« 乃木希典大将殉死 | Main | 明仁・美智子皇太子夫妻訪印記念カバー »

September 13, 2014

大阪万博44年

2014091301

 今から44年前の1970年(昭45)年9月13日、6,421万8,770人もの入場者を記録した大阪万博が閉幕しました。それにちなんでHYPER Philatelistらしい郵趣アイテムをご紹介することにします。
 上図は、長年探し続けて3年前にようやく入手したオマーン切手貼り実逓書留便です。問題はこれらの切手はカタログには載っていない点です。ずいぶん昔にこちらで記しましたインチキ切手のSTATE OF OMAN表示切手です。どこぞの部族の首長さんに取り入ったものか、ヨルダンのエージェントが発行したラベル切手というのが正体です。本便にはエージェントが勝手にあつらえたらしいOMAN POST表示の1970年6月25日の消印が押されています。裏面にはアンマンの書留印があることから、そのままオマーン当国の郵便局で差し出すのは憚られたようで、エージェントがいたヨルダンから国際郵便のルートに乗せて発送されたのではないかと推測しています。
 アンマン(ヨルダン)ルート以外でよく目にするのは隣国シリアのダマスカス局に持ち込んだルートです。しかし、シリアの郵政当局もさすがに怪しいと感づいたようで、1972年6月9日付を最後に引受を停止し、以後STATE OF OMAN切手貼り実逓カバーは途絶えます。
 よく観察しますと切手自体もだいぶ怪しいですね。「日本万博」の漢字が「日本万十専」になっているのがおわかりでしょうか?。また、宛先がTAIAI・・・となってますが、これは泰平スタンプ&コインさんのTAIHEIを打ち間違えたものでしょう。これもお座興・余録ということで。

 さらにオマケをもう一点。かつてパケットにもたくさん入っていた切手ですから見覚えのある方も多いことと思います。カタールが発行した大阪万博記念切手の一種で、愛知県の豊浜鯛祭りを描いています。ユニークな造形で知られる鯛のハリボテが印象的ですね。ですが、よーーーーっく見てください。本来TOYOHAMA(とよはま)であるべきところをTOYAHAMA(とやはま)とスペリングミスしています。今までどなたも気付いておられなかったのではないでしょうか。

2014091302

|

« 乃木希典大将殉死 | Main | 明仁・美智子皇太子夫妻訪印記念カバー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大阪万博44年:

« 乃木希典大将殉死 | Main | 明仁・美智子皇太子夫妻訪印記念カバー »