印刷したものです。畳の血痕も見て取れるショッキングなショットです。当時の絵はがきは重要なメディアのひとつでもあったので、このような場面も容認されていたのでしょうか。反対面には参観記念スタンプがあり、それによると乃木邸の公開は殉死翌年の大正2年4月13日となっています。

Nogi03

|

« トム・オブ・フィンランドって何? | Main | 大阪万博44年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 乃木希典大将殉死:

« トム・オブ・フィンランドって何? | Main | 大阪万博44年 »